• SLの思い出 30 奈良運転所 梅小路蒸気機関車館 C59

    ところで、C59164ですが、呉線で撮影してから1年半後、まさか自分のホームグラウンド(少し言いすぎか?)である奈良運転所の扇型庫の片隅で、黒光りはしているもののナンバープレートを外された姿で留置されているのを見た時は大変驚きました。なぜここに?の疑問は後には分かりましたが、D51やC58が中心の円形庫では、やはり大きい存在感のあるカマでした。 さて、梅小路蒸気機関車館ですが今日で43年間の営業が

  • SLの思い出 20 SL ポッポ号   イベント列車⑪

    奈良駅周辺で撮影したイベント列車の最終回です。 ポッポ号と書かれた大きなヘッドマークを掛けています。天鉄局のヘッドマークは大きなものが数多くありました。ポッポ号はどのような列車だったのでしょうか。 1973.5.25 木津→奈良 1973.5.27 奈良駅出発 今後もイベント列車をそれぞれの路線でいくつか紹介します。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • SLの思い出 19 SL ミステリー号 イベント列車⑩

    奈良ヤングトラベルメイトが主催したミステリーの旅 ヤングトラベルメイト号です。この列車も発着はどこだったのでしょうか。また客車も10系や43系、12系と様々です。牽引はD51499は後藤式デフを装備し、最後は関西本線を走りました。写真の角度からの撮影ではせっかくのデフも特徴がよく見えません。もう遅いが反省です。 いよいよ奈良までの電化の完成が近くなっています。構内には架線はまだ張られていませんが、

  • SLの思い出 18 SLの旅伊賀忍者号 イベント列車⑨ D511がやってきた

    1972年10月9日、日本鉄道開業百年にあたり、蒸気機関車の保存を目的として、梅小路蒸気機関車館が開館されました。このころ、動態保存で集められたSL牽引によるイベント列車が、京都を中心に走りました。この伊賀忍者号は大阪発着で奈良線や関西本線、草津線をぐるっと一周した列車だと聞きました。京都からD511が牽引し、奈良線を下り奈良駅で機回しをして、関西本線を伊賀上野方面に向かいました。 1972.11

  • SLの思い出 16 鉄道百年SL思い出号イベント列車⑦

    この列車もヘッドマークから推測すると、大阪の民間放送局と旅行会社が主催者でしょうか。湊町発着かな?上りは重連で下りは単機のようですね。奈良周辺でしか写していません。どのようなルートでどこまで走ったのでしょうね。自分の記録で同じ日付で単機と重連で写しています。その日付は1972.10.14(土)と10.15(日)になっている。しかし、当時土曜日は休みでないし授業があったので写せるはずがないと思うのだ

  • SLの思い出 14 SL ミステリー号 イベント列車⑤

    1971~73年、この頃はミステリー列車がたくさん走っていたようです。大阪、天王寺(湊町)、京都などを起点として関西線や紀勢線、山陰方面に路線が設定されていたように思います。正確な記録を残していないのが失敗です。 1972.10月に撮影した列車です。京都から奈良線を下ってきて、奈良から関西本線を柘植方面に上る列車だと思います。 木津→奈良 奈良からはD51が重連で牽引しています。 奈良→木津 にほ

  • SLの思い出 13 SL オールロザ  イベント列車④

    イベント列車や駅か旅行業者企画の団体旅行臨時列車で、オールグリーン車編成のSL牽引列車が走りました。どのような企画だったのかはわかりませんが、滅多にお目にかかれない列車なので撮影に行きました。 1972.4.16 奈良駅を出発 大阪方面に向かっています。 奈良→郡山 ヘッドマークを拡大するとふるさと号と読み取れます。どのような企画列車だったのでしょうか。自分の記録には京都ー五条になっていますが確か

  • SLの思い出 12 SL三重連赤とんぼ号 イベント列車③

    旧天鉄管内の関西本線で定期の重連仕業が亀山-柘植であったような話は聞きます。不定期は別として自分が写した記録はありません。 イベント列車がたくさん走り出した頃、D51三重連が一部の区間で走りました。自分は二度のチャンスに写すことが出来ました。 一度目は奈良区のD51たちもきれいにおめかしを始めた頃でしょうか。私の記録には1971.9.26 法隆寺→大和小泉 JC赤とんぼ となっています。どのような

  • SLの思い出 11 SLスズカランド号 イベント列車②

    スズカランド号 水色と赤、黄色の☆のヘッドマークが印象的です。鈴鹿サーキットで遊ぶ人のための臨時列車でしょうか。どこからどこまで運航されていたのでしょうか?ヘッドに「大珠協」と読めます。大阪の珠算教室に参加している人が対象なのでしょうか?わからないことだらけです。しかし、こんな列車が走る情報を自分はどのようにして得ていたのでしょうか。思い出せません。 奈良駅構内での写真、今ではNOですね。1972

