鳥のムラゴンブログ

  • ラッキー君

    埼玉県上尾市の天気は晴れ、最高気温は27℃で5日ぶりに快晴ですね。 今日はリハビリは休みですが、介護施設の担当者の方と今後についての面接があります。 介護福祉の仕事は私には合わないので辞めようと思います。 セキセイのラッキー君 我が家のラッキー君はアイリスリング(白目)が出ない珍しい品種なので怖い顔にならない可愛い小鳥です。 首と胸元に薄っすらと黄緑が入っていて魅力的です。 ルチノーではないので黒

  • セキセイの産卵

    埼玉県上尾市の天気は曇り、最高気温は22℃の予報です。 今日もリハビリです。湿度が高いのでこの気温でも動くと汗ダクです。汗かきは困りものです💦 我が家のミサキ君とクウちゃんペア 仲良しです 立ち位置入れ替え まだミサキ君 幼いので目がクリクリ 6/5・6・8・11に産んでおります 元気に孵ってきてね❗️ 朝日が昇ってきました。 希望の朝だ⁉️

  • 第2話 にぶんのいち

    ーー ーーーー・・・数十年後。 「失礼。少し酔いをさましてきます」 俺、マイケルは仕事相手になるかもしれない連中にいやけがさして、バルコニーに向かった。 華々しい音楽と虫の鳴き声がわずかに聞こえる、バルコニー。 そこに、グラスを持った体の大きな黒人がいた。 明かりと暗がりのところにいるその黒人の側に行くと、 「やぁ、ロブ」 と、俺は声をかけた。 「ん?ああ、マイキー」 ロブは俺を、マイキーと呼ぶ。

  • レインスーツ

    埼玉県上尾市の天気は曇りのち雨、最高気温は19℃と肌寒いですね。 今にも雨が降りそうな天気ですが開店を狙いディスカウントストアへ行ってきました。 狙いは雨合羽❗️ ブログ仲間のつきのわぐまさんから、3,000円位との情報を頂いていたので予算は3,000円。 店内には雨合羽コーナーがあり、色々な価格帯の商品が陳列されていました。 情報通り3,000円の品が中心となっていました。 価格が高い物はカラフ

  • 海藻を食べるスズメ

    日本で見られるスズメは「スズメ」と「ニュウナイスズメ」。 ハワイで見られるのは、ユーラシア大陸由来の「イエスズメ」。 イエスズメのオスは、アゴの部分が黒く、メスは薄茶色。 ハワイのイエスズメは海藻も食べるようです。 磯場に飛んで来たオスのイエスズメをよく見ていると... 岩についた海藻をついばんでいました。 カロリー低くて健康的。 ミネラル補給にもなるのかな。 昨夜、ワイキキの海で不定期の花火があ

  • 栗・栗・栗 Chestnut munia

    Waiāhole Beach Parkに行った際にキンパラ(金腹)がたくさんいました。 英名Chestnut munia, black-headed munia。 草むらの隙間にピントを合わせるのはマニュアルで。 白いクチバシが不思議なバランス。 和名キンパラよりも英名Chestnut muniaと呼ぶのが好き。 クチバシの白い部分は、栗の上部先端の白っぽくなっている部分を想像させます。 ====

  • アスカという朱い鳥

    雨の日、 一羽の白い鳥がふと、 自分はなぜ白いのだろうと思いました。 空の色はこんなにも 日ごとさまを変えるのに、と。 そして雨は続き、 白い鳥は思い出します。 私は朝の空の色が、 一番好きだ、と。 雨は夜のうちに止み、 地面には朝の香りと 水たまりがあります。 水たまりに映った朝焼けを見て、 白い鳥は思います。 なんて素晴らしいことだろう、と。 この水を飲んだら、 きっと私の羽色は朝焼け色になる

  • モフ毛と撥ね毛とモンキーポッド

    道を歩いていると頭上から鳥の気配を感じ、 見上げてみるとシロアジサシがいました。 まぶしい日差しに目を細め くちばしにモフ毛をつけ 肩の羽根が撥ねていて とっても可愛いシロアジサシでした。 ================ OharuArt Photography Oharuart.com  ================ 写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu

  • 鵯(ひよどり)

