• 2nd#8 vs鳥栖。酷暑の敗戦。イロイロアッテナ。

    [観戦記]2nd#8 vs鳥栖(A) 0-1で敗戦(前半0-0)勝点57。  無風酷暑、芝は長くパス遅く。野球タイアップ特別試合で満員御礼のアウェイの中、前からのチェイスとパスの先を読むカットからのカウンター、それにトヨさんの頭狙いの放り込みで終始ペースを取られ、後半開始すぐのキ厶ミヌさんの失点を返せず敗戦。急造左SBユウト、リーグ初先発ハセガーくんも活躍しきれず、残念なシーズン2敗目となりました

  • 2nd#6 vs湘南。チンタロGO。裏通りGゲットだぜ!

    [観戦記]2nd#6 vs湘南(A) 2-3で勝利(前半0-1)勝点54。  花火大会も開催される日に全部で5発の花火が打ち上がる派手なイベントになった。  前線からプレスに走る湘南をしっかりかわしてビルドアップし、前線中央をつき続けた攻撃は優美な躍動感にあふれていた。前半早い時間にケンゴ、コージのシュートがポストを叩く嫌な展開を、左前で「裏通り」とよばれる1対1の背後を一人でかわす「ワザ」で先制

  • 2nd#3 vs新潟。チンタロGO!

    [観戦記]2nd#3 vs新潟(H) 3-2で勝利(前半1-1)勝点47。  ケンゴが不在の2ndステージ3戦目。風もなく蒸し暑い中、攻撃するも崩すまでいかないまま、前半途中にノッツーのミドルシュートでビハインド。直後にチンタロからうけたリョウタの素晴らしいミドルで同点に追いついてHT。後半も攻めているのだが最後を急ぎすぎて崩し切るところまで行かない中、審判にあたったボールをウォッチしているうちに

  • 2nd#2 vs名古屋。完勝なのに悔しくて涙がでる

    [観戦記]2nd#2 vs名古屋(A) 0-3で勝利(前半0-1)勝点44。  2ndステージ二戦目。昼間の激しい雨が上がって蒸し暑い中、ブロックを作るだけで取りに来ない相手に対して、長い芝生でパスが転がらずいくつかミスが出て攻められることもあるものの、基本はボールを保持して崩せた試合。ピッチ状態にもだんだんなれて、エウソンから裏へのスルーパスに反応したユウからゴール前のショウヘイへのラストパスが

  • 1st#15 vs横浜FM。攻守一体で見どころ多し

    [観戦記]1st#15 vs横浜FM(A) 0-2で勝利(前半0-1)勝点34。  前半、構えるだけで攻めてこない相手(前半マリノスシュートなし)を崩して、ヨシトのポストに嫌われる惜しいシュートもある中、チンタロの左をえぐってからの、中央で相手がエウソンのボールを奪った後の、ミスを見逃さなかったネットの左足ズドンで先制。後半は相手の攻撃を受ける時間もある中、ユウがもらったPKをきれいにヨシトが決め

  • YNC_GS#1 横浜戦。熱烈新人歓迎会だけど詰め甘く。

    ヤマザキナビスコカップ グループステージ 第一節 vs横浜FM(H)。0-0。 2016/3/23 新メンバー躍動。けっこうやるじゃん! でもこれでいいのか テレビ録画観戦。すんごく寒かった平日にもかかわらず1万5千人以上の観客の前での熱戦はスコアレスドロー。前半途中まで圧倒的に攻めておきながら得点できず、徐々にオープンなゲームになって決定機を提供するも、今シーズン初登場のラッシャー・ショータのビ

  • 1st#3 vs名古屋。韋駄天に手こずるも「押し出し」でホーム初勝利。

    [Review]1st#3 vs名古屋(H) 3-2で勝利(前半1-1)  予想以上のものすごい冷え込みの中の試合。スタンドのシートがガタガタ揺れてたのは地震ではなく寒くて仕方ない人の震えのため。震災を思い黙とうから始まった試合は、やっぱり打ち合いに。それでもケンゴのぼてぼてのミドルシュートで決勝点をとり、唯一のいまだ負けなしチームになった。前半は攻撃が形になる回数も少なく、ショウゴがCBとGKの

