• 未来旅行 艶麺堪能

    私は先に1人で座ったカウンターで食べ始めた・・・・ざるうどんを啜りツルツルツル〜‼︎      T「う〜んん・・・‼︎」 ・・・やっぱりホンモノだ〜‼︎間違いない!変わらぬ極上の喉越しだ~‼ すぐに二人も少し離れた相席の四人テーブルに通されていた! ・・・私はカウンターに座っていたので背中越しに見る二人であったが、たまに軽く振り返り様子を伺った。 しばらくすると二人のテーブルにも3品が運ばれている