• 私のお遍路足マメものがたり

    1回目の区切り打ち(2015年春) 無謀にも何の対策もせずに出発 3日目に異変を感じたため宿泊のホテルで針をもらい水を抜く しかし状況は悪化するばかり 今さら傷バンを貼るも明らかに手遅れ 5日目には通りすがりの病院に駆け込むも祝日休診 結局、耐え切れずタクシーと宿の送迎を利用して15キロほど距離を短縮して帰路へ 2回目の区切り打ち(2015年秋) あんな辛い思いは二度としたくないとテーピング、針と