• ぶれないようにするためのメモ~中学受験

    息子が中学受験をしていたとき、ものの本や受験ブログを読むと、 「なるほどなあ。そういう考え方もあるか。」 「凄い。こういう手法があるんだ。」 「この考え方、共感するなあ。」 といったことがしょっちゅうありました。 かといって、親がぶれまくっては子供に迷惑をかけるので、時折メモにして整理していました。 ブログはどうしても他人様に読んでもらうことが前提の書き物なので、自ずと上のメモとは性格も内容も異な

  • 少し先を見て、今を見つめなおす~中学受験

    今の状況に手詰まり感があったり、漠然とした不安感がある時は、少し先のことを見つめてみるのも一つの方法だと思います。 子供さんが小5、小6と受験に近づいてくると、親御さんも目先のことに一喜一憂するようになります、心も体も固くなりがちです。 そんなときは、一度先々のことを考えて見てはどうでしょうか。 その先々の一つが、大学受験です。 ブログ村では様々な大学受験のあり方について、受験生やその親御さんのブ

  • テスト結果への一喜一憂は控え目に~中学受験

    塾のテストや公開模試に一喜一憂される親御さんが多いようです。 当然のことでしょうね。 ボクの場合、クラスの上下が一つ位だとさしたる感想も持ちませんでしたが、二つの上下については心動いてしまいましたね。 しかし、よく考えてみたら、小6の6月頃からは、上がったり下がったりで、結局平均すると上がりも下がりもしていないのです。 要するに、塾内の相対評価はさして変わっていないと言うことですね。 さすがに新6

  • 子供のため&自立しなければ の類似性

    中学受験生を抱える親御さんが、 「あなたのために言ってるのよ。」 「嫌なら受験はやめてしまいなさい。」 といったフレーズを子供に投げかけられることが多いようです。 他方、大学受験の場合は、 「受験はあなたの問題なんだから、あなたが望むなら頑張りなさい。」 「親は何もできないんだから。」 といった、自立を促すはっぱのかけ方があるようです。 この2つ、全く異なる親の対応のようですが、共通点があると思い

  • 子供が勉強しているとき親はどうしている?

    これは、中学受験と大学受験では大いに違いましたね。 息子が小学生のときは、卓球台のような広めのダイニングテーブルで勉強していました。 その間親はテレビを見ることはありません。 ボクは、本を読んだり、息子に勉強を教えたりしていました。 大学受験では、息子は自分の部屋で勉強していたので、ボクたちは二人でお酒を飲んだり、話したり、テレビを見て大笑いと、好きに過ごしていました。 だからですかね。 親として

  • 学習計画への親の関わり

    息子が小学生のときは、ボクが学習計画を立ててやっていました。 特に受験まで残すところ1年となった頃からは、細かくスケジューリングしていましたね。 塾の授業・テスト、模擬試験。 学校訪問。 家庭学習、特に過去問解きのスケジュール。 小4ぐらいから、割りときっちり作成していたので、形式的にも内容的にも徐々に完成度が高いものが作成できるようになりました。 中学生のときは、息子と二人で相談して、その結果を