• 怒る

    久しぶりの読書です。 本屋に行くと今の自分の心が見えて来ます。

  • お久しぶりです。

    載せるものないけど並ぶと汚いので(今更)。 今焼きました。今から食べます。だって晩御飯まだだもの。そうですデブ活です。 でも多分残します。 学力テストが終わりました。 ええ、終わりましたとも。 でもいいです、これから読書に明け暮れます。 そこでですね、本を探してるわけですね。 まず金色夜叉は読むって決めました。尾崎さんでしたっけ。 昼ドラあんまり見ない奴ですけどね。父さんも読んだことないって言って

  • <和牛とWAGYU>

      <日本企業は次に何を学ぶべきか>から抜粋・・<和牛~WAGYU>  近年拡大している海外での日本食ブームの流れの中で、WAGYU を、海外の市場やレストランで目にすることがとても増えている。 オーストラリアやマレーシア・タイ・しんがぽーるを訪れた際にも大抵の日本食レストランやマーケットにてWAGYUを、頻繁に目にした。 しかし驚くべきことに、こうして目にしてきたWAGYUUの多くは、日本産では

  • 自分と仲良くなる練習

    「本気で変わりたい人の行動イノベーション」という本を読んで実践しています。 いわゆる自己啓発本です。いろいろ読んだけれどこの本も最初はぜんぜん評価していませんでした。当たり前のことが書かれていて、「ふーん、それで」という感じでした。 ほかにもたくさん自己啓発本を読みました。なかなか仕事が進まなかったりやろうと思うことができなかったりやる気が出なかったり仕事がいやになったりしていたので、なんとか解決

  • 語学教育(日本語や英語)に思うこと

    私は、中学3年(NHKラジオ講座含む)+高校3年+予備校+大学教養部2年 英語を学びました。不毛の時間と金銭の浪費でした。成果なしです。 その後、 仕事で出張、夕食時、お互い第二外国語である英語で会話。話ができないと基礎能力を疑われ、人間性まで問われた時、死に物狂いで話しました。 香港で、生産が始まったとき。 ちょっと目を離していたら、英語を習っていない技術者が、専門仕様書で会話が成り立っているの

  • 神様の本:その2

    いつも行くスーパーの2階に書籍コーナーがあるんです。 すごく狭くてたいして数も置いてないんですが、 いつものようにフラフラしてたら出会ってしまいました。 八木龍平著「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」 題名からして、人目を引きつけます。 パラパラと目次を見ると、興味深い見出しがたくさん! 夫と神社に参拝する機会が何度もあった私としては、 これは読んどくべきでしょ!?ってことで即買いでした。

  • <成功の思い出と経験は・・>

    書籍名~  日本企業は次に何を学ぶべきか 著者~    鷲田 祐一 ・・ 一橋大学大学院商学研究科教授 + 一橋大学商学部グローバルマーケティング研究室  発行所~  同文館出版  読後感~ 難しい内容で理解しにくい部分がありました。  裏表紙から・・ <成功の思い出と経験 験>は異なるもの… いま、日本企業は、新興国やグローバル企業から創意工夫やアイデアを吸収し自らを改革させるとき・ ● 

  • <給食は必要です>

    書籍名~  給食費未納・・子どもの貧困と食生活格差  著者~  鳫 咲子 (がん さきこ)さん~ 跡見学園女子大学マネジメント学部准教授( 発行所~  光文社新書  <給食費未納はモラルの崩壊か?――背後に隠れた子どもの貧困とは>  憲法26条には義務教育は無償であると書いてありますが、実際には相当な保護者負担があります。  学校関係で必要な費用は、小学生で年間約10万円に対して、中学生は約17万

  • <オートミールはダイエット食>

    書籍名~  作家の口福 おかわり 著者~    朝井リョウ ~ 上橋菜穂子~ 沖方 丁 ほか 発行所~  朝日新聞出版(朝日文庫) 読み終わった感想は・・作家さんそれぞれのルーツを見せてもらって面白かったです 。 エッセイなので<食>をテーマにした作品が大半です。  浅井さんの作品から・・ ● オートミール・少年の夢と現実 オートミールってなんだろう。  子どものころ、外国の絵本を読みながらそんな

  • <東京は田舎ではない>

    書籍名~  一人暮らしのための東京あるある大事典  発行所~  秀和システム 50年以上前には<集団就職等>で地方から東京に出てくる若者が沢山いた・通称(お上りさん)  当時は教科書もないので慣れるのに苦労した人が多い。 この本では、丁寧に分かりやすく解説されている。  長年東京に住んでいる者でも、初めて気がついたことも多い。 いざ東京に出てくると、想像していたのと違っていたなんていうことがたくさ

