• 文豪ごっこ。

    昨日ですが、愛知県犬山市にある明治村で黒耀さんで文豪ごっこしてきました。 今度、原稿用紙と万年筆を用意して撮り直したい感が沸沸と湧いております。 それに暑かったですからね、まともな写真が余りないのもその要因でしょう。 なんだか後ろの猫の置物。 今にも動き出しそうで、まるで猫又にでもなっていそうな眼力だな……

  • 紫陽花と草原で。

    昨日の記事に続き、無月堂の黒耀と紫陽花です。 近所にある今年の紫陽花は色付きが株によって疎らで、黒耀との撮影は苦戦しました。 先ずは紫陽花からどうぞ。 撮影は一眼の練習も含め、一眼での撮影となっています。 二枚目の色合いが個人手には好きですが、蒼月(そうげつ)は一枚目の方が好きだそうだ。(蒼月:無月堂の住人で空狐の一体) それなりに撮れたのはこの一枚くらいでした。 カメラの設定を紫陽花の色に合わせ

  • 紫陽花と。

    無月堂に飾られている球体関節の人形の二体です。 今の季節ならではの紫陽花との撮影。 黒髪の彼の名は「黒耀(こくよう)」。 着物は手製で、絽生地を使用。柄は手書きとなります。 *撮影はガラケーでの撮影となりますので、ちょっとだけ画質が悪いです。      子供用の番傘も持つことが出来ます。      この子は「リアン」と言います。 最近ではたまーにとなってしまっていますが、この子の大きさ(約27cm