• ノスタルジア

    夕日に染まる暖簾 きれいなブルーの暖簾が新鮮に映る いつの間に新しく変わったのか記憶にない 去年の夏から我が家の風呂のように夕方になると入りに来る 土壁を通り抜けて、通るごとにタイムスリップしてしまう わくわくの瞬間 よくいう哀愁風景まさに その奥にある「ゆ」♨をくぐれば♨ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 幼すぎる私、祖父と一緒に男湯に入れられる、 深くて足がとどかない湯船、 お湯が熱く