    これはヒヨドリ、漢字で書くと鵯。 毎日、団地の中で見かける鳥だ。 ふと思う。 彼らの世界にも面倒なことがあるのだろうか。 気がかりなこと、心配なこともあるだろう。 だけど、高みに止まって、地上を見下ろし、 自由に空を飛びながら生きている。 そんな世界がまぶしくなる。 人間世界は実に面倒くさく、生きづらくて、 ふと、かばんを捨てたくなる。

  • シロアジサシ祭 イオラニ宮殿ホノルル

    ホノルル市の鳥として定められているシロアジサシの認識を高め知識を広める一環として、Manu o Ku Festival(シロアジサシ祭)が今日(5月18日)イオラニ宮殿で開催され行ってきました。 イオラニ宮殿の建物の中ではなく、敷地内の芝の上にテントを立てた形で会場が設置されていました。 お昼に行くとたくさんの人で賑わっていました。 子供向けの内容かなぁと思ったのですが、どちらかと言えば大人向けで

  • 小鳥マンション

    埼玉県上尾市晴れ、最高気温は24℃の予報です。 隣町まで小鳥の餌を買いに自転車で行って来ようと思います。 またケージを購入 HOEI 21 デラックスです。お気に入りです。 小鳥マンションが完成しました。 この規模で個人的に楽しもうと思います。

  • (リアルもマビも)復活だぜ★

    8日に書いたように、 今土日仕事のために早く起きなければらなくなりました。 実は体がまだ慣れなくて、今日も先週と同じく、 ちょっと寝不足で朝早く起きるのは大変だったのです。 しかし、朝ごはんのコーヒーのおかげですっごく元気になり、 午前の仕事はなんとかなりましたwww また、きのうもう説明したけど、 ティンポーションのせいで体がとても小さくなってしまって、 マビSSを撮りたくなくなったけど、 やっ

  • カピオラニ公園 夕方の散歩

    絵の取材にコンパクトカメラを持ってカピオラニ公園に出かけました。 ダイヤモンドヘッドを中心にした風景画の材料になるものを探しながら歩いていたのですが、可愛い鳥たちが誘惑します(^-^; ...鳥観察に脱線(^-^) ハトのつがいが岩の上に 夕日に照らされて、2羽でまったり。 私の視線に気が付いた(^-^; 「何見てるのよ!」怒ってます。 池に子ガモが1羽。 1羽だけ。親の姿もありません。 たぶん迷

  • (ある事情でマビSSなし)かわいいハガキが届いた!

    今朝会社に戻ると、台湾からのハガキが届きました! 表! 裏! これは小鳥の飼い主の画家がデザインしたハガキなのですが、 先日のフェイスブックイベントでハガキがほしいと申し込んで、 本当に送ってもらいました! しかも字がすっごくかわいくてきれいでしたよ!!! せっかく送ってもらったから、 わざわざ袋に入れて、お守りと一緒に飾ってあります。 この画家のフェイスブックページは次どおりです。 中国語表記し

  • シロアジサシ祭 イオラニ宮殿

    シロアジサシはハワイ原産。 ホノルルの賑やかな街中を好んで繁殖する、ちょっと変わった海鳥です。 ホノルル市の鳥として定められています。 そのシロアジサシの認識を高め知識を広める一環として、 Manu o Ku Festival(シロアジサシ祭)が5月18日にイオラニ宮殿で開催されます。 写真展もあり、私の写真も置いてもらえることになりました。 当日は是非とも足を運び、お祭りの雰囲気を楽しみたいと思

  • 子ガモ@アラワイ運河

    子ガモの季節です。 アラワイ運河に子ガモがいっぱい。 お母さんカモの周りを元気に動き回っています。 このお母さんには子供が8羽。子育てが上手のようです。 表情も穏やかで賢そうな顔をしています。 時々号令をかけて、たくさんの子供を上手に操っていました。 子ガモたちは全部同じように見えますが、羽の色も柄も少しずつ違います。 みんな無事に育つといいなぁ(*^-^*) 同じくらい小さい子を連れた別のカモの

  • シロアジサシ(ミックスメディア)

    次の画展の締め切りが近づいてきているので、何か描かなければと焦る毎日。 案が浮かばない時は、何をしても全然浮かばない。 そういう時は単純に、展示会に関係なく自分の好きな光景を絵に描きながら、 次作を考える。。。 シロアジサシのグルーミング♡ アクリル絵具でパステルっぽく描こうと最終段階まで進めたのですが、気に入らず、 その上から油絵具で背景を塗りつぶしました。 シロアジサシの部分も油絵具で描き替え

