• 最後の記事アップ~ブログを終了します

    冒頭に息子の近況を少しだけ。 高校卒業直前のこと。 「6年間本当に楽しかった。もうあの楽しさは大学では味わえないと思うよ。」 と言っていた息子でした。 本日の慶應医学部との部活の練習試合のために自宅に戻って来た息子に、 「大学どう?高校みたいには楽しくない?」 と聞いてみました。 「いや、楽しいよ。高校とはまた質が違うかな。」 と、ある意味ボクの予想通りの答えが返って来ました。 入学してからまだ2

  • 未読である息子の受験体験記

    最近、息子が自らの受験を振り返って書いた受験体験記が、ある媒体で出ているらしい。いや、もうすぐ出るのかな。 家内は読みたがっていますが、ボクはそうでもありません。 というのは、体験記を書く際に息子から相談されたため、大体どんなことを書いたのか想像がつくのです。 本来であればボクも目を通した上で、皆さんの参考になる内容があるのなら、差し障りのない範囲でこのブロクで紹介した方がいいのかも知れませんが、

  • 医学部受験の総合的研究

    医学部を目指している受験生、あるいは、その親御さんであればご存知の方が多いでしょう。 旺文社から出版されているかなり部厚書籍です。 同じシリーズに、工学部○○、法学部○○というのがあります。 ボクは、3冊とも読みました。 この頃はまだ息子が進路を決めていなかったため、全シリーズを読んだだけのことです。 医学部ものの章立ては、 「医学部の基礎知識」 「医学部生の大学生活」 「医師たちの日常」 「医学

  • 息子とボクの相性~5月末でブログ終了します

    親子の相性のよさが、大学受験に必要だと考えたことはありませんでしたが、振り返ってみると、それなりに影響したような気がします。 息子は家内と性格がかなり似ています。 芸術系の能力も遺伝したようです。 家内には少々失礼な言い方になりますが、地頭は似ていません。 ボクは家内の性格が大好きですので、その性格に似た息子が好きなのは当然のことかもしれません。 息子のことをナイスガイ!と思うことがちょくちょくあ

  • 親のストレスの素~後編・ブログ終了予定のお知らせ

    前編では、水面下で息子がやる気になるように色々と仕掛けたと書きましたが、今日はその点について。 仕掛けるためには、まず、受験情報を十分に知る必要がありますね。 勉強の中身はわからなくても、相談相手にはなってあげたい。 ときには、こんな問題集出ていたよとか、最近の化学はこの参考書が定番らしいね、とかいったコメントをすることがありました。 そういうとき息子はいたって素直に、「先輩に一度聞いてみるよ。」

  • 親のストレスの素~前編

    土曜日の夜、息子が自宅に帰ってくると家内から聞きました。 比較的近くで部活の試合があるようです。 息子は1年生ですが、レギュラー扱いを受けているらしく、ガンガン試合に出してもらっているようです。 大学に入って痩せました。というか体が以前にもまして引き締まりました。 かなりハードにやっているようです。 ボクは、土曜日はゴルフです。 営業的にはかなり重要なゴルフで、いつもはゴルフのあと、早くても午前3

  • ボクが得意な科目と息子が得意な科目

    ボクは文系です。 従って、英語、国語、地歴は受験生の時は得意でした。 総合は別にして科目ごとに限れば、駿台模試の成績優秀者欄に英語と世界史は載ったことがあります。 ちなみに、世界史は第2選択であり、本命は日本史でした。 理系科目はいつの間にか不得意になっていました。 数学や理科は、得意な人は平気で満点を取ります。 それが信じられない思いでしたね。 そこで息子が小学生時代、ボクも一から勉強して、算数

  • 本当に子供のためならとことんやってあげましょう

    受験blogを拝見していると、親御さんが子供さんのために一生懸命世話を焼いてあげている記事を見ます。 ほのぼのとするものが多く、ボクも心から応援したくなります。 親御さんの子供さんに対するなんとも言えない愛情の表れに、ボク自身も幸せ気分になるときがあります。 子供に対して、親が精一杯何かをやってあげること、それは素晴らしいことだと思います。 親バカだとかバカ親だとかの評価があるかも知れませんが、ボ

  • 中学受験の経験が大学受験にどう活きたか

    「中学受験の経験が大学受験にどう活きたか」と言っても息子の話ではありません。 親の話です。 一言でいうと、息子の中学受験の面倒を全力で見てあげたことで、大学受験については、いい意味での「静観」ができました。 中学受験の時は、ボクがかなり自宅で面倒を見ました。 塾は1年間も通っていません。 また、6年生の後半、塾にいく回数が増える時期には敢えて日数を押さえました。 例えば、週4日行くべきところを3日