  • 1st#2 vs湘南。4-4のおバカ試合。得点力はある。

     フロンターレのホーム開幕戦。15時からの試合前は春らしい暖かい日差しがあったのに、試合が始まってからどんどん冷え込んできて、スタンドではみんな震えてた。  試合の方は、キーパーチャージをとってもらえなくて失点してからリズムが崩れて、前半だけで三失点。でもヨシトも、ユウも(二点)とれて、ハーフタイムは3-3。この時点でサポーターは苦笑いするしかない状態。  後半、カウンターからファーサイドまで流れ

  • 観戦記:天皇杯vsG大阪。これにておしまい。勝つためには・・。

    天皇杯四回戦vsG大阪@万博記念。0-2で完敗。勝負への気持ちの差か。  前半から前から積極的にプレスに来る相手に押し込まれて攻撃の形にならず。20分以上シュートもなし。それでも30分過ぎくらいから攻撃の形はできて決定機もあったが、あいかわらず決めきれないまま、前半アディショナルタイム(も終わってたはずの時間)に、パトのドリブルからのクロスにショーゴが対応できず、中央たくさん選手がいたのにボールウ

  • 観戦記:vs G大阪。ヨシヨシのダンシングドリブルで、よしよし!

    J1 2nd第13節 vs G大阪(H)。5-3。途中追いつかれるも筑波同期二人の頑張りもあり快勝 ※ゲストキャラクターはやさしい感じの女の子、陸前高田のゆめちゃんでした。試合の派手さをこの時点では知るはずもなく。 お疲れの相手に大量得点するも途中追いつかれる派手な試合  4日前に中国の蒸し暑さの中の死闘をくりひろげたG大阪をお迎えしての日曜日のデーゲーム。快晴で暑さも残る中、体の重い相手にいきな

  • 観戦記: vsFC東京。エウソン・レナト、アイスラッガー炸裂

    J1 2nd 第1節 FC東京戦(H) 2-0。試合を支配し完勝。  四日前の「七夕の衝撃」でドルトムントのゲーゲンプレス的守備と高いボール扱い技術を体感して意識が変わったチームは、全体に強い守備と速いパス回しで試合を支配。  前半はなかなか前線にボールを運ぶ回数が多くなかったが、後半は完全に崩し切るシーンも。サイドを有効に使いサイドチェンジの中から薄くなった中央に攻め込むなどスリリングな展開で魅

  • 帰ってくるぞ、フロンターレ戦士たち!

    けが人続出で、思ったようなサッカーができない試合が多かった今期前半。 でも、うれしいニュースが。 リョータが、キョータローが、サネが、 そして驚異のスピードでアンパンマンも、 練習に復帰とのこと。 ぴゅーぴゅー。 みなさん、リハビリがんばったね。 ほんとに、ご苦労様。 ※「帰ってきたフロ戦士」。しゅわっち。私の世代にはこれです。 でも無理せず、しっかりコンディションあげてからにしてくださいね。 無

  • 観戦記:YNC終戦。さぁ切り替えて前を向こう!