  • アラワイ運河に訪問者?‐野鳥観察

    アラワイ運河にはたくさんのカモが住んでいます。 いろいろな種類のカモが交配し雑種だらけなのですが、 先日あまり見かけないカモっぽい鳥がいました。 普通のカモとは体のシルエットがちょっと違い、ひと回り大きくて細長い感じ。 色違いと一緒に2羽つがいでいました。 ガンの仲間? ガンの渡りで時々ハワイにも訪れると聞いたことがあります。 確認できたのはこの2羽だけ。 ガンにもたくさんの種類が世界中にあるよう

  • ワイキキ散歩

    時々、ビーチにJELLYFISHの看板が立てられて遊泳禁止になることがあります。 が、ここはハワイ。。。 固い事言わずに事故責任の下で楽しめばいいじゃな~いと思っている地元の人や 一生に一度の機会を待ち望んでこの海に来ている観光客。 遊泳禁止の看板は無視する人がいっぱい。 ビーチでボール遊びをする かわいい犬がいました。 水たまりの水を飲みに来たインドハッカのつがい。 ダイヤモンドヘッドの頂上を背

  • ★カナヘビのコカちゃんと野生のキジ★

    こんばんは。 昨日も外出しました。 まずはコカちゃん。 餌皿にスタンバってローチの投入をまっております(笑) まぁこの後はローチ投入で豪快に食べました。 いやぁローチにもワームにも感謝ですね。 最近は自分、ゴキブリにハマってまして…(笑) デュビアと言うゴキブリが欲しくなってきました。 もしかしたら買うかもしれないです(^_^;) まぁGはいいとして……(笑) 荒川にキジがいたんですが調べたら 東

  • GoProのヒヨコちゃん♡

    GoProでニワトリの親子を撮影した際に偶然撮れた1枚。 ちょっと草に隠れていますが、巨大なヒヨコちゃん♡ GoProの広角レンズで歪んだ結果です(^-^; ================ OharuArt Photography Oharuart.com  ================ 写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2019 . All right

  • キジ♂♀・春先はよく畑など人の生活範囲に現れる

    繁殖期に近づいているにか、キジをこの時期に見かけることが多い。浄水場の敷地のコンクリートの道路を歩いていたり、林道近くの畑でエサを探していたり、♂の後から♀が連れだって出て来たりと、皆さんも日本の国鳥を身近に目にしていることでしょう。いくつか、近接写になったものをアップしておきます。(PS、父の七回忌をすませました。) 最後のショットが♀ですが、かなり地味な体色で草に紛れて分からなくなるようです。

  • タシギ・四月初旬の撮り、河原の端の水たまりで

    この辺では見かけるのが珍しい。冬から春にかけて旅鳥として立ち寄るタイプらしい。 冬鳥としての投稿が何件か見られたが、繁殖地はもっと北になるので旅鳥として立ち寄ったのではと、思われます。 地域によっては冬鳥として越冬、この辺では越冬している感じではなく、旅鳥としての 立ち寄り餌場なのかもしれない。営巣地がユーラシア北部となっている、図鑑では。

  • ラベルの剥がし方

    <ワインのラベルの剥がし方> 用意するもの:瓶、漏斗、湯沸かし器(熱湯)、布巾 1.熱湯を沸かす。水の量は1瓶あたり約700ml。 2.漏斗を使って熱湯を瓶に注ぐ。ラベルの少し上あたり迄。 3.1分くらい放置。 4.熱くて素手で触れないので布巾で瓶の上方を抑え、ラベルの端を剥がす。 5.縦の一辺を全て剥がす。 6.剥がした一辺を平行に引っ張り、全て剥がす。 7.剥がしたらすぐに台紙に貼る。 9.お

  • 扇風機にドレスを。

    扇風機のおめかし。 急に昼間が暑かったりしたので一足早く扇風機を出しました。 扇風機の上に早速つばきが乗るので慌ててカバーをかけました。 足がネットに引っかかって危ないからてっぺんにはハギレを縫い付けて。 取り急ぎだからレースで縛り付けて終了。 ん、なんか服着てるみたい(´∀`) これからしばらく、出来るだけエアコンを使わなくて済むように風通しのよい二階に鳥たちは移動しました。 窓を開ければ直に日

  • オオルリ♂・初見から三日、その後の様子(続)

