• 送り火

    今日は雨。 傘を差して 送り火。 お義父さんが 牛さんに乗って ゆっくり 帰って行く。 夕飯に 素麺を 出しました。 余り 代わり映えのない お供えの食… 満足してくれたかな。 そら母の両親は ど~してるかな~。 ゆっくり帰ってるかな(^_^) いつかの空。。。 今日で無い事は確か!(≧∇≦*)

  • 送り火迎え火・盆灯籠・玉菊灯籠

     迎え火  迎え火  江戸では身分の高い武家や筋目の高い町家では、魂迎えをするために、各々の檀那寺へ行きます。墓前に灯火をささげ礼拝をして、まるで生きた人を迎えるように、家紋のついた弓張提燈をともして道の上を照らし、魂迎えをしました。  一般の町家では、主人が着流し羽織姿で、家の者と一緒に玄関までお迎えをします。その際、門口では焙烙(ほうろく)の上に苧殻(おがら)をのせて焚きました。これを迎え火と