  • 失楽園の武者―小説・大内義隆読了。

    古川 薫著『失楽園の武者―小説・大内義隆 』を読了した。 以下、ネタバレを含めつつ感想みたいなものを綴りたい。 さぼってたわけじゃないんですが、どんだけぶりの更新ですかね。 本は読んでいたんですが、資料系のものが多かったので感想を綴るようなものじゃなかったりだったんですよ。 で、久々に感想を綴ることになったのが本作。 大内氏といえば西国の雄なんですが、ぶっちゃけ私もよく知らないんですよね。 平安鎌

  • <管理職は大変だ>

    書籍名~ <女性管理職の教科書>・・仕事にも人生にも自信がもてる 著者~   小川由佳さん・・FAITH(フェイス)代表~各種研修プログラム開発および研修講師  発行所~  同文舘出版  小川さんは、初めて管理職になったとき、わからないことだらけで、とても悩みました。  * そもそも管理職って何をすればいい?  * 私に管理職なんてムリ・・と思っていません?  小生は、先日投稿しtた秀島社長から、

  • 神様の本

    お正月に実家に一泊したとき、妹との会話のなかで 神社にお参りに行く、という話が出ました。 再婚するまでは、初詣に行くか行かないか、程度の 信仰心のなさだった私。 でも今の夫と再婚してから、お正月以外にも神社に 参拝することが何度かありました。 なぜかというとね。 夫の病気は複雑で難しくて、ちゃんと専門の先生に 診察していただいてるし、薬も真面目に飲んでる。 でももう20年も苦しんでる。。。 もうあ

  • 診察日(精神科)消化器内科(予約外)

    昨日はレボトミン65mgを飲んで睡眠時間を伸ばそうとしたら、トータル睡眠時間は16時間半。 割合にすると一日のうち約6.9割を寝ていた事になります。 不眠が2日続いたので、過眠になったのですが、鬱の不眠で眠たくても寝られないと集中力が無く漢検の勉強もおさらいをしたら、前回出来た所を間違えると云う… 益々落ち込む要素、有りありです。 昨日は過眠のせいで、ご飯の支度とお風呂がやっとでした。 お風呂は面

  • <旅から学ぶ>

    書籍名~  人生で大切なことは、すべて旅が教えてくれた 著者~    有川 真由美 さん~異色の人気女性エッセイイスト 発行所~  幻冬舎  有川さんは・・訪れた国の数、40か国~経験した仕事の数、50種以上・・ 無謀と思われるような行動・体験談を読んでいると・・随分度胸のある女性だな・危険な事態もあったでしょうが・ 最近もフランスで留学生が・・ニュースなど聴くと不安で心配です・・ 最初のページか

  • 立春!\(^O^)/イベント盛り沢山。

    今日は立春ですね。いよいよ春!ワーイ、ワーイ╰(*´︶`*)╯ 昨日の節分はワンダム、関西には2年弱しか住んだ事が無くて恵方巻きなる物には縁が有りません。 なので、昨日は恵方巻きの事なんてスッカリ忘れて、他の方々のブログで気付きました。 セブンイレブン等では予約注文を受付していますが。 豆撒きも私がお豆が好きで無い事もあるし、子供たちが大人になっているので、豆撒きはしません。 …って言うか、節分自

  • これ、お勧めです

    内容については詳しくは書けませんが、これお勧めです! ちょっと古い本ですが、書店でたまたま目に留まってパラパラめくってみたらハマってしまいました。 新品で1,512円ほどしましたが、Amazonなら中古も売ってましたね・・・。 人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法 文響社 本

  • 漢検2級と読書

    1月は行くと言いますが、早いもので今日で1月も終わりですね。 寒いのが嫌いなワンダムとしては逃げろ2月!って気分です。 昨日はまだ軽躁なのか、病院から帰っても余り疲れていなくて、二度寝もしませんでした。 時間がたっぷり有ったので、漢検の勉強をする事にしました。 然し、目が疲れているのと、寝不足で頭はハッキリしていませんでした。(完璧な状態では無かったと言う言い訳です。) ステップ13と14をやって

  • 『組織を動かすコミュニケーション能力』

    組織運営のための本。 勉強になった。 そこまで専門的でもなく、かといえって、易しすぎて意味がないほどではなく。 程よいレベルの組織運営論だった。 うまく組織を運営していきたいな。 今後も色々読書していきます。

  • 今日は誕生日

    本日はワンダムの誕生日です。 ワンダムは4〇歳になります。 公表しているので、ご存知の方も多いと思いますが、今更ですが言わぬが花とも言いますので、アラフィフとだけ申しておきます。 昨日は結局、一睡も出来ずに美容院に行く前30分程仮眠を取っただけでした。 また、躁転したのかも知れません。寝られなかったので、この前届いた友達にもお手紙の返事を書き、合計3通書きました。 朝の9時に家を出て帰宅したのが1

1 2 3 4 5 ... 14