• 良寛の詩 即事

     良寛の即事という詩を紹介します。   即事  対君々不語     君に対すれども君語らず  不語心悠哉     語らずして心は悠なる哉  帙散牀頭書     帙は散ず 牀頭の書  雨灑簾前梅     雨は灑(そそ)ぐ 簾前の梅  君と向かいあっていても君はもの言わぬ  もの言わぬままにほのぼのとした君の心よ  帙(ちつ)の散らかったままな枕べの書物  雨に打たれている簾(すだれ)のそとの梅の花

  • 良寛像を断捨離。良寛さんは心の中に、永遠(とわ)に。

    断捨離した良寛さんの像(20年前ぐらいに新潟で買いました)。 20年間ぐらい所有してましたがその思想や生き方を心の中に、永遠にしまい込みました。 この背中昔どこかで見たことあります。そうだ、市原ぞうの国のゾウさんの背中です! 8年前の平成19年に断捨離失敗していた良寛像を手放しました。 断捨離成功です! そもそも、良寛さんとか親鸞聖人とか一遍上人とかって 像にさせられることを 本人たちはすごく嫌が

  • 「断捨離」開始 - ミニマリスト(持たない暮らし)目指します

    #断捨離(muragonタグ) 平成19年(2007年)6月、田中正造記念館にて にほんブログ村や muragonのブログを見て、 前からやろうやろうと思っていたんですが、 最近いよいよ少しづつで、自己流ですが 「断捨離(だんしゃり)」を始めています。 会社や自宅の部屋を整理整頓して、 要らないモノを売ったり、捨てたりしています。 田中正造が亡くなったとき、 枕辺に残された遺品は菅笠と合切袋(信玄