• 気難しい女性との上手な接し方 遥洋子著

    気難しい女性との上手な接し方 仕事がスムーズにいく24のルール 朝日新聞出版 本 はじめにより 企業から「女性社員との接し方」について講演依頼を 頂くことがある。 それを聞く男性管理職たちの表情は真剣だ。 またビジネス誌主催で、都内で「女性社員」をテーマに シンポジウムがあり、私はそれに招かれた。 会場の男性が手を挙げて言った。 「女性社員が企業利益を生むと『保証』できるか」 この質問に、男性管理

  • コネ持ち父さんコネなし父さん 川下和彦著

    コネ持ち父さん コネなし父さん 仕事で成果を出す人間関係の築き方 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2016-02-11 本 読んでいてなんか全然頭に入ってこないというか、 ピンとこなかったので超斜め読み。 そりゃそうだ、引きこもり主婦に何を今さら「コネ」が必要と 言うのかね?? ただ振り返るとどっちでもいい人と100人知り合いになるよりは その人の為に何でもできる!!と言う人が数人いればそれでよ

  • 一瞬で「本音」を聞き出す技術 井上公造著

    一瞬で「本音」を聞き出す技術 ダイヤモンド社 本 p130 「怒り」の場は本音を聞けるいい機会でもある は確かに言いえて妙だと思う。 だって、私自身正月にブログで「やっちまった事件」も 一回目は映画の感想をうやむやに書いたものの、 コメントを貰ったがゆえに言いようのない「怒り」の 感情が湧きだし結局怒りに任せて「本音の感想」を アップしましたから。 ただ、本書に書かれていることは芸能リポーターと

  • なぜあの人は言いたいことを言っても好かれるのか? 和田秀樹著

    なぜあの人は言いたいことを言っても好かれるのか? KADOKAWA 2016-03-26 本 一月四日から八日までの私のブログで起こったこと=「やっちまった事件」と 命名 の当事者の一人でもあるのでちょっと反省を込めて読んでみた。 プロローグ あなたは好かれる人?嫌われる人? 第一章   「嫌われる人」のパターンを知ろう 第二章   好かれる人は「かもしれない思考」 第三章   好感をもたれる「正

  • 一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?

    一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すイメージ戦略~ クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 本 ビジネス本。 平たく言えば「ビジネスマンの見た目の教科書」。 密林のレビューで星が低い人は「どこにでもある内容」と けなしていますが、それは「ただ読んだだけ」であって 書かれたことを実践出来ていますか? 自分の歩き方、立ち居振る舞いがここに書かれているように

  • なぜこの人と話をすると楽になるのか 吉田尚記著

    なぜ、この人と話をすると楽になるのか 太田出版 2015-01-31 Kindle本 ニコニコ生放送で話した内容を構成したので、 基本「話し言葉」で書かれているのでその点は 非常に読みにくい。 また、題名もどちらかと言えば 「コミュ症なのになぜかアナウンサーになってしまい、 それをいかに克服したか。 また、その経験を元にした克服マニュアル」 と言ってもいい。 読んでいて自分も「コミュ症なのか?」と

  • はじめての男の婚活マニュアル

    はじめての男の婚活マニュアル 秀和システム 本 非常に面白い!! 本来の使い方の「婚活」にはもちろんのこと、 女性相手の営業職の(そして、成績がイマイチな)男性 =商品が売れる売れない以前に話すら聞いてもらえないレベル、 更に女子社員にイマイチ受けが悪いなあ…と密かに感じてる男性は 一読を勧める。 要は男同士ならOk!と思いがちな本当に些細な事でも、 女の目線&考えでは「それはNG!」「って言うか

  • 老後に破産する人、しない人 中村宏著

    老後に破産する人、しない人 KADOKAWA/中経出版 本 破産しそうだな…と思った人はすでに何らかの手は打っていると思うので (というか、保険の見直しとかはやった) 「おさらい」ですかね?

  • 一生お金に困らない人の運の習慣 松永修岳著

    一生お金に困らない人の運の習慣 中経出版 本 1、迎運 アドレナリン 行動力 2、招運 ドーパミン  イメージ脳、チャレンジ脳 3、育運 セロトニン  共感脳、人脈力 4、開運 アセチルコリン 認知機能、ひらめき 5、幸運 エンドルフィン 幸福脳 6、強運 ノルアドレナリン 仕事脳 いきなり「運」を管理し、「運を高めていく」方法として 脳科学と密接な関係がある、とのこと。 本書の目的は 「運を管理

  • 美肌図鑑 かずのすけ著

    オトナ女子のための美肌図鑑 (美人開花シリーズ) ワニブックス 本 さて、新年一発目の紹介はこちら!! かなり、鋭い切れ味の一冊から新年を飾ります。 (単に、自分の後に予約者が数名いるので、急いで読んで返却しなければ ならないという理由があるとも言う) 著者の方は「かずのすけ ブログ」で検索していただくと トップに挙がってくるお人。 男性陣には「え~化粧品…かんけ~ね~」って思われるかもしれません

