• もっと強くなりたい

    心も身体もリセットしようと お祝いも兼ねて 自然にいく。 美味しい空気と 新鮮なごちそう。 ゆったりとした時間 川のせせらぎ。 私の身体の声をきく 源泉かけ流しの温泉に 湧き水をのんで とても気持ちがよかった これまでの不安や恐れが 嘘のように 消えていくかんじ。 一緒にいった相方が また10年後はもっと長く行こう といった。 うんと答えながら、わたしは元気で生きているのだろうかとふとよぎった。

  • 『ととロさんからのご質問』

    まいどおおきにっ!! はなえです。 本日は「質問してください企画」に参加くださった「ととロさん」のご質問をご紹介いたします。 From *ととロ さん こんばんは(^o^) ちょっとしたことでイライラしちゃうとき、なんかわからんけど、今日はすぐイライラするわっていうときは、どうしていますか?? 私は違うことしたり、ぼーっとしたりテレビ見たり気分転換するんですが、ついつい考えちゃって( ´д`ll)

  • 5番に当選した方へ♪ヽ(´▽`)/

    『全部まるごとうまくいく』 1点だけを近くで見ると、1点しか見えませんが、間隔をあけて見てみると、 実は点と点は結ばれています。 セルフコントロールランキングへ

  • 半透明な記憶の欠片と傷痕

    こんばんは、みおです。 今日は朝からバタバタした1日でした。4時頃にやっと眠れて、10時くらいに目を覚ましました。 病院は夕方からだったので、それまで母に頼まれた買い物と自分の買いたいものがあったので昼前に家を出ました。 久々に空を見ると、綺麗でした。つい写真を撮ってしまったので載せておきますね* 皆さんの中の空の色は何色ですか?季節にもよりけりでしょうけれど、私の中の空は薄い青色です。雲の隙間か

  • 『明るくて元気な子』

    今朝はいつもより早くに目が覚めました。 お薬を変えてもらって少しは寝つきが良くなりましたが、相変わらず眠りは浅いです。 今日も寒かったですね。風邪は少しマシになりましたがぼんやりしていて、今日の日中の記憶が曖昧です。 今回は過去のことを振り返りつつ、現在思うこと等書いていきたいと思います。 私の家は母子家庭で、二つ下の妹が居ます。 「母子家庭だから可哀想」だと思われるのが凄く嫌で、別に不幸じゃない

  • やっと。。。

    12月7日 この日は私の仕事終わりに彼とマンションで待ち合わせ。 お泊まりセットはあるけれど、彼の姿がない。 しばらくすると彼が戻ってきて一緒にお出かけ。 久々に神社巡り。 帰り道に遅めの昼食。 彼とマンション近くのスーパーで食材の買い物。 いつものように、お風呂に入って彼と晩酌。 はい…酔って記憶が欠落していますが 彼の携帯には女性の名前がズラリと入っている。 LINEにもズラリと入っている。

  • 後悔

    本「後悔病棟」を読みました! 後悔病棟 小学館 2017-04-28 Kindle本 ドラえもんのどこでもドアじゃなくて、、 この本は「過去に戻れる聴診器」!? 「患者の気持ちがわからない女医」というレッテルを貼られてる 33歳の早坂ルミ子先生が、ある日、病院の中庭で不思議な聴診器を拾います。 その聴診器を胸に当てると、患者の心の“後悔”が聞こえてくる・・というお話です。 以前「嫁をやめる日」を読

  • Time goes by

    消えない過去や過ちが、 古びた捨てられぬアルバムの様に あなたに寄り添っているのなら。 私じゃない誰かが、 あなたの胸の奥まで穢すなら。 空を見上げて息を吸う。 10と半分だけ、リズムを心に刻む。 明日という日は まだ誰の世界にも染まってないから。 ただ過ぎて行く時間を、 過去と他者の幻想を抱いて生きるなら… 明日への希望を胸に抱きたい。

  • 小2の頃の嫌な思い出

    ふと思い出して苦しくなったので徒然! 小学校2年生のときに、新しく赴任してきた30代の女性担任はとても人気があった。 話も面白くて、授業も楽しい。 みんなの興味に勉強を乗っける感じでとても素敵な先生で私も大好きだった。 ある日、その先生が「今日のこの時間は自習にします!みんな各自お勉強するように。ぬこだけちょっと先生とお出掛けしよう」と言われた。 え?!なんでぬこだけ? お出掛けってなんだろう!楽

  • 過去の栄光

    1.2年生大会 上中越大会優勝! 今思えば、最初で最後の優勝だったなぁ ほか、試合たくさんあったけど 学年別大会 3年生の部 準優勝 嫁から写真送られてきて、 同じ写真2枚もいらねーし って思ってたら、 1年後の写真かよ(笑 この学年別は優勝してほしかったぁ いや、しなきゃいけなかった試合だ ちょうどこの頃に硬式に行くか考え始めてた この数ヶ月後に上に繋がる大会があり、 3回勝てば、北信越大会権利

