• 再生 初夏の青い風に包まれて

    年末年始で番外編記事が続いていましたが本日から2010年4月の続きになります。 風薫る新緑の美しい季節に わたしはまたタカシの元に訪れた。 相変わらずわたしを取り巻く状況は予断を許さない厳しいものだった。 平日仕事後、それから夜遅くまで・・土日も関係なかった。 睡眠時間もろくに取れずひたすら休みなく走り続けるような・・・自分の時間など全く無い、身を削るような日々だった。 出口の見えないこんな状態が