  • 「子供のためなんだから」を言い訳にしたくない

    親からの期待や親からの受験圧力が子供にとってプレッシャーやマイナスになることは、十分考えられます。 そうい状況に陥っているにもかかわらず、 「いやいや、子供のことを考えてやっていることなんだから。」 と、明確に開き直り自己を正当化する親御さんは少ないと思います。 ただ、例えば、こんなことはありませんか? いつもよりテレビを長時間見ている受験生の子供に対して、 「そろそろ勉強再開したらどうなの?」

  • 受験料・入学金の支払方法

    受験料は、原則、銀行窓口での振込ですね。 順天堂はネットバンキングが可能でした。 他には、日本大学、近畿大学、福岡大学等も可能ですね。 そもそも、出願自体インターネット化が進んでいます。 広島大学もそうですから、今後国公立もネット化するんでしょうね。 受験シーズンは、窓口も混みますので、早めに支払った方が安心です。 こんなことで親がイライラして、そのイライラが子供に伝染しないようにしたいものです。

  • 親のサポート~中級編

    普段は土曜日も仕事をしているのですが、今日は完全にオフで暇でしたので、記事をアップします。親のサポートとして上級というほどの内容ではありませんが、少々下準備が必要なものですから、「中級編」と名付けてみました。中学受験のときと異なり、流石に大学受験では、ボクが勉強のやり方や中身について口を挟むことは全くありませんでした。ただ、家族の中で話題にしやすいように、息子の高校のテキストや使えそうな受験参考書

  • 親の反省~現役合格への拘りの本当の意味

    センター試験の成績開示がありましたね。各科目とも、息子の自己採点と寸分たがいませんでした。。点数は「今二つ」でしたが、自己採点だけは正確なようです(笑)。これからも自分のことを客観的に捉えられる人間になって欲しいものです。さて本日のテーマに入ります。本日は、息子の受験をサポートする親として最も反省した出来事について書きます。息子は浪人したくない、と常々言っていました。浪人生活の大変さを認識して、現

  • 息子のためにした親の制約

    原稿を書いている途中で間違えてアップしてしまいましたので、一旦取り下げました。早くにご覧いただいた皆さんには失礼しました。本来は明日アップすするつもりでしたが、ランキングの方ではすでに表示が出てしまっているようですので、書き足した上で本日アップします。子供が受験ですと、家族も色々と制約がありますね。まず家族旅行ができません。帰省もできません。田舎のボクの両親はどんなにか、息子に会いたがっていたこと

  • ホテルの予約

    私大医学部受験用に前泊のためのホテルを取ったのは、順天堂だけです。国公立については、前後期複数取りました。センターの翌日に、前後期一つずつに絞りました。後期については、結局、受験しませんでしたが、キャンセルがギリギリにならざるを得ず、同じホテルを予約しようとしていた皆さんには申し訳ないと思いました。さて、ホテルの予約ですが、順天堂については、9月に予約しました。宿泊日の3か月前から予約可というホテ

  • 親が言ってはいけないこと その2

    今日は、ボクが言わないようにしていたことについて。ボクは息子に、勉強に関して頑張れと言ったことはありません。模擬試験の成績が良かった時などは、張ったね、ということはありましたが。結構頑張っている人間にもっと頑張れというのは、ちょっと酷だと思うんです。ただ、運動の大会に出ている時なんかは、大声で「がんばれー!」って応援します。こういうときは頑張れと言っても本人はしらけることがありませんからね。田舎に

  • 風邪ひき禁止

    防衛医大受験の前日、息子は少し風邪気味でした。たいしたことはないと思っていたのですが、後で聞いたところでは、ちょっと影響した、とのことでした。息子は物事を大袈裟に言わない方なので、実際はかなり影響したのかも知れません。実は、この2週間ほど前にボクが風邪をひきなかなかなおらなかったのです。ボクが移した可能性が高いですね。やっちまった!と思いました。それから4か月間、外出時には必ずマスクをしていました

  • 親が言ってはいけないこと その1

    こりゃ本人のやる気削いじゃったよなあ、ということはないですか。ボクは2、3度反省することがありました。国立前期の志望校を決めたのは、高1の時だったと思いますが、これに対しては、なかなかいいとこ見つけてきたねえ、という感想を持ちました。というか、ひそかに「まあ、最初はそれぐらい高望みしてみていいか」と軽く考えていたわけで、まさか最後までぶれることがないとは思いもしませんでした。私大については、11月