• 関宿 滑空場

    「滑空場」て何? 聞きなれない言葉ですよね。 グライダーの飛行場です。野田市の江戸川の左岸の河川敷にあります。 単発のプロペラ機に「曳航」されて砂煙をあげながら離陸していきます。 繋がれているワイヤーが見えますか? 2,000m以上上空まで引き上げられます。 ワイヤーが切り離されると、自由な鳥のようになります。 青空に白い機体が綺麗です。 数分後、滑空場に戻ってきます。 着陸後の移動はこんな感じで

  • 伊良部島の風景(1)伊良部大橋

     全長約3.5㎞。無料で通行できる橋としては、長さ日本一。宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋です。  開通以来即、宮古観光の目玉となっています。  眼下の海が美しいのはもちろん、カーブしていたりアップダウンしていたりと、橋自体が絵になります。  東西方向に掛かる橋なので、条件によっては、朝日夕日も美しい新名所です。

  • 1月の風景

    北海道の朝日寒い冷え込む朝は-15℃今年の大寒波の時はなんと-22℃! 経験したことがない寒さで調子を崩しつつも何とか復帰、氷点下の冷え込む晴れた朝の美しい風景、今日はどんな風景が見られるかな。 遡って1月に撮影した風景です、ハンノキと郊外の畑(冬は雪原) ガガイモの鞘とツル(霧氷) 雪原にナナカマド 細かい足跡はタヌキの足跡、1列に並んだ歩幅が広いほうはキタキツネの足跡 右エゾユキウサギの足跡、

  • 開田高原 木曽馬の里 雪の放牧

    西日本を中心に大雪が降りました。 単身赴任で、帰省からの戻りに木曽馬の里に行ってきました。 1月にも大雪が降った後に行きましたが、低温のため雪上の放牧は見送りになりましたので今回リベンジです。 御嶽山こそ望めませんでしたがまずまずの天気で木曽馬の元気な様子を見ることができました。

  • 下地島の風景(2)通り池と帯岩

     通り池は、一見ただの水溜まりですが、地下で海とつながっている不思議な名所です。西向きにあるので夕日も綺麗。木が鬱蒼と茂った入り口の雰囲気も素敵です。  帯岩は、この巨大な岩石が明和の大地震で打ち上げられたというから驚きです。以前は、伝説ではないかと半信半疑でしたが、3.11以来信じるようになりました。

  • 下地島の風景(1)今は幻?下地島空港のタッチ&ゴー

     下地島と言えばこれ。下地島空港で行われる離発着訓練。  それは美しい海を背景に、ジェット機が轟音をとどろかせて、次々と目の前を通過して行きました。  JALが先に撤退し、ANAが撤退してから早3年。今は、小型のプロペラ機が細々と訓練を続けています。何時の日か、かつての光景が復活するよう、願わずにはいられません。(写真は、H25年以前のものです。)

  • 多良間島の風景

     宮古島と石垣島の間にある多良間島。宮古郡に属し、文化的には宮古です。  これといった観光資源がない「何もない島」ですが、沖縄らしいコーラルブルーの海に囲まれた、山坂のない平坦な島。自転車で散策するのが気持ちいい島でもあります。

  • 菅平高原  今シーズン初滑り

    今週末、会社の同僚二人と信州菅平高原スノーリゾートへスキーに行ってきました。 ここ2週間から3週間ほど連続して降雪があり、積雪もたっぷりで粉雪、天気も良く 空気も澄んで最高のコンディションでした。 青空と白銀のコントラストが最高です。 青空と霧氷 ゲレンデ一望 搬器の向こうには北アルプスの山々が見えました。 S氏 K氏 私

  • 白根山

    白根山へ行って来ました。 確か11月15日頃から冬季閉鎖になるルートです。 ギリギリ閉鎖2日前に間に合いました。 山の上は溶岩がゴロゴロ 山の上はもうすぐ冬です。 白根山は活火山なので 今は頂上近辺は車の停車、乗降は禁止されています 車窓から景色を楽しみます。 ちゃんと監視のおじさん達が目を光らせてますよ 中腹からは乗降オッケー! 今年初の雪です。 とにかく空は近い 空気も澄んで 素晴らしい絶景

  • 石垣島の風景(7)川平湾・川平公園

     八重山を代表する景観地にして、ミシュラン三ツ星の観光地である、石垣島の川平湾。とても美しい海ですが、写真で表現するのは意外と難しい、不思議な場所です。  こちらも併せてご覧ください。(1月24日更新)

