• 読解力養成(物語文)⑥

    今回は、「文章の読み方」というよりは、物語文に出てくる様々な細部表現や暗示という特殊な技法について考えてみたいと思います。意外と分かっていない子供たちが多いように感じるので書くことにしました。 まず、よく使われる「 」かぎかっこからです。一般的には会話文や引用を表しますが、強調の意味もありますね。私も、このブログを書く際に多用しています(笑)また、皮肉の場合もあります。 例えば、夏真っ盛りでとても

  • 読解力養成(物語文)⑤

    今回は、物語の背景についてお話したいと思います。 背景とは、 物語の背後にある事情のことです。この背景も、物語文を読解をする上で大切な要素なんです。 例えば、こんな場面があったとしましょう。A君が誕生日に家に帰って来ると、真っ白なご飯が盛られた茶碗が置いてありました。さて、この時のA君はどんな気持ちでしょうか? おそらく、気が強い性格の子は、自分の誕生日なのにご飯しかないのかと思い「腹だたしく」思

  • 読解力養成(物語文)④

    今回も前回に続き心情把握の話をしたいと思います。前回が心情把握の基本なので、今回は心情把握の応用としておきましょう。 前回は前のできごとと後の行動の因果関係を基本に考えるという話でした。その際、心情語、心情を表す行動・様子、情景を参考にするのだと書きましたね。この情景というのは間接表現なので、直接表現の心情語、心情を表す行動・様子に比べて分かりにくいのです。ですから、少し掘り下げて考えたいと思いま

  • 読解力養成(物語文)③

    今回は心情把握の基本について書いていきたいと思います。 一般的に心情を把握するには、直接表現の心情語(うれしい、悲しい、もどかしい等)を探したり、心情をを表す行動(スキップする、うなだれる等)から考えたり、同じく心情を表す様子(顔を真っ赤にする、にっこり笑う等)から考えたり、あるいは、情景などの間接表現の意味を考えたりします。 しかし、心情把握の基本はやはり論理的思考だと考えます。物語文では、【「

  • 読解力養成(物語文)②

    前回は場面ごとのできごとをつかむ話でした。今回は回想場面の話から始めたいと思います。回想場面とは、登場人物が記憶している過去の場面のことです。この回想場面が、物語の途中に挿入されることがよくあります。 さて、物語文は、基本的に読み始めると前から後に行くにしたがって、時間が流れていくようになっています。そして、場面ごとのできごとには多くの場合、因果関係が見られます。因果関係とは原因と結果の関係ですね

  • 読解力養成(物語文)①

    今回からは物語文の読み方についてお話していきたいと思います。物語文の読み方の基本は、場面ごとのできごとをつかみながら読むことです。 場面とは、ひとかたまりのの時間や場所のことです。ですから、朝の話が夜に変わったり、教室での話が校庭に変わったりすると場面が変わったと言います。つまり、時間や場所が変わると、場面が変わることになるのですね。また、登場人物が増えたり減ったりする場合にも場面が変わります。