• 教育についてー家庭の役割に初めて気づく

    子どもの中学受験を通して はじめて「家庭教育」について考えました。 いままで、教育はどちらかと言えば 学校や社会でやるもので 家庭は、生存のための最低限の保障の場で 教育とはかけ離れていると思っていました。 ぼんやりと、自立してくれればいいなくらいは思ってはいましたが はっきりと、家庭でできる教育を意識してはいなかった気がします。 「親」って、意外と大変なんですね。 こんなこと、思ったことは、最近

  • 「親」という生き物

    今週末、合不合を受験予定です。 多くの模試は先週末で終わっているようですが。 これで結果がでないと、と思うと 子どもより、親が倒れそう。 ポジティブシンキングの方なら 「足りないところがわかってよかったね。  間違いを本番に活かそう!!」 と子どもに声掛けできるんだろうな~(遠い目) 自分は、そんな心臓持ち合わせてないからな~(遠い目) でも、子どもの前ではショックな顔しちゃいけないんだよな~(遠

  • 不安と自由ー中学受験に置き換えて考えてみる

    「不安は自由のめまいだ」ーキルケゴール 最近、読書にふけっていました。 自分の不安を少しでも解消できたらなって。 これ、良い本かどうかは別にして、すごく読みやすくて面白かったです。 自由に選択できる。→不安がつきまとう。 とても自由に選択できる→とても大きな不安がつきまとう。 しかし、不安は危険を避けるためのサインであるので その不安がどこから来るのか、冷静に分析ができれば より、積極的に自由を選

  • なんか、つかれているのかな。

    今日は、子どもは塾に行きました。 なんか、不安で、思わず塾に電話をして 「今日、うちの子来てます?」 と聞いてみました。 先生、ちょっと鼻で笑っていました。 「いますよ。大丈夫です。  また何かあったらご相談ください」 んー。先生からみて、不安な状態は脱したということなのかな? それでもまだまだ、心配なのは 過保護すぎ???? 今日は、ブログあげるの忘れてました。 疲れているのかな・・・ 秋晴れの

  • 毎日気になる、反抗期の対応

    このページにあったまとめ ・小学生女の子の反抗期、父親を嫌悪し始める傾向がある。        (→うちの場合は、あまりないな。むしろ楽しそう。) ・一方、母親には、無視ではなく反発を強める女の子が多い。        (→うち、これ。かあちゃん、まいってる。) ・子供を激しく叱ったり、感情的に口論するのは反抗期の対応ではNG。        (→わかっちゃいるけど、人間だもの。でもこらえないと。

  • 反抗期・・・

    もう少し、遅くきてくれればよかったのにと思わずにはいられませんが 自立の過程で、仕方がない・・・ こちらも人間。 腹も立ちます。 大人になりきれていないかあちゃんは きつい言葉に打ちのめされて どんよりしたお顔に・・・ すると子から 「そうやってすぐ落ち込むから嫌い」 ・・・・・・・・・・・ 自分自身もどうしていいのか 身の処し方を悩んでいます。 すっといく親子や 肝っ玉かあちゃんにはどうってこと

  • 受験に立ち向かえない、へたれ母

    ブログをやめてしまおうかとも思ったのですが いっそのこと どんな感じで毎日へたれに過ごしているのか 書き留めておくのも記念になるかもって 思いなおし 書けそうな日は、ブログを更新していこうと思います。 そして、一つ決めました。 私はいまある「不安」と向き合っているのが とてもとてもつらいということが 自分の問題の原点にあるのではないかと思いのです。 子どもが自立していくことへの不安。 受験に合格す

  • 弱い心とその葛藤ー強さを強要される社会の中で

    「強くならないといけない」 なんか、そんな風に、社会全体で教育されている感じがします。 大会に出たら、優勝できるだけの精神力を鍛え 受験をしたら、その競争に勝ち抜きだけの精神力を鍛え 弱音を吐いたり、負けごと言ったり そういうことは 「してもいいことだけれども  それをすることによって  弱い自分と向き合って、強くなるために一つのステップ」 ととらえられているんだなって、思います。 でも、私、おも

  • 受験生の母親って、こんな感じ?

    これまで、ずっと働いてきました。 子どもも、実は0ちゃんのころから保育所行き。 こどものとうちゃんは単身赴任だったりしていたので 保育所・学童のお迎えに間に合わない時には ファミリーサポートさんにお願いしたり、いろいろ手を尽くしてました。 いわゆるワンオペ育児をしてきました。 なので、こどもは今まで塾に行くのも 誰もいない家に帰ってきて 一人でおやつを食べて 一人で出かけていくというのが日常でした

  • 茂木健一郎講演会「人工知能に負けない、本の読み方」ー国際ブックフェア③

    生で見たくて^^;ミーハーな私。行ってきました。 座席も先着順の指定席だったので 何と前から2列目。TVで見るまんまの茂木先生が見られました。 茂木先生の様子は みんなの脳に刺激を与えようと思ってか 舞台中を所狭しと動き回ってお話ししていました。 その前に聞いた、一度も動かなかった内田先生と大違い。 お話は、面白かったです。 やっぱり最初はAIが深化学習では人間はもう勝てないという話から入ったので