  • 雪の碓氷峠

    土地勘のある会社の同僚に案内してもらって群馬県の横川・碓氷方面に行ってきました。 メインの見所は明治26年〜昭和38年まで使用されていた、旧国鉄碓氷線に架かる、レンガを200万個以上使用した国内最大(長さ91m高さ31m)の4連式鉄道橋「碓氷第3橋梁(めがね橋)」で、京都南禅寺の水路閣と並び二大レンガアーチです。 前日の午後から日本海側を中心に雪が降り新雪が積もった見応えのある雪景色となりました。

  • 石垣島の風景(6)浦底湾沿岸

     ここは、観光地としては無名と言ってもいい穴場です。  石垣島の北側、シュノーケリングで有名な米原海岸と、以前ご紹介した吹通川の間辺りの浦底湾に面した海岸です。  県道沿いに車を走らせ、海に出られそうな小さな道を辿っていくと、こんな穏やかな海が待っています。  こちらも併せてご覧ください。(1月20日更新)

  • 2017 今年のおせち 洋風おせち・・・

    去年も洋風だった。このおせち料理ってどうよ。 今までは恒例の 田舎帰りで田舎のおせちにお世話になっておりました。はい、怠慢ですわ。ほんで家でおせちをということになったら いつも頼みます。それも洋風です。田舎のおせちはもちろん和風ですが、煮豆とかえびとか、かずのことかはあまり変わりませんが、洋風は 肉肉肉です。とり肉 牛肉 その他 肉が入ってる、かまぼこの代わりにハムとか 肝系の重ね合わせたものとか

  • 石垣島の風景(5)玉取崎展望台

     石垣島の東側。白保よりは少し北側になります。展望台といってもそれほど高いわけではありませんが、眼下の美しい海に、ハイビスカスが文字通り花を添える絶景です。  東向きなので、頑張れば海から昇る朝日も拝めます。 こちらも併せてご覧ください。(1月15日更新)

  • 犀川の白鳥 雪よりも白く

    開田高原の木曽馬の里に寄った後、もう一箇所雪化粧になると行きたいところがありました。 年末に続き、今シーズン2度目です。 時間が遅かったため飛び立つシーンは見れませんでしたが、息のあったダンスを披露してくれました。 シンクロしています。

  • 開田高原 木曽馬の里

    強い寒波に覆われて週末はあちこちで大雪が降りました。 用事があり帰省していましたが、戻る途中で開田高原の木曽馬の里へ寄りました。 雪の中の放牧をイメージしていきましたが、気温が冷えすぎて本日は放牧できないということでした。 少々残念でしたが、馬の体調管理ということで納得。 誰もお客さんのいない厩舎で、独りの撮影になりました。 胴長、短足ですがトルクがある馬です。 日本人にとっては親しみのある体型で

  • 竹富島の風景(5)伝統建築と白砂の道

     重要伝統的建造物群保存地区である、竹富島の集落。平屋、赤瓦の屋根、間口は南向き、塀は珊瑚石灰石の野面積み等々沖縄の伝統を守って家が建てられています。  道には、これも伝統にのっとり、海から運んだ白砂が撒かれています。闇夜に、地を這うバブを見つけやすくする工夫だったとか。 こちらも併せてご覧ください。(1月11日更新)

  • 冬の星座*

    寒い日が続くけれど 冬の良さは星空がきれいなこと 中央高速で見た光景です Copyright © 2017Yoshiko Takatsuka. All rights Reserved. 無断転載を禁止致します

  • 葛西臨海公園 夕景

    きのうの午後から今日の昼過ぎまで雨が降っていました。 昼過ぎからようやく天気も回復し、良く晴れましたので久しぶりに 東京江戸川区の葛西臨海公園に行ってきました。 綺麗な夕焼けを見ることができました。

  • 石垣島の風景(4)名蔵湾のマングローブと夕景

     石垣島の西側、名蔵川が作り出した広大な干潟、名蔵アンパルが広がります。  名蔵アンパルから海に飛び出したマングローブは、国道からもよく見え、格好のドライブコースになっています。  また、西側にあるので、条件が整えば、マングローブが夕景に花を添えます。  こちらも併せてご覧ください。(1月6日更新)

1 2 3 4 5 ... 7