    ゴールデンウィーク前の静かな内に夏鳥の到着を確認したいと思っていますが、とりあえず、オオルリをしっかり撮っておきたい。初見からのその後の様子をアップしてみます。樹冠、葉陰、枝上など様々シーンで姿を見せてくれています。奇麗な囀りというよりは、威嚇の鳴き声ではないかと思われる声を出して、他種と争っている印象あり。              現在のところ、この辺まで撮れています。キビタキは声を確認しまし

  • ほっぺ掻きの結末-セキセイインコ

    ナナが頭が痒そうにしていたので掻いてあげました。 換羽が終わってすぐなので艶々フワフワです♡ そこへユキが邪魔に来ました。 嫉妬するユキ。 ナナを追い払い、私を噛みます(´・_・`) そして、指の下に無理やり潜り込みます。 ユキ:「ユキも掻いて」 ユキも描いてあげると、ウットリ。 ウットリするユキを見つめ、吸い込まれていくナナ。 . . . . . . . . ! ユキ:「ちょっと!近づかないで!

  • センダイムシクイ・小さな地味な夏鳥、囀りはグー

    昨日は冷たい風で早々に諦めて帰って来たのに、今日は朝から穏やかに晴れ、風も無い。やはり、オオルリの囀りが出迎えてくれました。アカハラの声もしていました。日陰で休んでいる時、新芽の中に隠れて動き回る小さな野鳥を見つけました。センダイムシクイ、葉陰の昆虫などを餌にしているようだ。これが、もうすぐ、囀りだします。チヨチヨビィというのが図鑑的表現、聞き慣らしでは、「焼酎一杯グィー」と聞こえます。他のムシク

  • 大河っちの簡単日記♪

    みなしゃん、こんにちは! どんな日曜日をお過ごしですか? ボクはね、体調イマイチそうなしじみちゃんとマッタリしてるよ~。 なんかね、歯と首と頭が痛タタタ…なんだって。 寝てばっかりなんだなぁ💦 こんな時は…! お布団に乗ってあげるの♪ あんよをホールドガブガブしたり♪ 添い寝もしてあげるし♪ しじみちゃんの腕 どうなってるん? あ、小町姉さん来た。 わたしもー。 小町姉さんは膝が弱いから勢いつけ

  • アカハラ・こちらでは夏鳥、到着しました

    今日は天気が良かったのですが、風が冷たくシベリア寒気団の残りが日本に降りてきてるとの天気予報。確かに林道登ってみたら、風強くちょっと寒いくらい。オオルリ見つけに行ったのですが、鳴き声もしませんでした。奥の方で空腹を満たすべく採餌に忙しいのだろう。その代わりといっては失礼ですが、アカハラが初見となりました。まだ到着したばかりなのだろう、あの「キョローン・・・」という囀りはまだ、聞こえません。 夏鳥と

  • 朝の集い インドハッカ

    スズメやハトと同じくらい たくさんいるインドハッカ(英名:Common Myna)。 インドハッカの行動を見ていると、人間のよう(^o^) 毎朝、彼らはグループごとに朝礼があるようです。 4~6羽くらいのグループで集まり、向き合って朝の挨拶。 「おはようございます」 頭を下げて”お辞儀”をします。 「ご機嫌いかがですか?」「今朝は少し冷えますね」 ひとしきり喋った後、みんなで朝食へ出かけます。 夕

  • オオルリ♂♀・初見、こちらにも到着しました

    昨日、今日と良い天気に恵まれ、こちらの山々も広葉樹の新芽で淡い明るい緑で一杯になりました。昨日、オオルリの声だけは確認したのですが上手く撮れず、今日は午前中早くから林道に入りました。低山になりますが、割と崖や急峻な南向きの斜面があり、江ノ島の海が見える地形ですので、オオルリが始めて取り付く休憩の山としては丁度良い所です       ここから♀になります。 ♀が撮れたのは偶然で日陰て休んでいる時、ち

  • スズメの砂浴び ‐ワイキキビーチ

    ハワイの海は青くてキレイ。 毎日見ていますが、見飽きることがなく癒されます(*´▽`*) 風景画の取材にコンパクトカメラを持って出かけたのですが、 気になるのは鳥さん♡(^-^; 沖の岩場にスズメ。 岩についた何かを食べていました。 カニを見ているスズメさんも↓ また、ビーチで砂浴びをするスズメさんがいました。 顎が黒くないのでメスです。 小さいくぼみにハマって 羽をバサバサ 顔から突っ込んだり

