• 考えることと思い出すことは違うよ

    国語は、よく思考力と言われますが、そういわれてキョトンとする高校生のなんと多いことか、、。 本を沢山読んでる割りには国語の点が今一、また波があるという君❕ "考える"こと"思い出す"と一緒に捉えてないか? あの映画つまんなかった、、とか、母さんに怒られた、、ちっ、、とか。 人は、日々の生活の中で、ほとんど"思い出して"いるんですね。

  • 心は頭にあるの?

    受験生諸君! 自分は頭が悪いから、、なんて言ってませんか? 頭=脳ミソ=受験対応策 なーんて思い込んでる君! とんでもないバイアスが思考にかかってるぞ! まず、頭は紛れもない身体の一部なんです。 身体全体の機能性を上げて行くことを意識しましょう まぁ、規則正しい生活リズム、切り替えスイッチ、身体機能全体が上がることによって起こるとてつもない集中力などです(^_^;) 日本の入試は、主に処理能力を測

  • 親を説得する。友達と情報交換する。

    入試というと机にかじりついて、、と思いがちですが、まわりといかにタッグを組むかが重要です。 そうはいっても友達なんか、見渡してもいない!という高校生は多いと思います。 しかーし! 逃げ腰ではよい結果につながりません。 また、18もしくは19の人生のイベントの1つとして捉え、自分から周囲に働きかけていきましょう。 頑張れ受験生(’-’*)♪

  • 下を向いてる暇はない

    一般入試諸君(^_^;) 少々厳しいようですが、今から入試本番までの半年あまりにどれだけ受験の"カラダ"に持っていけるか、に合否がかかっています。 "アタマ"でなく"カラダ"です。漢字でかくと"身体"、、。 カラダをしっかり動かす体育系の部活をガチでやってた人たちが半年で偏差値上げて行く理由は、そこにあります。 2000字以上の文章を書かせるべきという持論は、ひとまず置いて入試問題対応策に徹してい

  • 高校生DQN

    何だかここ数日DQNネタばかりになってきた感があるが、皆さんにも 起こり得る事だと思って読んで頂ければと思います。 ある日の朝、通勤のための電車に乗りこもうとすると、気のせいか いつもより若干混んでいるような気がしました。 トラブルなんかでダイヤが乱れているわけでもなく、通常運行なのに なぜ? 使う電車も、乗る車両も、利用するドアも毎日同じなので、話もすること の無い全くの他人とはいえ、見慣れた顔

  • 現代文と古文は同じ能力をきかれています

    センター試験対策続き 日本の大学入試では、求められているものを的確に把握しておかないと、大量の無駄とも言える努力をしてしまいます。 現代文でも古文でも論理的思考による客観的な読みを求められています。 文脈にそって読むとは、すなわち 1 対立を見極めれる 2 類型を見極めれる 3 媒介を見極め、どの次元、方向に持っていこうとしているかを客観的に見れる 以上の能力です。

  • センター試験対策~✴古文~✴

    古語の覚えかた 古文も現代文と同じように論理的な読みを要求されているのですが、 古語で訊かれるのは、その言葉が文脈の中でマイナスか、プラスの役割かどちらを果たしているかです。 さて、文脈とはなんぞや。 現代文でも同じく要求されている、論理的に読むとは、 次回に続きます。

  • センター試験対策~✴古文~✴

    センター試験の古文で求められているのは、直訳ではなく意訳。 20分の間に文章を読み選択肢を選ぶのですから。 何と何が対応しているのか、文章の中において、また、文章中と選択肢の間で、その見極めの練習です。 本番までに、サクサク選べるようにします。 この『サクサク選べる』というのが大事です。 センター試験は、時間制限がポイントで、受験生は、いわば"処理速度"を測られていますから。

  • センター試験対策~✴古文~✴

    古語を覚える 古典常識を知る 文法をやる 古典の勉強をこの3つとして、取り組んでますか? センターで点をとるには、この3つというよりは、、。 本を読むことと、国語の試験で点数をとることが違うように 古文でも実は、論理的思考にそって客観的に文章の内容を読むことが求められています。

  • センター試験

    センター試験では一定のスピードを要求されます。処理能力として。 集中力とは何か、それさパニックにならない力です。  差をつけるための試験なので、パニックになるような仕掛けがあります。  落ち着くことからはじめよう。

  • 時空を超えて

    👵「クリームチーズとヨーグルトで作ったの。召し上がれ。」 👵「記述問題の感想をきかせて。」 👩「一回目が『日本の庭にて』、2回目が『日本人の微笑』からでした。」 👨「『日本人の微笑』は、難しかったです。明確には、書かれてないことについてハーンの考えを書かないといけないので苦労しました。」 👩「私も同じです。それに今の日本人とは大分違う気がします。まるで外国の話を読んでいるようです。」 ?

