• Yorimichi #22:残酷な美味をありがたくいただきます

    これから産まれてくる尊い命。 まだ身体を持たない、これからの命。 それを母親は宿している。 その腹に、黄金の命を宿している。 母親はいずれ子を産み、子もいずれ親となるだろう。 その未来を私は嬉々として奪った。 母親と、これからの命を、同時に焼く。食べる。 本当に美味しかった。 ご馳走さまでした。

  • まさかの減量宣言!

    旦那さんが夕飯の時、ついに 「ご飯少しでいいから」 と言った。 「えッ!!!!!」 「本当に少しでいいから…」 具合でも悪いのか、と思った。 「なんで? まさかダイエット?」 「うん、炭水化物をちょっと少なめにしようかな、と思って」 耳を疑う まさかのコトバ。 「ホントに? ホントにするの?」 やっと性根を入れ替える決心がついたのか、はたまた体形を気にする色気がまだ残っていたのか。 でも炭水化物抜