• 本当の偉人は「すぐ側」にいる

    「あの日の弁当の材料が、何もなかったから芋のつるを入れたのよ。」 女学校時代を語るあなたは、背中が曲がり歩くことすらままならない。 おまけに生きる意欲を失い、誰が声をかけても病床のベットから起きようとしなかった。 「小説は好きだったの。〇〇さんとか」 あなたは次々と、私の知らない名前を悠然と語る。 理不尽な時代の波に呑まれ、 問屋の令嬢は農家に嫁ぎ、 雨に打たれ、風にさらされ、 姑に奴隷のように扱

  • 好きな作家さんや趣向の事

    7~8年前は、小説だったら小川いらさんが好きでした。 別名の水原とほるさんの方も読んでましたが小川さん名の方が好きでした。 漫画はcj michalskiさんが好きでしたね。 今は、小説は花川戸 菖蒲 さん、杏野朝水さんが好き。 漫画は、大和名瀬さん、藤本ハルキさん、新也美樹さん。 他の作家さんも勿論読みますが、特に好き!な作家さんは上記5名ですね。 花川戸 菖蒲 さんでビクドール&天使シリーズで