• 生活保護受給者に失礼

    先日の衆議院議員選挙で、議席数だけ圧勝した自民党の一部議員から、 「議員年金復活」の声が上がっている様だ。 今のままでは議員を辞めた後、生活保護になるそうだ。 生活保護受給者に失礼な発言だと思う。 議員年金は、2006年の年金改革で廃止され、公務員の共済年金も 2015年に3階部分が廃止されたため、会社員が加入する厚生年金 と一本化された。 これは、厚生年金に比べて受給額が多くなる議員年金や共済年

  • こちらも法改正が必要

    自らの不祥事で離党したものの、議員は辞職しない方々、 公職選挙法を改正して、クビにしましょう。 何故生き恥を晒してまで議員に留まるのか? 議員としての歳費、政務調査費と、議員宿舎、文書通信交通滞在費 といった特権が惜しいのは勿論だが、議員辞職すると、自民党に 迷惑がかかる。 補欠選挙になると、現状を鑑みて自民党候補が勝てるか否か、自信が ない! 無所属でありながら、採決の際には自民党の党議拘束に則

  • 日本はまだ救われる

    今、日本の政治は中国のような一党独裁になっているが、 良識ある国民のお陰で救われている。 香港の中国化に、香港の住民が抵抗しているが、その様な 状態になる前に正常な民主政治に戻さなければならない。 今回の都議会議員選挙では、都民の皆さんが国民を代表 して、その意思表示をしてくれたのだと思う。 日本はまだ救われる。 国の指導者のお友達やお気に入りを優遇し、汚職まがいの 行政がまかり通るようになっては