• 2017年9月23日「神の子池」秋の道東の奥深い森に佇む神の子池。

    2017年9月23日12時42分 「裏摩周展望台」を後にして程なく 秋の道東の観光スポット神の子池(かみのこいけ)に到着です。 夏と違い人も車もめっきり減っていました 道路も豪雨のせいか かなり傷んでいました。 誰かの落し物なのか ブレスレットが置かれていました。 紅葉はまだ先のようですね。 静寂さの中での散策です。 神の子池にはオショロコマと呼ばれるエゾイワナが棲んでいます。 前回は観光客が沢山

  • 2017年7月30日「道の駅メルヘンの丘めまんべつ」ラベンダーも咲いていました。

    2017年7月30日「道の駅メルヘンの丘めまんべつ」 地元高校の園芸班も道の駅に綺麗な花を飾っています。 道の駅メルヘンの丘めまんべつには美味しい物がたくさんあるそうですが 施設内に寛いで食べれる場所が無かったようです。 芝生も手入れが行き届いていました。 もう少しで薔薇も満開でしょうか いろいろな花があります。 ラベンダーも咲き始めていました。 規模は小さいですが 綺麗に咲いてますよ。 円形の花

  • 2017年7月30日「道の駅メルヘンの丘めまんべつ」噂のバラの花壇です。

    2017年7月30日 「道の駅メルヘンの丘めまんべつ」にはバラを中心とした花壇が綺麗だというので ここまで見に来ました。 長い旅の終わりに綺麗な薔薇達に癒されました。

  • 2017年7月30日「道の駅メルヘンの丘めまんべつ」激混みでした ( ̄ー ̄; ヒヤリ

    2017年7月30日16時39分 アンテナショップ「ほのか」にスタンプと道の駅の切符を買いに行きました。 建物が並んでいます。 大空町が誇るお土産たちが所狭しと並んでいました。 とにかく人が多かったです。 この道の駅の人気商品みたいですね。 道の駅というより朝の市場みたいな激混みです。 皆さんお土産選びに必死です。 大空町の食品ブランド力は凄いです。 記念のスタンプも激混みです。 店内で無事切符を

  • 2017年7月30日「道の駅メルヘンの丘めまんべつ」スカイラインGT-Rらしきものが・・

    2017年7月30日 「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠」を後にして美幌方面を 目指して峠の坂道を下りながら走ります。 途中大型車が来たので進路を譲り 感謝されたりします。 峠の坂道が終わり平坦な道に近づいたとき 日産の往年の名車・スカイラインGT-Rらしきものが来ました つぎも・スカイラインGT-Rらしきものが来るんです ドライブレコーダーが無いので録画できませんでした およそ20台以上連なって美幌

  • 2017年7月30日「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠」未確認生物(UMA)怪獣クッシー君です。

    2017年7月30日  レストハウスの中に小さな食器棚のようなものに こじんまりと控えめに地元商品の宣伝をしています。 レストハウスから峠の眺めです。 ガラスの手入れが行き届いているので、外の景色が完璧に綺麗に見れました。 部屋の中央に、初代の「美幌峠標柱」が保存されています。 窓側なので逆光で見えませんね  しかし紫外線で標柱が痛まないのかと疑問に思いました。 美幌峠の文字は4面に書かれていたん

  • 2017年7月30日「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠」美幌峠レストハウス

    2017年7月30日15時30分 美幌峠からの良い景色を眺めながら 坂か道を下りてくると 2階にある美幌峠レストハウスに入れました もちろん無料で入れましたよ 広い室内に突然一台の幌馬車が目に入りました。 本物の幌馬車です 意外に小さいですね。 撮影に使われた幌馬車のようです。 NHKの朝ドラで使われた物らしいです。 ミニチュアの模型もありました。 説明も英文が書き添えてますね。 リアルな模型で観

  • 2017年7月30日「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠」屈斜路湖が一望出来ました。

    2017年7月30日15時03分 「道の駅知床・らうす」を出て2時間程運転して 「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠」に到着です。 道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠(みちのえき ぐるっとパノラマびほろとうげ) は、北海道網走郡美幌町にある国道243号の道の駅です。 道の駅の施設は「美幌峠レストハウス」です。 到着とともに騒ぐ知恵をひとまず散歩に連れて行きました。 美幌峠の頂上に位置している この道の駅は阿寒

  • 2017年7月30日「道の駅知床・らうす」展望台から国後島が見えました。

    2017年7月30日12時30分 2階の展望台に行くための階段を上ると踊り場に新海水の機械がありました。 無料のサービスなので飲んでみました 青の水の方を飲みました。 味は無味無臭で美味しかったです。 吹き抜けの天井部分がガラスなので明るいです。 2階の部屋には冬の知床や羅臼の写真パネルが展示していました。 部屋の真ん中に流木のような木が置かれています。 奥にトイレがあるようなので躓かない様に注意

  • 2017年7月30日「道の駅知床・らうす」幻のカニがありました。

    2017年7月30日12時15分 道の駅の売店は美味しそうな海産物で溢れています。 この売り場は旅行記念の衣料品や小物です。 お昼なので食堂は人でいっぱいです。 噂のうに丼はどんな味なんでしようか 羅臼と言えばカニです。 どのカニの味も絶品ですよ。 羅臼の紅鮭と時鮭は有名です。 値段も安そうですね。 幻のカニがありました。 たらばは幻のカニになったようです。 夫婦なのか二人で真剣にお土産選びをして

