• 息子・父に会いに行くってよ。

    先日、息子が元夫の住む町に会いに行きました。 正直、母親としては、複雑な心境 でも、もう成人した息子は大人ですから それも良し!そう感じています。 夫婦は他人であっても 子どもにとっては切っても切ることができない 親子関係は永遠に続くのです。 新たな環境の中、職場にも多くの母子家庭の方がいました。 その中の環境は恵まれていて 同じ気持ちで共感を持てたし、そんな環境であることは とても心強かったこと

  • 野蛮に至る病

    戦争は悲惨だ そんなことはわかっている つもりでいる 明日死ぬかもしれない どんな気持ちだろう その時倫理を保てるだろうか? ありえないことが ありえるにかわる 人間の野蛮な力を封じる権力が それを開放してしまう 国が自らの機能を放棄した ある種 死に体 の状態が戦争だ 争いを避ける工夫を施すものが 争いを始めると 誰が争いを止めればよいのだろう 負のスパイラルが始まる お家騒動も 争いを鎮めるべ

  • 調停。2回目

    ちょっとバタバタしてて更新が遅れました。 12月末に2回目の調停がありました。 ●調停前に面会 ●婚姻費用の拒否 ●児童手当の受取人を変えたことに立腹 ●私と子供の住所変更をしたことに立腹 ●今後どのように生活していくのか文書にしなさい 大雑把にまとめるとこの5項目でした。 面会は裁判所の一室を借りたのですがなにせ一歳児。自分の興味のある場所に行く自由な子。制止されようものなら嫌がる。 息子の為の

  • 調停。

    先日1回目の調停が終わりました。 旦那の申し立て内容は 1、離婚。 2、親権。 の2つでした。 1に関してはほっとした。ようやく開放される💦 2に関しては言ってくると予想してのでたいして驚きはなかった。それよりも主張内容が薄すぎて本心がわからない。 私の生活の基盤がなっていない 家を勝手に飛び出した私の元で育てたら子供の性格に悪影響 だから自分が育てる。 子供の意志と、ネグレクトで無い限り滅多な