• 無戸籍児の運命は?

    離婚後6か月間の女性の再婚を禁じる民法の規定の合憲性につき、年内にも最高裁の判断が下される見込みです。これと共に、離婚後300日以内に生まれた子の父は前夫と推定する、別の民法の規定があるのがもう一つの問題です。 例えば、夫と不仲になって別居中に他の男性と関係して妊娠した場合でも、離婚する前や離婚後300日以内に出生した場合、出生届をすれば、現行の民法上その子は前夫の戸籍に入ってしましいます。 一般