• 親戚回り

    今日は母親の実家へ御線香をあげに行く。 母親の実家は、山奥で車の免許がない母親は、すぐに行ける場所ではない。 母親の実家に行く途中にある、叔母の家に寄り、叔母も連れて3人で行って来た。 途中、一昨年亡くなった母親の一番上の姉である叔母のところに御線香をあげに行ったのだけれど、家族不在のため、実家へ。 母親の実家は叔父が介護施設に入っているため、今は叔父の奥さんである伯母が一人で暮らしている。 広い

  • 3月5日の父

    今日お昼頃、病院から電話がかかってきた。 恐る恐る電話にでた。 死んだか?それとも何かあったのか? 病院から電話って、正直そう思えて仕方がない。 気をしっかり引き締めて、ちゃんと聞けよ!と言い聞かせて話を聴いていった。 すると、内容はこうだ! 「お父さんが、ちょっと病院へ来てほしいと娘さんに電話をしてくれと言われて電話させてもらいました。」とー。 「何かありましたか?」と聞くと 「別に急用がある訳

  • 俳句効果

    旅行の楽しい思い出もその時だけの一瞬だった でも、能の何処かにはその記憶が残ってるはずと信じて 何かの瞬間にいい思い出として引き出されるかもしれない 機嫌が悪いと行きたくないなあと思いつつ この前は俳句の本を置いてきた そしてびっくり ママ、俳句作ったわ見てみて へえ、どんなの? といって見せてくれたのが 蝉の声 右往左往と 鳴き散らす いいじゃない‼ なんだか可愛い句だなっと思った 右往左往とい