• 納涼会

    日が暮れ始めると。 子供たちはもちろん。 お年寄りも。 声を掛け合って。 集まって来ます。 心待ちにしていた。 納涼会の日です。 うちの子供達なんて。 朝起きた瞬間から。 今日の5時半が。 待ち遠しくて待ち遠しくて。 準備する側の私たちは。 汗だくでしたけど。 子供たちの喜ぶ顔は。 この地域の財産です。 どの人も。 それは大切に思っています。 子供たちは。 この時代の財産です。 たくさん食べて。

  • Fortune Change

    F氏を。 はるばる大阪から。 ここ。 私たちの住む新潟へ呼んで。 カードゲームの。 イベント開催。 その名は。 『Fortune Change』 運気交換。 という意味。 今回で。 第2回目の長期開催。 私たちは。 『運』を。 交換し合いながら。 生きている。 これが全てだと。 F氏は言う。 F氏には見えている世界。 これを。 カードゲームにすることで。 私たちにもまた。 自分の人生を。 豊かにす

  • ひきこもりと財産

    月曜日の診察でハンサムダンディ先生に勤労意欲の減退の話をし、夫にも「半年位で辞めると会社にも迷惑を掛けて、私も苦労してお仕事覚えるの大変だし、働かないかも知れない」と言ったら、夫は「そっかぁ〜」と残念そうでした。 私が働けば少しでも家計が助かるのですから。 まぁ後、半年後にはまた気持ちが変わっているかも知れませんが。 でも、夫の思わぬお給料大幅ダウンがなければ、私は大人しく病人として家に居たでしょ

  • 姓名を受け継ぎ、その流れを受け継ぐ

    その事は、昔の時代では 家や土地や財産を受け継ぐ事に繋がった。 それは、その人の今後の人生の糧を得る事にも繋がった。 だから、日々の糧を得る事の出来る自分の夫の姓名を名乗る事。 自分の日々の糧や自分の立場や身分を示す事に置いて 何の抵抗もなかったと思う。 夫の姓名の元に嫁ぐ事に関してね?