  • SLの思い出 10 SLイベント列車①

    1970年頃から、まだ多くのSLを保有する天王寺鉄道管理局管内では、多くのイベント列車が走りました。私の記録帳(少し怪しげな記録もある)から探してみると、1972年に奈良駅周辺でたくさん写した記録が残っています。前年の「柳生号」が大きく影響していると思います。これから少し見ていただこうと思います。 今回は何のイベント列車かが不明です。もしおわかりの方がおられたら教えてください。 C57+D51 様

  • SLの思い出 9 SL伊賀号 奈良-木津

    1971年はD51牽引の「柳生号」が運転されていました。SLブームもあり前年に引き続き、3月から休日に運転されたのが大きなヘッドマークを付けた「伊賀号」でした。そして、奈良運転所のD51のデフレクターには「鹿と月」や「鳩」、「カモメ」や「つばめ」のマークを付けてもらったり、ナンバープレートを赤にしてもらっったカマがいました。お世辞にもカッコイイとは言えませんが、時には夕日にエンブレムをキラリと輝か

  • SLの思い出 8 SL柳生号

    NHKのいわゆる大河ドラマで舞台となった地は観光ブームを起こします。1971年当時、剣術家柳生但馬守宗矩を題材にした「春の坂道」が放映されました。奈良の東 柳生の地は観光客が多く訪れました。国鉄は湊町駅や天王寺駅と伊賀上野駅の間に、DCとSLの臨時列車「柳生号」を運転しました。DCはキハ35系、SLはD51が牽引する客車列車でした。走り始めた3月頃は小さな文字のみのヘッドマークでしたが、 いつ頃か

  • SLの思い出 7 汽車ポッポ旅行 C11+D51

    SLブームに火がつき始めた頃、国鉄奈良駅にユースセンター的な高校生など若者が集まる場がありました。はっきりと覚えていないのですが、私もそこに出入りをしていました。きっかけも良く覚えていません。その時にもらった(写真の)チラシから、「汽車ポッポ旅行」でSL特別列車が走ることを知りました。1969(昭和44年)10月19日のことでした。 私は遠くまで出向いて撮影するなどとは考えていませんでした。だから

  • SLの思い出 6 奈良-木津 団臨列車

    1969年10月頃からイベント列車が頻繁に走り出しました。しかし、それとは別に奈良への修学旅行や天理教の信者さんを乗せた団体臨時列車も走っていました。 京都から奈良線経由で来た列車が多かったと思います。 牽引したのは、奈良運転所のC58とD51でした。SLがなくなった後はDD51やDE10が牽引しています。 客車もスハ43系でしたが12系になったように思います。 また、12系の長い編成も見ることが

  • SLの思い出 5 D51211

    D51「211」に特別な思い入れはありませんでした。 しかし、ナンバープレート下の銘板にあった「鉄道省 鷹取工場 昭和13年 製造番号1」 の「1」が目に入り、「211」がそのような存在であったのかと知った時の驚きと感動がかすかに残っています。奈良運転所などで写した写真は幾カットかありますが、実際に走行中を写真に収めたのは少ないです。ネットから得た情報では、1971年3月1日には第一種休車になり、

  • SLの思い出 4 奈良-木津の間 平城山のカーブ

    現在奈良電車区が建設された付近でのSL走行写真です。ちょうどカーブのところは下り上りで段差があり、写す場所としては私のお気に入りでした。1970年頃の木津奈良間は、関西線のD51(奈良運転所と竜華区)奈良線のC58、片町線のC11木津入れ替えのハチロクを見ることが出来ました。 奈良線のC58は荷物車と貨物が連結されていました。SL同士の対向もありました。 亀山から竜華行きの貨物です。 亀山と木津の

  • SLの思い出 3 奈良-木津の間 佐保路

    平城山(ならやま)丘陵は1970年頃から国道24号線のバイパス工事が始まり、大きく変わりました。道路建設と平行し、平城・相楽ニュータウンが建設され住宅地化が進みました。国道のバイパスと後に「ならやま大通り」という愛称になった「外環状線」のクロス部、現在奈良電車区が建設された付近でのSL走行写真をしばらくの間UPしていきます。 かの写真家の巨匠入江泰吉氏は、佐保川からの遠望や不退寺周辺の写真にSLを

  • SLの思い出 2 奈良-木津の間

    学校が関西線に近かったため、下校時はしばしば写しに行きました。このあたりは平城山(ならやま)と言われる丘陵地です。大和と山城が接するところです。うわなべ・こなべ古墳や不退寺があります。平坦地ですから煙は期待できませんが、ちょっと写すには良いところでした。夕日をバックにできた時間帯は、本数も多くたびたび写しました。また、天理教の団体臨時列車もしばしば走りました。1970年頃から国道24号線のバイパス

  • SLの思い出 1 若草山が見えました

    この二日間の阿賀野川流域の喧噪はどのようだったのでしょうか。16日の平瀬の里はものすごい人出でした。一番端っこに入れていただきました。良い感じの白煙です。 さてさて、学校への途中にはこんな景色が見られました。当時は高いビルもなく田園が広がっていました。若草山も見ることができました。川の両岸には桜が植えられ、現在も桜が咲く頃は大賑わいです。一時汚れた川岸も整備され親水公園です。一面レンゲ畑も広がって