  • お茶にしましょう☺

    👨「美味しいです。」 👵「旅行は楽しかったの?」 👩「山口 津和野 松江 を見てまわりました。楽しかったです。留学する前にいろんな所にいくつもりです。」 👵「高校になったら留学する予定なのね。」 👩「インターナショナルスクールの同じ学年に日本人がいます?」 👨「えーと、学校で日本人は僕だけです。以前先生に一人日本人がいたけど、今はいません。」 👵「八雲は、西欧人でありながら日本の本質

  • 熱戦と蕎麦

    まだまだ、暑い日が続きます。 甲子園の熱戦も目が離せません。高校生の受験勉強も正念場となってきました。 手打ち蕎麦に挑戦してみました。 食べてみて、蕎麦を美味しく打つのは難しいということがわかりました。 熟練の技の上に、のど越しの良い風味に満ちた美味しさがあるのですねぇ。

  • 町を救うには

    👵「三人とも記述の問題をやった感想を聞かせてくれるかしら。」 👨「第七問が印象的でした。」 👵「物語の最後で『幾年も経たずして、その下の町は亡ほろびて、失なくなってしまいました。』とあることに、町がなくならないためにどうすれば良かったかを記述する問いね?」 👩「私は、なぜ年寄り夫婦が鬼のような心持ちになったかという問いが難しかったです。」 👵「第六問ね」 👧「私は、一枚目が難しくて、二

  • 同じ物語を読む

    👵「美味しい御菓子をありがとう。順番に自己紹介しましょうか。」 👨「ご馳走になります。中学二年生です。毎年夏休みは、日本で過ごします。インドネシアのインターナショナルスクールに通ってます。」 👩「中学三年生です。高校生になったらイギリスに留学するつもりです。学校はカソリック系女子高です。」 👧「小学校三年生です。先月の課題図書で赤い蝋燭と人魚を読みました。よろしくお願いします。」 👵「柿

  • 美しい心

    🐦キンコン🎵カンコン🎶 👩「こんにちはー😃✨」 👧「こんにちはー😃」 👵「あら、いらっしゃっい」 👩「九州に旅行に行ったお土産をお届けに寄りました。」 👵「まぁ、嬉しい。ちょっと一息入れたかったところよ。お茶にしましょう。」 👧「あっ🎵『赤い蝋燭と人魚』のお話だ。」 👵「ちょうど今読んでるところなの。」 👧「人魚が"獣"のように扱われて手押し車に乗せられてしまうところが

  • 教室✨実況中継 ~赤い蝋燭と人魚~

    👨「毎日暑くてかないません。」 👵「確かに今は一年で一番暑い頃ね。ただし、一番暑いということは、あとは涼しくなるばかりということ。」 👵「冷たい紫蘇ジュースでも召し上がれ。」 👨「ちょっと酸っぱいけど紫蘇のいい香りがして美味しいです。」 👨「ついでに何か涼しくなるような話が読みたいです。」 👵「そうねぇ。小学校3年の課題だけど『赤い蝋燭と人魚』を読みましょうか。」 👨「人魚の話と言っ

  • 受験について

    この春、研究職としてニューヨークに旅立ったOくん。 彼は中学受験で希望の学校に通ることができませんでした。 高校受験で同じ私立男子校を受けて合格したのですが、 「中学受験がうまくいかなかったのは、あの時まだ自分が成熟してなかったからだと思います。」 と振り返っていました。 ☺

  • 可能性を開くには

    子供は、当たり前に"生き物"であって、入力すれば出力できる機械ではないんです。 こうすれば点数があがります!点数を上げさせます!といった宣伝があります。 特に国語では怪しい方法論が声だかに宣伝されています。 そこで、一番問題なのは機械のように子供を見ていることです。 その中で、自分を壊れた機械のように感じている子供たちは多いです。 例えば暗記は苦手といった場合も興味のあることだとどんどん覚えて、自

  • 風通しの良い人と話す

    成績を上げるには? 結論から言えば、風通しの良い大人と話すことです。 世の中を広く見ていて、言ってることに一貫性があり、対話できる大人と話をしてるうちに自然と自分のやるべきことに確信が持ててくる。 小さな失敗に囚われることなく努力することができるようになります。 勿論お父さんお母さんでもその役割が担えます。 ただし、"定期的"に話すことが秘訣です。 一週間に一回2時間くらいが目安です。 小学生~高

1 2 3