  • ほんとうの味方のつくりかた 松浦弥太郎著

    ほんとうの味方のつくりかた (単行本) 筑摩書房 本 これって自己啓発本なのかなあ… かなり「優しい」語り口なので読みはじめは正直「苦労」」した。笑 仕事に対してとかその他もろもろ「丁寧に生きる」って感じで。 丁寧、と言えばこの方「暮しの手帖」の編集長さんなのだとか。 妙に納得!! 内側の味方(あくまでも松浦さん基準) 1、健康 2、みだしなみ 3、マナー 4、時間 5、お金 6、ライフスタイル・

  • 50代からのおしゃれバイブル 西山栄子著

    今までの服が似合わないと思ったら…… 50代からのおしゃれバイブル 講談社 本 正直、この人の好みと合わないなと思った一冊。 書かれている内容は今まで読んでいる本と変わりなく。 掲載されているコーディネイトというかご本人の私物がどうも… ある意味「時代とずれている」を実感できる見本。 ところで先日のアウトレットでも自分の服は買わず (夫が好きなリーガルの靴は買った)、 定番のユニ黒も今季まだ店にも

  • インチキ霊能者とホンモノ霊能者の見分け方 秋山眞人著

    インチキ霊能者とホンモノ霊能者の見分け方 成甲書房 本 この方の事はTVで見たことも会ったことも無いので、 文章だけではどういった人物なのか全く判断できません。 一応ご自身では「霊能力」をお持ちのような書き方をされています。 さて、霊能者かどうかそれ以前に「信用できる人」かどうかの 判断位素人でもできますよね? 目の動きと声のトーンそして全体の雰囲気。 たまに甲高い声の人に遭遇すると「あ、この人キ

  • 幸せを一気に引き寄せる 直感の磨き方使い方 上地一美著

    幸せを一気に引き寄せる 直感のみがき方・使い方 学研パブリッシング 本 宮古島にお住いの霊能力者さんだとか。 テレビにも出演なさっているそうですが、テレビを見ないのでどんな人なのか 全くイメージできず。(先入観が無いので文章だけで判断できるので助かる) 自分は「勘」がいい方なので、さてどうしたもんか…と借りてみた。 実際、本を選ぶときもなんとなく本の方から「私orオイラをを読めよ!」と言う お誘い

  • 「有名人になる」ということ 勝間和代著

    「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書) ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-04-28 本 先日自分の写真をアップする…と言うことを試みた時に 「自分が書いた文章についてよりも、 顔面偏差値についてあれこれ言われる方がいやだな」 と思ったので、ちょっと借りてみた。 自分のブログは「読書感想」の形を取っているけど内容は結局 「エッセイ」と変わらない。 私の書いた内容を読んだ人が「

  • アラフィフ婚活 石神賢介著

    アラフィフ婚活 飛鳥新社 本 「婚活、婚活」とどこか「女性の専売特許」的なニュアンスが 付きまとう「婚活」に対して「男性目線」で書かれたものを 読んでみたいと思って借りた本。 30代で一度結婚したもののバツイチの筆者。 気が付けば50代に… 婚活パーティに参加したり結婚相談所に登録したり。 とまあ、自身の「結婚したい願望」と取材=仕事と 公私混合で出来上がった一冊。笑 登録先によって登録者の性格が

  • 日本のお金持ち妻研究

    日本のお金持ち妻研究 東洋経済新報社 本 『専業主婦になりたい女たち』の中で年収800万クラスが いわゆるイメージしやすい購買意欲やお付き合いに熱を上げている 「プチセレブ」的なニュアンスでしたが、こちらは「桁違い」のお金持ち。 世帯年収3000万~2億以上の方々からのアンケートを元に 「お金持ちの妻とは?」と言う実態調査。 ところでお金持ちの実態予測として 1、容姿端麗でお金持ちに見初められた「

  • 結婚の嘘  柴門ふみ著

    結婚の嘘 中央公論新社 本 見返しにこんな言葉が 結婚生活とはいわば冷蔵庫のようなものである。 冷蔵庫に入っている限られた素材で、 いかに美味しいご馳走を作り出すか、それに似ている。 決して、他人の冷蔵庫を羨ましがらないことだ。 この言葉は著者が31歳の時に出版した本に書いたもの。 夫と言う人物は、冷蔵庫に残された食品材料であります。 つまり、こちらの腕次第で、おいしくも不味くもなるのです。 (中

  • 教室の隅にいた女が、モテキでたぎっちゃう話。秋吉ユイ著

    教室の隅にいた女が、モテキでたぎっちゃう話。 (幻冬舎文庫) 幻冬舎 2014-02-06 本 この話、小説or少女マンガであればこれぐらいの「盛り」方でも 我慢できますが裏表紙の「全てが実話の爆笑純愛ラブコメディ」の 文字をめにした途端、ドン引き。 この主人公のどこに魅力を感じろというのかね? むしろ一巻目で「頭悪い」とぼろくそ「不良」扱いの 彼氏の方が断然「まとも」な人間にしか思えず。 モテな

  • 教室の隅にいる女が、不良と恋愛しちゃった話。秋吉ユイ著

    教室の隅にいる女が、不良と恋愛しちゃった話。 (幻冬舎文庫) 幻冬舎 2013-04-10 本 一体いつの時代設定なんだろう??という 疑問が頭の隅に残った女が、一気読みしちゃった本。 校門前に不良がたむろってターゲットを待ち伏せたり、 メールよりも電話の方が良く出てきた気がしたし。 40代ぐらいの人が書いたのか??

1 2 3 4 5 ... 49