• 「障害年金と就労との関係性」結論(再)

    好評につき再掲載いたします。 関連記事もいくつかありますので、スマホのカテゴリー・タグで是非。 きょう、記事「働いていると障害年金は受給できませんか?」のサイトの事務所に問い合わせてみました。 結論  日本年金機構が「障害認定基準」をどういう解釈で支給停止をするかはグレーゾーンでわからない。 だから、いろいろなケースが発生している。 とのことでした。 (デイケアパソコンルームにて)

  • 「障害年金と就労との関係性」結論

    きょう、記事「働いていると障害年金は受給できませんか?」のサイトの事務所に問い合わせてみました。 結論 日本年金機構が「障害認定基準」をどういう解釈で支給停止をするかはグレーゾーンでわからない。 だから、いろいろなケースが発生している。 とのことでした。 (デイケアパソコンルームにて)

  • 「障害年金と就労との関係性」モヤモヤが晴れました

    「第14回精神障害者の障害年金支援研究会」 に参加して、モヤモヤしていました。 きょう、とても説得力があるサイトの記事を見つけました。 モヤモヤが晴れました。 紹介したいとおもいます。 「働いていると障害年金は受給できませんか?」

  • 精神障害者の障害年金支援研究会

    「第14回精神障害者の障害年金支援研究会」 に参加してきました。 大学の教授の講演はぼくにはあまりピンときませんでした。 印象に残ったことは 平成25年のデータで 支給停止割合 全都道府県 確認送付件数 109,028 支給停止 2,650 支給停止割合 2.43% くらい その後 精神保健福祉士のかたと 社労士のかたが各々の立場から 講演をされていました。 その後 パネルトークが行われました。

  • 障害年金と就労との関係性(再)

    記事にしたのが8/12だったので再掲載しました。 参加しますので、感想などはあとで記事にします。 「すまいるナビゲーター」のイベント情報をチェックしていたら、ある研究会が目にとまりました。 「第14回精神障害者の障害年金支援研究会」 精神障がい者の暮らしにおける障害年金と就労との関係性       ~ 現状の理解を通して今と未来に各々ができることを考える~        日時:10月14日(金)

  • 障害年金と就労との関係性

    すまいるナビゲーター(あとで記事にします)のイベント情報をチェックしていたら、ある研究会が目にとまりました。 第14回精神障害者の障害年金支援研究会 精神障がい者の暮らしにおける障害年金と就労との関係性       ~ 現状の理解を通して今と未来に各々ができることを考える~        日時:10月14日(金)    1:30~4:45 会場:埼玉県障害者交流センター 定員:200名 参加費:無

  • 愛の影を追っている

    障害者手帳の申請が通りました、 等級の結果は3級で、 なんだか 本当は2級で、障害年金受給がうまくいけたらいいなと思ったけども 3級という結果に ため息、です。 3級の方で障害年金を貰っている方もたくさんいる、 と市役所の方はおっしゃるが、 障害年金の審査は厳しくなってるのが現実、、 はたして 3級で入院歴など無しで 年金がもらえるのか、心配です。 いろいろと不安で、 心の中が空っぽで、 人恋しく

  • 障害者手帳のこと

    ついこの間、 自立支援と精神障害者手帳の申請をしてきました。 診断書と顔写真と身分証明書と印鑑があれば、 以外とぱぱっと申請が進んで スムーズでした。 あとは審査がとおれば、 ちゃんとした障害者として扱われます、 まだ申請中なので今はまだ本格的には動けません、障害者雇用も受けられないしね(*_*)、3カ月したら審査の結果がでるので、その結果待ちというところです。そしたら晴れて障害者枠で働けます。

  • 6月30日と7月1日 の記録

    無事に 自立支援と障害者手帳の診断書を 主治医の先生に 書いてもらうことが できたました。 来週、 書いていただいた診断書を取りにいって 必要な書類、印鑑なり揃えて 市役所に提出すれば、 申請は終わりです、、、、! とりあえず、 一歩前進です、 これで公的な施設のサービスも受けられるし、 障害者雇用で働くということもできる、 自分は健常者という枠からは 外れてしまったけれど、 いくら 頑張っても