  • 内田樹講演会「だからいま、本を読む」ー国際ブックフェア②

    生で本物を見てみたくて、申し込んでみました。 会場は満員御礼。すごい人気者だな。 お話は散文的で、とりとめがなかったのですが 時間はあっという間に立っていました。 で、内容ですが、散文的だったのでほとんど覚えていません。 ただ、何度も主張されていたのは 今の日本の大学教育は、どうにもならない状態にあること。 大学改革をむやみに押しつけられ 教育に一番そぐわない、目に見える「成果」を求められて 知の

  • 内田樹と茂木健一郎、見たい!ー国際ブックフェア①

    いま時間があるので、はじめていってみました。 ブックフェアは、以前に行ったITソリューションの方が盛況でした。 本好きな方にはたまらないイベントなのかもしれません。 いろんな本屋さんで、20%OFFで本を売っていました。 値段の高い洋書コーナーでは すごい人が殺到していて、割り込んで入り込めませんでした。 ただ、私にはどうしても見てみたかった受験関係の本はほぼ見かけず。 趣味の本を数冊買うだけなら

  • 「どっちでもいい」-子心・親心

    今、私は休職中なので、基本、専業主婦です。 なので、基本的には家にいます。 でも、ブログを見てくださればわかるとおり おでかけも結構しています。 うちの子は、自室でこもって勉強しているので かあちゃん、家にいなくてもいても同じじゃないかって 親の側からしたら思います。 でも、出かける日の朝、いつも 「かあちゃん、家にいる方がいい?」 って聞いてみています。 それをまねして 「とうちゃん、家にいる方

  • メイビーの食育講座④ ふわふわフレンチトースト

    「育」ではないですが。 でも、4回も書くことあったなんて。自分でも驚きです。 最近、いろんな喫茶店ではやっていません? パンケーキ?フレンチトースト? すっごいふわふわなの。 あれ、自宅で再現可能だと思うのです。 私は、ちょっとしたことで再現してみたら 本当においしかったです。 <ふわふわフレンチトースト> ①普通に、牛乳・卵、入れる方は砂糖など入れて混ぜてください。  (うちは砂糖抜きなんです・

  • 雑記:なかなかうまくいかない②ー友人関係

    私は、ブログに関してもそうなんですが ついつい、勝手に思い入れが強くなって ついつい、期待も大きくなってしまうタイプだということが 自分で、なんか自覚しました。 それが、友人です。 たいていの友人とは、いい関係をとれていると思っているのですが 今、一人、私自身がすごくさびしく思っている友人がいます。 2ヶ月くらい前、その友人に自分の書いた文章を送りました。 大学の先生をしている友人です。 もちろん

  • 雑記:なかなかうまくいかない①ーブログ

    最近、私のブログに訪れてくれる方たちを いままでは、週間の人気記事アクセス数を見て 自分なりに考えていました。 今は、もっと詳しくアクセス解析できるようになったので その検索ワードで、私のブログに来て どんな記事から、私のブログに入って どんな記事を見てから、私のブログから去っていくのか すごーく、詳しくわかるようになりました。 今は、「学校名」で検索かけていらっしゃる方が多いです。 そろそろ受験

  • 個人情報、漏れすぎーGoogle Analytics を試しました②

    これ、怖い。 一人ひとりの解析がここまでできるなんて。 しかも無料ソフトだよ。びっくり。 「科捜研の女」山本ひかるさんや、「相棒」米沢守さんが 簡単に犯人のアクセス追跡できるのもうなずける。 昨日は、うまくいったことだけで喜んでいたけど こんなに個人情報がもれているのが 情報化社会なんだなー。と実感。 最近はやりのビッグデータ解析も 一人ひとりの個人情報がこれだけ手に入るのなら 商売に利用しないて

  • Google Analytics を試しました。

    むらうちCEOの記事を見て 「おもしろそ」っと思ってまねっ子。 知識が薄ーい私には、ちょっと四苦八苦。 で、結果、設定できました!やった! 今日の分からしか、分析できなのですが 分析が細かくて、見ていてドキドキします。 どこの市区町村からみている人が多いとか。 どんな端末使っているとか。 わたしはスモールデータの解析なのですが  これがビッグデータだとすると、すごいことになることが  すんごくリア

  • 雑記:渋渋祭り!!ーと中学受験への今の思い

    渋渋文化祭。なぜかアクセスが止まりません。 ついでに芝も。 そして、自分の記事へのアクセスが多くて muragonのTopページにのりました! 一瞬でしたが、とてもうれしかったです。 記念に画像をUP!^^ 個人的には、一番上の記事との対比が不思議。 中学受験て、各ご家庭ごとにいろいろあって 私も、流され、ここにいる感じがしています。 熱を冷ましたい気もします。 小学生に無理強いしている気も、もち

  • 雑記:メイビーの食育講座③ 旨味2(生活)

    おぉ。3回目。需要があるとは思えないけど、いいや。 今回は①の旨味のアレンジ編。 昆布の佃煮です。 かつお(イノシン酸)とこんぶ(グルタミン酸)。 旨味の相乗効果を狙い美味しさを増します。 でも、作り方はとっても簡単です。 出汁とったあとの昆布でも 水で戻した昆布でも、お好きに。 本当に簡単にできます。 糸昆布使えば、水戻しも不要かも。 <昆布の佃煮> ①食べやすい大きさに、適当に切る。  (揃え

1 2