• 竹富島の風景(6)集落に咲き乱れる花

     温暖な気候の沖縄では、一年中花が咲いていますが、中でも、竹富島の集落内は、本当に美しい。  竹富島の憲章の「美しい島を守る」の項目の中に、植栽に努めることが定められているからですが、撮った写真がそれこそ山ほどあり、どれを載せるかとても迷いましたので、エイヤっと・・・

  • 東漸寺   紅葉が見頃に

    6月に紫陽花の写真を撮りに行った松戸市北小金のお寺「東漸寺」ですが、もしかしたら紅葉も綺麗かなと思って週末午後から行って来ました。同じ松戸市なので車で15分ぐらいの距離です。 びっくりするほど綺麗でした! 紅葉は見頃を迎えており今日からライトアップも実施されるそうです。 鐘楼の向こうにもみじの紅葉 狛犬と紅葉 大きなお寺ではありませんが、見応えのある紅葉が楽しめました。

  • 富士山    遠景

    千葉県松戸市の住んでるマンションのすぐ近くから、空気が澄んでいるとこの時期ダイヤモンド富士を見ることができる事を知り、週末土曜日の夕方撮影に行って来ましたが雲とガスに拒まれて見ることが出来ませんでした。 しかし太陽が沈んだ直後に富士山のシルエットが徐々に浮かび上がります。 やがてハッキリとした形になります。 街の夜景と富士山のシルエットが楽しめました。 翌朝、日の出の時間に合わせて行って見ました。

  • 石垣島の風景(10)石垣空港

     石垣空港が、今の場所に移って5年ほど。遠くなって移動は不便になりましたが、白保の海のすぐ近くにあるため、風景としては、とても見栄えがします。  晴れた日、時間があれば、是非周辺を散策してください。

  • 石垣島の風景(9)川平タバガー

     石垣島で「川平」と言えば、川平湾・川平公園のことですが、そこからさらに北西方向に向かうと、タバガーと呼ばれるビーチがあります。  対向車が来ると困ってしまうような細い道を辿らなければなりませんが、その分、訪れる人の少ない穴場です。  まだ、試したことはないのですが、シュノーケリングにも適しているという話を聞いたことがあります。

  • 石垣島の風景(8)平久保崎

     石垣島の北東部に細長く突きだした平久保半島。その先端にある、石垣島最北端の地が平久保崎です。  ここから見下ろす海は、ただ美しいというだけではなく、日の当たる方向や潮の満ち干で変わる、もの凄く微妙で繊細な色合いをしています。  宮古、八重山の中で、他にここと並ぶ眺めというのは、ちょっと思い当たりません。  なお、高台から見下ろす場所は、現在通行禁止となっています。

  • 美ヶ原  ビーナスライン

    旅行の最終日は午前中に野辺山から紅葉の綺麗な八ヶ岳高原ラインを通り、今では無料となったビーナスラインを経由して標高2,030mの美ヶ原まで行きました。 美ヶ原高原美術館 美ヶ原のランドマーク『美しの塔』 美ヶ原牧場と電波塔、王ケ頭ホテル。 ポニーの向こうにうっすらと富士山が見えます。

  • 紅葉の八ヶ岳   白駒池と苔の森

     紅葉の八ヶ岳、白駒池と、苔の森が見たくて先日の旅行で行って来ました。 駐車場に入るのに1時間ほど待ちましたが、天気にも恵まれ、白駒池全体が見下ろせる高見石までトレッキングして来ました。紅葉の白駒池は絶景でした。

  • 宮古島の風景(10)前浜(前浜港からの眺め)

     東洋一と言われることもある、宮古島の前浜。  これまで数え切れないほどの写真を撮ってきたので、どのようにまとめてお見せするか迷っていましたが、まずは、前浜港の桟橋から西側を撮った写真を並べてみました。  同じ場所でも、潮の状態や時間帯で、これだけ多彩です。

  • あけぼの山農業公園 コスモスが満開

    三週間ほど前にキバナコスモスが満開でしたが、今度は白や紫、薄紅のコスモスが見頃をむかえていました。  あいにくの雨でしたが、夏の花ひまわりとのコラボレーションも楽しめました。 コスモスの花びらから雨粒が滴り落ちるのが印象的でした。

