• 我が家のバランスシート公開

    これまで躊躇していたのですが、我が家のバランスシートを公開したいと思います。金額の一部(1000円未満)は隠させていただきますが、リアルな数字です。 バランスシートは資産=負債+純資産という形式で、MoneyForwardだと以下のように表示されます。 資産 150,740,*** 負債  38,588,*** 純資産 112,151,*** 不動産や預貯金などの資産は1.5億、住宅ローンなどの負

  • IPO(アイモバイル)

    最近のIPOですがJR九州は落選、アイモバイルは100株当選しましたが大方の予想通り公募価格割れという結果でした。次はフィル・カンパニーですね。SBI証券が主幹事なので期待していますが、人気銘柄は当たらないんですよね。

  • プレジデント(まったく新しいお金の貯め方)

    プレジデント(2016/7/18号)は参考になったので紹介します。現在のお金にまつわる様々なことを大まかに知るにはとても良かったです。確定拠出(DC)年金はこれを見て、さっそく限度額まで増額しました。書店で見つけたら、是非手にとって眺め読みだけでもしてみてください。何かヒントがあるかと思います。 PRESIDENT (プレジデント) 2016年7/18号 プレジデント社 2016-06-27 本

  • IPO結果(デュアルタップ、インソース)

    本日新規上場された両銘柄の初値は、公募価格に対してインソースが+55.8%、デュアルタップが+127%でした。デュアルタップは予想通り2倍を超えてきましたね。当選された方、おめでとうございます。 昨日はリファインバースの抽選も行われましたが、また落選でした。当選への道のりは遠いですね。

  • LINEのIPO結果と、任天堂ポケモンGO人気

    先週末に上場したLINEは公募価格3,300円に対して、大方の予想(高くても4,000円)を覆して、48.4%アップの4900円で初値が付きました。IPOとしては大成功ですね。当選した人はおめでとうございます。 また先週、それ以上に株式市場の話題をさらったのは任天堂でしたね。アメリカなどで先行発売されているポケモンGOが社会問題化するほど、すごい人気のようです。 (Pokemon GO が、米国の

  • IPO抽選結果(LINE、デュアルタップ他)

    IPOの申込結果が出ました。残念ながらすべて落選となりました。前エントリでも書きましたが、抽選によるIPOでは投資効率が悪すぎますね。窓口で無抽選でIPOを手に入れられれば、利益率は100%(2倍になった場合)とかすごいことになるのですが、抽選だと抽選倍率が100倍だと必要資金に対する利益率は1/100になるわけです。 私のバランスシートの中で流動性の預金は3,500万ぐらいあるのですが、全額を抽

  • IPOの収益率(不動産よりも悪い?)

    明日(7/11)はLINEを含むIPOの抽選日です。今後のIPO投資のためにNISA口座も作りました。準備万端なんですが、資金が少なくて、当たりそうもありません。 一応、申込内容をメモっておきます。 証券会社 SBI証券 買付余力 10,000,000円 LINE(株) 10,000株、3,300円、IPOポイント0 (株)インソース 22,000株、520円、IPOポイント0 (株)デュアルタッ

  • 不動産

    我が家のバランスシートで一番大きな資産が不動産です。現在3つの不動産を所有しています。湾岸エリアのタワーマンションは自宅用に、都心の2つのワンルームマンションは投資用です。 湾岸エリアは東京オリンピックを控え、不動産価値の維持・上昇が期待できるのと、タワーマンションならではの素晴らしい都会の夜景を望むバーラウンジや、露天のジャグジーなど、平日からリゾート感が満載なところが気に入り、昨年購入しました

  • LINEが上場予定

    あのLINEが7/15に上場される予定です。新規株式公開をIPOと言いますが、去年からずっとIPOは好調のようです。私は93年にJR東日本が民営化された時、証券会社に就職した友人から頼まれて購入しましたが、上場後の初値で売り、20万ぐらい利益が出ました。その頃はノルマがあったのか証券会社から頼まれて買ってあげるという状況でしたが、現在は申し込みが殺到するため高倍率の抽選に当選しないとIPO株は手に

  • 年金(公的年金 2)

    前エントリでねんきんネットでのかんたん試算結果を書きましたが、現在の収入が60歳まで続くわけはないので、ちゃんと試算してみました。現在は標準報酬月額620,000円、標準賞与額1,500,000円(年2回)です。年金記録を見たら、だいぶ前から上限で払い続けているみたいです。 ケース1 明日から無職となった場合  48~59歳 収入は0、国民年金を納付 ケース2 55歳までペースを落として働いた場合

  • バランスシート

    バランスシートは貸借対照表とも呼ばれ、全資産=全負債+純資産という式が成り立つ(バランスする)ことから、その名前が付いています。 企業の財務会計で使われるものですが、我が家でも毎年バランスシートを作っています。預金や不動産、年金などの全資産と、住宅ローンやクレジットカードなどの全負債を年末などの同じタイミングで全ての金額を集計して、全資産ー全負債が純資産となるわけです。 これがとても骨の折れる作業

  • 年金(企業年金)

    前回エントリで年金には公的年金と企業年金、個人年金があることをお話ししましたが、今回は企業年金についてです。 これは仕組みが複雑で、それぞれの会社で異なる点があるので、あくまで参考にしてください。 私の会社では毎年6月に3月末までの年金残高が通知されます。退職時に一括して受け取る退職金と、10年とかで分割してもらう年金があります。年金は分割せずに退職金と一緒に一括で受け取ることもできるので、我が家

  • 年金(公的年金)

    「年金」という言葉はもちろん知っているけど、詳しいことや、給付額までは意識していない人も多いのではないでしょうか。 年金と一言に言っても、色々なものがあるようです。国が面倒を見てくれる公的年金だけでなく、サラリーマンの場合は企業で積み立てている企業年金や、個人で積み立てる個人年金もあります。 年金=公的年金+企業年金+個人年金 サラリーマンであれば、まずは公的年金と企業年金を調べてみることをお勧め

  • 自分年金とは

    「自分年金」とは日経マネー誌やダイヤモンド・ザイなどでよく使われている用語で、今後目減りが予想される公的年金に対して、自分自身で準備する老後のお金のことです。 平均寿命まで夫婦が生きた場合、公的年金の給付額を含めて1億円は必要だということです。 日経マネー 2016年 1月号 [雑誌] 日経BP社 2015-11-26 Kindle本 現在年金暮らしの人たちは、平均的に生涯夫婦で5,000万の年金

  • 嗚呼〜自己嫌悪

    PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02) ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2015-06-29 TVゲーム こんばんは〜初めまして。 今日からブログを始めることにしました。 自己嫌悪が酷いからねw ブログのテーマは自分の趣味や興味のあること等、適当に備忘録として書いていこうと思います。 さてさて、今日の自己嫌悪の原因は、、、 パチンコです〜 今週