  • 多摩川の河川敷

    「彼についていくわ。」 君はそれっきり、僕の前から居なくなった。 河原で何を話したか、 緊張していた僕は何も覚えていないけど。 河原を走る少女に、 あの日の君を重ね合わせる。 僕がもう少しだけ大人だったら。 いつもその繰り返しだから。 だからきっと、君はきっと。

  • 過去を「捧げる」

    無邪気に未来を語り、互いを傷つけ、 さらにその傷を舐め合った日々。 「友とは永遠に…」 あの日、彼は何を手放し、何を得たのか? 人の記憶は、虚ろいやすく彷徨える存在。 きっとみんなの信じた 因果律の奏でるカルマの 前後に繋がる螺旋が現世なのさ。 「今を生きる」 ティーチャーはそう言ったけれど、 その方法を君は知っているか? シナプスがどんな数であろうと、 所詮、君も彼女も同じホモ・サピエンスさ。

  • ただ、生きるという事。

    「あなたといた」過去は、過ぎ去りし幻影。 今という時の中で、記憶に映りし夢のよう。 1秒先の未来すら、誰にもわからない。 なのに僕らは「過去」を繰り返そうとする。 誰もが消したい悲しい過去を。 楽しい未来が、だれにも保障できないものだとしても それが全ての人が不可能だと諦めようとしても。 「1秒先」の、いや「千年先」の輝く未来を描きたいから。 「200万年前に出会った奇跡」を、「過去」にしたくない

  • 荒れていたあの頃。

    籠を窓辺に置いてあげると、やっぱり… ↓ ^_^ もみじが、お先に!と入りました。 気に入ったかい?? うっとり目で返事。かわいいヤツめ(>_<) 息子の中学の入学式が終わり、水曜からいよいよ新学期がスタートしました。 息子が通う中学校は私の母校でもあります。 入学式で校舎に入り、なんとも言えない懐かしさが込み上げて来ました。 下駄箱や廊下、階段、時計、理科室、窓から見える景色、中庭の花壇。。。

  • 「不確かさ」という現実の先

    アヒルの子は、絶対白鳥にはなれない。 けれども醜い幼虫が、 虹色の蝶になる日は必ず来る。 僕や君は、美しい羽の代わりに 丸くて重い頭を抱えて生きる。 扱いの難しい、やっかいなやつだけど、 こいつのお陰で 辛い過去を理解し、 夢見る未来を想像出来る。 アヒルの親には見抜けない。 カラスの色では光らない。 不確実な今を、 未来を見据えて生きる事は 人にしかできない事。 僕らはゴッホやモーツァルトではな

  • 転職サイトへの登録

    数日前に転職支援サイトへの登録を行いました。 まさか社長が就職活動をするとは・・・ 1年前は思っていませんでした。 こんな僕ですが、こう見えて仕事には自信があります。 いや・・・周りに踊らされ自信があったように錯覚していただけでした。 今の会社を起業する元となった会社も、やはり通販会社でした。 そこに入社する経緯は、ハローワークでの会社紹介。 やがて、その会社の役員・常務取締役にまで上り詰めました

  • 山の仙人

    「分かってるんだろ。全部。」 あなたは私の目をじっと見つめる。 私はただ吸い込まれるように、あなたの瞳から目が離せなくなる。 不思議に酔わない酒と、凛と張り詰めた山小屋の空気。 あなたはまた豪快に飲み始める。 「命とは、酒なり」 あなたは何をみて来たのか。 私は何も知らない。なにも分からない。 ただあなたの瞳の奥にある、消えない過去の光を除いて。

  • 同窓会

    去年の夏に同窓会がありまして 元旦那さんは同窓生だったので 30年ぶりの再会となったのですが 「笑顔」「笑顔」と 呪文のように繰り返していた言霊は無意味に終わり 顔を見た瞬間に凍り付く私の心・・。 顔もまともに見ることが出来ず 目の前にいるのに目をつぶってその場をやり過ごすという 大人的にどうなの??って感じで終わりました。 元カレ、元カノ、会った時の反応ってどうなんでしょうね。 私の反応って、自

  • お仕事

    私はお仕事するのが大嫌いでした。 まぁ、子供の頃のイジメが結構尾を引いてね 人間関係、結構避けてたね。 青春時代? なにそれ?? って感じで、ホント若さの無駄遣い。 去年、高校卒業してから初めての同窓会があったんだけど 「おとなしかったよね」 みんな口をそろえてそう言います。 初めての彼氏は高校の同級生。 高校卒業して19歳の時に向こうからアプローチされて付き合いだすことに・・ それまでホント人間

  • 思い出したこの感じ

    そう、小学校高学年になるにつれてついていけなくなったんだ だから人とかかわれなくなったんだ 自分なんかと一緒にいてもいい事ない、おもしろくないし魅力が何も無い この感じ 懐かしい 人と関わって初めて痛感する コスト1のカードで常にジリ貧で戦ってる 頑張れるかな 人の気持ちを読み取るのが苦手すぎる

1 2