  • 波照間島の風景(3)日本の最南端

     正確に言えば、もっと南に無人島がありますが、人が住んでいる、普通に人が行ける場所としては、ここが最南端。  「北」と違って「南」というと、何となく穏やかなイメージですが、辺り一帯は、断崖絶壁です。

  • ひたち海浜公園   コキアカーニバル

    ひたち海浜公園のコキアが見頃をむかえました。 10月14日(土)茨城県北部の天気予報は曇りのち雨でしたが開園前から雨が降っています。9時30分開園が早くなり8時30分の開園になりました。 開園時間には雨は上がり水滴いっぱいの紅葉のコキアが見られました。 丸々ふわふわ紅々の不思議な植物です。 コスモスとのコラボレーションが綺麗です。

  • 八方尾根アルペンライン 紅葉と八方池

     10月の3連休、10日(火)を有給にして帰省を兼ねて妻と久しぶりに2泊3日で、長野県の白馬 八方尾根、八ヶ岳、美ヶ原へ紅葉とトレッキングを楽しんで来ました。  まだ写真が整理できていませんのでまずは、1日目の八方尾根アルペンラインと八方池の様子を投稿しました。  ゴンドラ・リフトに乗っているときは天気予報に反してどんより曇り空でガックリでしたが、八方池に着くと見違えるような天気になりました。白馬

  • 西表島の風景(7)星砂海岸

     西表島のほぼ最北端に位置し、島内では数少ない「人が泳いでいるビーチ」です。  遠浅で、干潮時には歩いて沖まで行けそうな海ですが、シュノーケリングポイントとしても有名です。  名前の由来となった「星砂」は、よーく見ると、チラホラ混ざっているみたいです。

  • 来間島の風景(6)長崎浜とタコ下

     来間島のビーチといえば、長間浜が有名なのですが、南東側の小さな長崎浜も、なかなか捨てがたいものがあります。  通称「タコ下」は、タコのオブジェがあるタコ公園の下の方にあるビーチで、岩に囲まれた天然のプールのようです。

  • あけぼの山農業公園 キバナコスモスが満開

    週末の土曜日、秋晴れの良い天気で近くてお気に入りの場所の一つ、あけぼの山農業公園に行ってきました。 桃色や白色のコスモスの花が咲く前に、黄色や橙色のキバナコスモスが見頃を迎えています。 アゲハ蝶、ミツバチ、トンボなどが花の周りを飛んでいました。 風車とメタセコイアとキバナコスモスの景色が綺麗です。

  • 伊良部島の風景(6)三角点とイグアナ岩

     伊良部島の北東側は、数十㍍の断崖が続き、フナウサギバナタやサバ沖井戸の展望台からは、絶景が臨めます。  それ以外にも、フナウサギバナタ展望台の1.5㍍ほど手前に三角点、その少し先にイグアナ岩と呼ばれる、絶景ポイントがあります。  ただ、この場所は、とても見つけにく、駐車場はおろか、大した目印もありません。また、足場も悪いので、行かれる場合はくれぐれも気を付けてください。

  • 雲の平 日本最後の秘境 標高2,500mの溶岩台地

     シルバーウィークの後半、9月22日(金)に会社を休んで23日(土)と24日(日)の週末を利用し3連休としました。  山登りの友人から『「雲の平」という場所が日本離れした綺麗な景色で良いそうだよ』という情報をもらい、いろいろ調べて見るうちに、「標高2,500mの溶岩台地」「日本最後の秘境」などの言葉に惑わされてしまいました(笑)、というわけで21日(木)会社の終了時間とともに近くに停めてあった自家

  • ホテイアオイと蕎麦の花  奈良

    先週末、奈良に寄って橿原市のホテイアオイと桜井市の蕎麦の花を撮影してから神戸に向かいました。 ホテイアオイがこんなに沢山咲く場所は全国でも少ないと思います。 ちょうどホテイアオイも蕎麦の花も満開で、多くの観光客やカメラマンがいらっしゃってました。 全身むらさきの体に黄色い大きな目玉の、エイリアンのような面白い姿をしています。 毎年、近所の小学校の生徒さんが7月になると休耕田にホテイアオイを植えつけ

  • 宮古島の風景(9)花咲乱れる東平安名崎

     隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落である東平安名崎は、白百合以外にも様々な花が咲き乱れる楽園です。  背景となる、これまた美しい海と共に、旅情をかき立てます。

1 2 3 4 5 ... 12