• <1年生は5人>

    団地内の<館小中学校の学校便り>を見ていたら・・今年度の小学校1年生は男子5人~女子はゼロ・・ 過疎地の小学校並みにびっくりした・・24の瞳より少ない・・ 2年生・15人~3年生・14人~4年生・16人~5年生・21人~6年生・26人の合計97人・・ 隣接地域の小学校では、マンション・建売住宅の建設で生徒の増加で増築中・・ 数年前から学区域外への通学が認められたので・・少人数に懸念する親の意向で隣

  • <昼休み合唱団>

    館中学校・吹奏楽部・昼休み合唱団の<第14回定期演奏会>奏でられた。  小規模校のハンデを乗り越えて・・某大会で<金賞>を取った、楽部だそうです。  我が家の外孫は、同じくらいの年齢なので・・興味をもっていました。  小生は、歌うことも楽器を、奏でることも苦手です・・鮮やかに<ラッパ類>を操作する子供たちにはたまげた。  第2部で<楽器紹介>・・ * フルート       * クラリネット * ア

  • <6年1組>

    弘前の孫娘は小学校6年生です。  正月と夏休みに上京しますが・会話が噛み合わない・・ 小生は、昭和28年3月卒業の6年生~64年前にタイムスリップして、教室の後方に座り<算数>の授業を眺めました。  生徒は20名弱の少人数・・先生が一人一人にアドバイスしながら・歩き回っている。  回答ができた子供から、答案用紙を提出・・ 同窓会の名簿を確認したら・・小生のクラスは総勢58名~3倍の人数・・ 教える

  • <学校公開・展覧会>

    近くの<館小中学校の学校観察会~展覧会>を、覗いてきました。  子どもたちが中学在学中に行ったかな?30数年ぶりに子供たちの授業参観でした。  昭和は遠くなりにけり・・まさしく<浦島太郎>の、風景でした。  <習字や絵画>は、変わっていないが・・手作りの作品等は、アナログ時代の古参兵には、理解できない物もありました。  我が家の外孫たちは・・青森県弘前市在住なので<運動会や展覧会>は、参加したこと

  • <館中学校合唱祭>

    昨日は、中学校の体育館で<合唱祭>が、開かれた・・ <合唱祭>を覘くのは初めて・体育館に入るのは・子供たちが通学していた時から30数年ぶり・・ 会場は、父兄や近隣の住民で満員・・熱気にあふれていました。  1~3年生5組の小規模校ですが・・各クラス猛烈に練習したらしく迫力に満ちていました。  休憩後<吹奏楽部>の迫力ある演奏には・・つられて手拍子・・場内も一体になり盛り上がっていた。  12日に投

  • <給食試食会・・>

         昼食は、団地内の<館小中学校>の給食を、いただきました。 小生の小学校時代(戦後間もなく)・・給食は<脱脂粉乳>主食は、家庭から持参?? その後に<コッペパン>に変更になった。 当然ですが・・世の移り変わりに・・豊かな国になったのか?? 食事の内容はHPより拝借しました ・・    給食室より】 2016-09-30 15:33 up! 9月30日の給食は、 ・ご飯 ・白身魚の香り揚げ

  • <小中学校の給食>

    <9月2日> <9月4日> <9月5日> <館小中学校>のHPを、開いていたら毎日の<給食>が掲載されていた。  育ち盛りの子供たちですから<栄養士さん>を中心に工夫されています。  <9月1日の給食>・ ・クッパ ~揚げカムジャ ~厚揚げの中華炒め ~牛乳 です。  揚げカムジャのカムジャは韓国語で、<じゃがいも>  < 9月2日の給食> ・・マーボー丼 ~もやしスープ ~かえり煮干しの胡麻がら

  •  <笑顔・笑声>

      <屋上に学校のモットー>  <裏門脇の掲示板>   <館の絆・・>   <アンケート統計・・> 館小中学校の <学校便り他>の文書が <中学校前のバス停前と裏門>の2か所の掲示板に・・風にも負けないようにしっかり< ラミネート>されて貼られています。 時々バスから降車後・眺めている人もいますが・子供のいない方々の多くは残念ながら無関心です。 館小中学校では、<笑顔笑声>を校訓とし・・ 教育目標

  • <過疎地??の小学校>

    八王子市郊外の我が団地では<少子化~若年者の都心回帰>で、極端に子供が 少なくなり、小学校2校+中学校が統合され <小中学一貫校>になりました・・ 小学校は2校合わせて6~7クラス??が、僅か1クラスになり寂しくなりました・・ 午前中校庭を除いたら5年生位??がサッカーの練習をしていました・・ 男女別々で練習形式~男子は5人対5人・・女子は6人対6人??広い校庭を持て 余していた・・ 通学の利便等

  • <八王子市立館小中一貫校の校訓>

    <八王子市立館小中一貫校の校訓...   <校歌>と言わず~愛唱歌です... 団地内の一貫校の <校訓>は <笑顔~笑声(えがお・しょうせい)>です。 学校の教育目標は 1・ 高める自己    (確かな学力を定着させる) 2・ 輝く笑顔      (夢と希望を持たせ、豊かな心を育成する) 3. あふれる元気  (健康と体力を増進させる) 東京郊外のマンモス団地は <少子高齢化の見本>で、小学校の統

  • <見送り三振>より<空振り三振>

      <見送り三振>より<空振り三...   館中学校前のバス停で降車すると目の前に中学校の掲示板がありました。 <タイトル>の校長先生の<2学期始業式の講話>が貼られていました。 2学期をスタートするに当たり、今日は <見送り三振>より <空振り三振>をということについて考えてみたいとおもいます。  私は同じ三振でも <見送り三振>する選手より <空振り三振>をする選手が好きです。 ボールを見送っ

  • <小中学校の標語・あいさつができるといいな>

    <高齢・少子化>の影響で、団地内の<館小中学校>は、9学年各1クラスの小規模学校です・・ 昔日の面影もなく昨日の運動会も生徒・観覧者少なく寂しい限りでした・・ 学校周辺に生徒が考えた<多数の標語>が、ぶる下がっています・・ 1・  人みつけ先にあいさつ自分から 2・  あいさつで広げてみよう地域の輪 3・  あいさつは心と心をつなぐ糸 4・  あいさつができるといいなだれにでも 5・  笑顔で元気

  • <笑顔が戻った>

    今日の朝日新聞の朝刊に小生の居住する<館が丘団地>の<館小中学校>が紹介されていました・ 全校生徒約270人・全学年1クラスの小規模項です・・ 30年位前我が家の子供達が通学した頃の中学は1学年5クラスのマンモス校・・ 子供たちの巣立ち残された親所帯が大半の<高齢化団地>に、なりました・・ 首都圏は一極集中で人口が増えていますが、郊外の当団地は過疎化が進む日本の縮図のようです・・ 2300所帯人口