  • 2017年7月30日「道の駅知床・らうす」国後島に一番近い道の駅です。

    2017年7月30日12時00分 「知床峠」の駐車場から羅臼へと曲がりくねった国道の坂道を下りながら進みます。 突き当りの交差点を右に少し走ると「道の駅知床・らうす」がありました。 道の駅知床・らうす(みちのえき しれとこらうす)は、 北海道目梨郡羅臼町にある国道335号沿いの道の駅です。 晴れた日には、この駅から国後島が見る事が出来ます。 北方領土 国後島に一番近い道の駅です。 ちょうどお昼の時

  • 2017年7月30日「道の駅うとろ・シリエトク」吹き抜けの中で涼みました。

    2017年7月30日10時32分 知恵に板氷を抱かせているので 僕も安心して出かける事が出来ます。 道の駅に行く途中かわいい軽キャンの運転席に小型犬のワンちゃんがいました。 おかあさんと一緒に留守番みたいですね。 これまでの観光地ではアジア系の観光客は ほとんど見かけませんでした。 白人系の観光客が日本人と一緒に秘境巡りを家族で楽しんでいるようです。 この道の駅もお盆の夏休みシーズンは車と人で溢れ

  • 2017年7月30日「道の駅うとろ・シリエトク」番屋風の造りでした。

    2017年7月30日10時18分 「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」を出て渋滞も無く順調に目的地 道の駅うとろ・シリエトク(みちのえき うとろシリエトク)に着きました。 道の駅うとろ・シリエトクは、北海道斜里郡斜里町ウトロにある国道334号 の道の駅です。 「シリエトク」の意味は、アイヌ語で「陸地・大地」の「先端・前」の意味 だそうです。北海道はアイヌ語の地名の場所が多いです。 天気も良く車内の

  • 2017年7月30日「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」青森から来た人。

    2017年7月30日「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」の売店は9時に開きます。 5時頃到着しているので 4時間潰さなければいけません 知恵と一緒に道の駅を散歩していると 一台のミニバンを熱心にペットボトルの水 をかけながらスポンジで虫取りに せいを出している男性がいました。 話しかけてみると 彼は地方公務員を定年退職して青森から北海道に渡り 車中泊しながら道の駅スタンプラリーを続けているとの事。

  • 2017年7月30日「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」道の駅車中泊男性のある疑問。

    2017年7月30日5時28分 道の駅はなやか(葉菜野花)小清水(みちのえき はなやかこしみず)は、 北海道斜里郡小清水町にある国道244号の道の駅です。 道の駅の建物は、JR釧網本線浜小清水駅と道の駅の建物が いっしょの 珍しい道の駅とJRの駅です。 経費削減にはいいかもしれません。 建物の名前は小清水町活性化センターです。 まだ夜が明けたばかりなのに18度です。 道の駅周辺を案内する看板があり

  • 2017年7月30日「小清水町フレトイ展望台」噂のスポットです。 ( ̄ー ̄; ヒヤリ

    心臓の弱い方は今日の記事は見ないで下さい。 2017年7月30日5時20分 「浜小清水前浜キャンプ場」で撮影を終えたあと  「小清水町フレトイ展望台」に向かいます。 その時そこが噂のスポットだと知りませんでした。 フレトイの意味は、アイヌ語で丘がそこで決潰(けっかい)している所 という意味だそうです。 ここフレトイ展望台は小清水原生花園の砂丘(幅約8km)の東端に位置しています。 案内の看板があり

  • 2017年7月30日「浜小清水前浜キャンプ場」忘れ物を撮りに来ました。

    2017年7月30日5時00分  JR釧網本線浜小清水駅に到着です。 この駅の駐車場に車を停めて忘れ物を撮りに行きます。 2017年6月17日「道の駅流氷街道網走」を訪問した時網走は霧の町でした 今日はここ浜小清水で再チャレンジです。 この浜小清水駅は道の駅も兼ねているとても便利な場所なんです 近くの小高い丘に絶好の撮影ポイント「浜小清水前浜キャンプ場」 「フレトイ展望台」があります。 短い坂道を

  • 2017年7月29日「道の駅しゃり」暗闇に消えたふたり。

    2017年7月29日 あたりが暗くなりかけたので慌ててハイゼットに戻ります。 お腹を空かせた知恵が待っていました U゚ェ゚U クゥ~ン!! 知恵に夕飯を食べさせ 僕は軽い食事で済ませて休んでいると 隣の堺ナンバーの旅の車もカーテンを閉め就寝モードです。 後ろに泊っていたホンダのミニバンの後ろのドアが観音開きに開きました 中から自転車が現れます それも2台です。 夫婦で買い物に出かけるのかなと思いま

  • 2017年7月29日「道の駅しゃり」しれとこ斜里ねぷた。

    2017年7月29日18時28分 道の駅裏口から入ると休むところがありました。 このエリアは24時間トイレの入り口にあります。 トイレも明るく手入れが行き届いていてシャワー付なので申し分ないです。 平成29月7月21日(金)、22日(土)行われたしれとこねぷたが展示されていました。 本家青森でも ねぷたまつりがありました。 今から約200年ほど前の1807年、北海道周辺に出没していたロシア船に備え

  • 2017年7月29日「道の駅しゃり」お洒落な街にありました。

    2017年7月29日18時18分 「道の駅パパスランドさっつる」から19キロ車を走らすと「道の駅しゃり」に到着です。 まだ陽が長い季節なので この時間帯でもあたりは明るいです。 道の駅しゃりは、北海道斜里郡斜里町にある北海道道92号斜里停車場線の道の駅です。 世界遺産知床に行く途中に位置する中心市街地の道の駅。 これだけ街の中だと熊も出て来れないでしょう。 駐車場は道の駅の裏側にある とても小さな

1 2 3 4 5