• 設問研究④

    今回は設問の種類や設問の形式からは少しはなれた話になると思うのですが、読解問題について考えたいと思います。 読解問題とは一般的に言うと文章の内容を聞いている問題だと思うのですが、私が考える読解問題は文章の大切なところを聞いている問題のことです。 例えば、説明文では話題や説明の仕方、結論を尋ねる問題や、物語文で大切なできごとや、心情、あるいは主題を尋ねる問題が読解問題だと言えます。「読解力養成」で書

  • 設問研究③

    今回は選択問題について考えたいと思います。記述問題やぬき出し問題に比べて選ぶだけだし、カンでも解答できるのでやり易く感じる問題ですね。しかし、苦手な人もいると思いますので順を追ってやり方を考えていきましょう。 やり方は大まかに分けて2通りあります。 1つは選択肢の中から正解を選ぶ方法です(私は「一発選択法」と言っています)。 もう1つは選択肢の中から違うものを消していき正解を残す方法です(消去法)

  • 設問研究②

     前回の言い換え問題はあらゆるジャンルの文章に見られますが、今回は物語系文章によく見られる因果関係の問題について考えてみたいと思います。 因果関係とは原因と結果の関係ですね。因果関係の問題では、結果に対しての原因を考え答えさせます。ですから、厳密に言うと単なる理由説明の問題とは少し異なるように思います。 例えば、こんな小学生の作文があったとしましょう。 「ぼくは休日に家で一人で本を読んでいました。

  • 設問研究①

    前回までは読解力についてのお話でしたが、今回からは設問の種類についてお話したいと思います。設問の種類を意識することで、適切な解答を作りやすいと思います。 今回は「言い換え問題」です。 言い換え問題は3種類あります。 ①抽象➡具体‥‥具体化(くわしくはっきり言い換える) ②具体➡抽象‥‥抽象化(おおざっぱにまとめて言い換える) ③抽象➡抽象‥‥同じ抽象レベルの言い換え 例えば、以下のような小学生の作