• 息子・父に会いに行くってよ。

    先日、息子が元夫の住む町に会いに行きました。 正直、母親としては、複雑な心境 でも、もう成人した息子は大人ですから それも良し!そう感じています。 夫婦は他人であっても 子どもにとっては切っても切ることができない 親子関係は永遠に続くのです。 新たな環境の中、職場にも多くの母子家庭の方がいました。 その中の環境は恵まれていて 同じ気持ちで共感を持てたし、そんな環境であることは とても心強かったこと

  • 母親に対する親孝行

    先日夕方、家内からメールがあり、 「○○のアパートに来ています。○○が早く帰ってきたので、お惣菜を買って、一緒に食べます。帰りが遅くなります。」 というメッセージでした。 この日は息子とすれ違いだったはずなのに、会えてよかったよね。 スタミナのつくものでも食べさせてあげて欲しかったのですが、何せ家内は節約家ですので、多くは期待できません。苦笑 「こちらはなんとでもするので、ゆっくりしておいで。」

  • 親子の関係

    数時間前に、いきなり石垣島行きが決まりました。 今日の午後立って、明日昼過ぎには東京に戻ります。 石垣島、結構暖かいようです。 さて、本日の、テーマについて。 私の息子が私に感謝しているかどうかはよくわかりません。 勿論、そんなことを本人に聞いたこともありませんし、仄聞したこともありません。 何気に感じているのは、息子が私のことを頼りにしてくれているということです。 私は、毎週1回実家に電話して、

  • 父子の比較と期待度

    仕事からの帰宅途中に私の実家の両親に電話してみました。 両親は私の息子の様子を聞きたがって仕方がありません。 よほど孫のことがかわいいのでしょうが、思い当たる節もあります。 と言うのは。 私は、高校生以降、母方の祖母に会うのは何年かに一度でしたし、電話で話をするのも正月ぐらいでした。 それに比べて我が息子は。 年に2、3度は会っていますし、おそらく少なくとも月に1度は息子が私の両親に電話をしてあげ