鈍行列車の旅のムラゴンブログ

  • 青森県立三沢航空科学館(青森県三沢市)

    この日のミッション  ・青森県立三沢航空科学館に行く  ・八戸ラーメンを食べる  ・青森駅まで到達する 2番目の八戸ラーメンを食べるミッションのため、朝食を食べずに宿を出たものの、駅周辺で朝から八戸ラーメンを食べられる店が見当たらず。八戸でなくても周辺なら、八戸ラーメンは食べられるだろうと甘く見て、青い森鉄道で三沢に向かいます。 ところが、三沢駅前、何もない。仕方がないので、荷物を駅に預け、タクシ

  • 十和田市現代美術館(青森県十和田市)

    八戸駅から十和田美術館へ。 バスと観覧券のセットチケットを八戸駅の観光案内所で購入。 バス待ちの間に、バス停が目の前のユートリー八戸1階お土産もの店で青森の地酒試飲。 この日の宿もユートリー。安かったけれども、部屋は広くてきれいでした。 十和田市現代美術館。 八戸に戻り、駅近くの居酒屋で夕食。 マグロの皮のレモンぽん酢、メヒカリ天ぷら、せんべい汁、日本酒。

  • 水沢〜盛岡、安倍氏最期の地(岩手県盛岡市)

    翌朝、早めの電車で盛岡へ向かいます。 盛岡でいったん荷物を預け、いわて銀河鉄道・青山駅で下車。 歩いて安倍氏最期の地・安倍館と厨川柵を目指します。 地名に残る歴史。 安倍館跡に安倍貞任・宗任を祀る神社。 安倍館跡から厨川柵擬定地までは、なだらかな下り坂。左手に北上川が流れています。 厨川柵擬定地はお寺になっています。 柵の看板の裏側に回ってみます。ちょっと高台になっています。 このまま歩いて盛岡駅

  • 平泉散策(岩手県西磐井郡)

    朝から平泉散策です。 平泉駅前でレンタサイクルを借ります。4時間、電動アシスト付きで800円。 まずは藤原氏の居館・伽羅御所跡から柳之御所遺跡まで。伽羅御所跡は、現在は民家が建っていて痕跡は探せませんでした。 続いて政庁のあった柳之御所遺跡。 こちらは発掘が進んで整備されています。 建物はまだ復元されていないので、ひたすら原っぱなのですが、何もなくても大変広大な土地。 柳之御所近くの柳之御所資料館

  • 平泉着〜金鶏山(岩手県西磐井郡)

    夕方頃平泉到着。金鶏山麓のホテルにチェックイン後、金鶏山に登ります。 金鶏山の麓には、源義経妻子の墓。 日が暮れてしまう前に登ります。さほど標高のない山なので、10分もかからず登れます。 下山して、ホテル近くの店で食事。初めて食べるどじょう鍋。骨が多いので、注意深く噛んで頂きました。 日本酒は関山。 この食事まで、この旅ではスパークリングワインやワインを頂いてきたのですが、この酒が美味しくて、この

  • 広野駅から国府多賀城まで

    広野駅を出て、次の目的地、国府多賀城駅に向かいます。 台風が来ています。 富岡駅-浪江駅間は、2018年9月4日時点でまだ震災の影響があり電車の接続がなく、連絡バスに乗ります。 今回は時間の都合で、浪江駅経由で原ノ町駅まで。 途中、帰宅困難区域を通ります。 原ノ町駅は南相馬市にあり、名高い相馬野馬追が行われるところ。 動画は大井競馬場での相馬野馬追レース。大井競馬場で毎年やってるんでしょうか。これ

  • 出発

    今日からこの切符で旅に出ます。 宿は1日目しか取っておらず、成り行き任せの旅です。会社に勤めてる間だったら決してやろうと思わなかった贅沢(時間的に)旅。 考えたら、4泊以上の旅は初めてだ。 乗継の上野で時間があったので、SoupStockTokyoでトムカーガイ朝ごはん。 会社の規則で好きな色にできないから、今までやってなかったジェルネイルも、初めてやってみた。 1週間の旅程で、マニキュアとリムー