    YNC予選リーグ最終戦。home仙台戦。1-1。 今年のYNCは残念ながら終戦。 他力本願だったけど勝たないことには、という状態で始まった試合。 慎重に入った前半、ポストを叩く惜しいシュートもあったけど、なんともないミドルで誰も寄せられず失点。その後攻撃のスイッチがやっと入って、ゴール前の中途半端なボールをヨシトが拾って、テコンドー風ゴールで同点。後半、攻めるものの得点ならず。厳しいプレスはなく、

  • 観戦記:vs鳥栖。やっと今年版スタイルが少し見えてきた

    J1リーグ1st 第13節 home鳥栖戦 3-2久々の勝利! 得点しては追いつかれるパターンを最後はケンユーがレナトのフリーキックを頭ですらして勝ち越し。 面白かったです。 久々に魅せてくれました。失点の多さも含めて、攻撃力で勝ち切れてよかった。遅まきながら2015年版のフロンターレスタイルその1が垣間見ることができたいい試合だった。 ※凱旋行進の様子。サブではいっていたGKアンちゃんが堂々とし

  • 観戦記:vs G大阪。1-1。三次元リア充に向けて

    J1リーグ1st 第12節 awayガンバ大阪戦 1-1引分け。 万博での最後の試合、勝利ならず。 前半ウサミンの左足で先行されるも、後半PA内にレナト、チンタロ侵入後のこぼれ球をショウゴがゴール前にクロス(ラストパスですね)して、エウソンと二人でとんだケンユーがヘッドで決めた。 フロンターレ対策をどのチームも徹底してくる中、今期のはじめから注目しているのは、攻撃の巾を広げることができるか、という

  • 観戦記:vs柏。完敗!強かった!

    J1リーグ、1st 第8節 ホーム柏戦。1-4、で逆転負け。 前半、見覚えのある「ゾーンディフェンス」を破ったショウゴのヘディングで先制するも、直後に武富くんに中央でターンされてフリーになりミドルシュートで同点。後半早々に、チンタロサイドを破られ失点。相手の選手は変わるものの、チンタロの前からのアーリークロスから3点目。4点目はごめんなさい、詳しく覚えてません。 (※僕も応援しているからね。一つ

  • 観戦記:vs浦和。極寒。1-0で勝ってもいいじゃないか。

    J1リーグ第5節 vs浦和(H) 1-1。89分のセットプレーから失点。とにかく昼間のあったかさからどんどん気温が下がって寒くて寒くて。後半は座っていられないくらい寒かった。(もう、籠っちゃうぞ)●チンタロ君がえぐってケンタロウのゴール!太郎祭りか。3バックにしてミラーゲームにしたこともあり、全体的に守備ははまっていたと。チンタロ君に期待していた、ゴールライン近くまでえぐって、という個人的な希望が

  • 観戦記:YNC対清水。祝無失点!チンタロの得点がみたい

    ヤマザキナビスコカップグループリーグ第三戦。vs清水(A)。2-0おめでとう。ガツガツくる相手を冷静にいなしながらペースを徐々に握ってちゃんと仕留める。そんな今の勝ちパターンをしっかり実行できた試合でした。(ほっとして、ぼーっとして、くつろいでます)さきほど帰宅してやっとビデオで観戦終わりました。やったね。前半0-0だということだけチェックして宴席に参加したので結果を知らずにビデオで確認しました。

  • 期待。魅せる守備と他者の視線パワー  

     フロンターレが情けない試合をしたからと言って、ふて寝ばかりしていても、時の移ろいには逆らえず。もう、桜の季節ですよ。花粉に目をくしゃくしゃにしながらも、次の試合に向けてフロンターレを応援する気分を整えねばと思ってます。 ※日曜夜の山形アウェイは勤め人には厳しく行くことはできません。でもBS-NHKでの放送もあり、周囲に「見てね見てね」と誘惑しながらTV観戦予定です。 新米サポなのでえらそうなこと

  • 練習試合観戦記0221(1)DF編

    今日は、等々力で公開練習試合(45分×4本)を観戦してきました。1、2本目は、サブ組。3、4本目はレギュラー組と明確に分かれて、アルビレックスも同様にメンバー総入れ替えで臨みました。レギュラー組の感想から。【3、4本目】専門家の視点からは、他のメディアで紹介されるでしょうから、素人目、サポ二年目の初心者としての感想だけ。結論としては、うれしい予感。■ディフェンスは、なんか心配しなくても、ばっちりな