• 無権代理と相続 ID:2a1gee

    例えば、Aの親(本人)が持っている1000万の甲土地をBの子(無権代理人)がA代理人Bと称して代理権がないにも関わらず、売却してしまった。 そして、そのBの親は死亡してしまい、Aは被相続人であるため、相続人のBに1000万の甲土地が引き継がれた。 この例は、Bのみが相続人のため追認を拒絶されることは認められず、有効となるというのが、結論です。(´▽`) みなさんは、この考えについてどのように思われ