  • ムナグロ(コーレア)- Weekly Banner

    私は、ハワイに住む野鳥写真のSNSグループ「Hawaii Bird Lovers」に所属していて 時々撮影した写真を投稿します。 先日撮影したムナグロ(コーレア)の写真を投稿したところ グループの表紙を飾る今週のWeekly Bannerに選ばれました(^o^)丿 これです↓ 前にも1度Weekly Bannerに選ばれたことがあり、これで2回目です(#^^#) グループ名は変わり、メンバー数は約

  • カピオラニ公園の鳥たち

    カピオラニ公園の鳥たち。 人気者、コウカンチョウ。 赤い頭が印象的ですが、声もとても綺麗。 モフモフ。羽繕い。 木の断面に小さな穴を発見。 たくさんの蜂が出たり入ったり。 蜂の穴のすぐ近くに鳩の巣がありました。 ヤシの木の葉の隙間から赤いお尻。 シリアカヒヨドリ。 シリアカヒヨドリはインドハッカよりずっとおとなしい性格。 可愛い声で鳴きます。 ================ OharuArt P

  • インコの布製とまり木

    半年ほど前にネットショップでインコの布製とまり木を購入しました。 綿製ロープに太めのワイヤーが通っていて、簡単に手で形を変えることが出来ます。 最初ユキとナナに見せた時は、派手な色で長い物に驚き怖がって、近づくことも出来ませんでした。 しばらく置いたら慣れるかなと思ってバードツリーに吊り下げて置いたのですが、2か月ほど経っても近づくことがなかったのでインコのおもちゃ箱に仕舞い込みました(´-`)

  • コーレア(ムナグロ)の旅支度

    コーレア(ムナグロ)の胸が黒くなりました。 胸の黒いコーレアを見ると「旅立ちが近いなぁ」と感じます。 昨年10月に撮影したコーレアは胸が黒くありません↓ 彼らは4月下旬頃、ハワイからアラスカへ、グループを作って約4000キロを2~3日ノンストップで海を渡って行き、繁殖し、8月頃にハワイに戻ってきます。 長距離を飛ぶために3~4月は特にたくさん食べて太りますが、 アラスカに到着した時には体重は半分に

  • ご対面

    おはようございます。 埼玉県上尾市の天気は曇り時々晴れ。気温は11℃と寒い1日になりそうです。 体調不良の原因は寒暖差のせいからで身体が付いてこれないからだと思います。 こんな時間に起きてしまったしね! 手乗りでベタベタのサクラ子とツバサを対面させてみました。 なかなかいい感じです。 ピンボケ。 この距離感。 サクラ子がツバサを攻撃❗️ 僕の勝ち! 私の負け! 仲良くしてね⁉️

  • 鳥マスコットふたたび。

    こないだ作ったのが楽しくてうめちゃんとつばきも作りました。 ちょっとずつ、夜のお楽しみにして。 (・∀・)型から作らないと、、。 ってことで、クリアファイルに説明書にあった図案を書き留めてひとつひとつパーツを作りました。 こんな感じ。 そして、うめちゃんとつばきちゃん二匹を作成。 兄弟です(^ω^) 出来ました♪ さつき、うめちゃん、つばきの行列です。 アキクサインコさんなので鼻の穴を追加しました

  • イルミネーションと桜

    昨日の夜は夜桜とイルミネーション見にいきました。 宮ヶ瀬で桜みてから相模湖へ。 夜桜です。 いつもの夜桜とはちょっと違いますが。。。 幻想的です。 イルミネーションも楽しめるし、リフト移動は簡単(^ ^) イルミネーションの桜 夕暮れ時も良かったです。 真冬と違い寒さが弱いから楽しんで歩けました。 桜は満開だったから人も凄かったです。 入場料は大人一人1000円 駐車場一回1000円 手頃なのに良

  • カピオラニ公園トワイライト野鳥観察

    夕方、カピオラニ公園へ野鳥観察に出かけました。 夕日が鳥たちを照らします。 インドハッカ(Common myna)↓ 夕方は特に、仲間同士で喧嘩している姿をよく見ます(´・_・`) オナガカエデチョウ(Common waxbill)↓ 群れで地面に降りて草の種を食べています。 チョウショウバト(Zebra dove)↓ 風が吹いて少し寒く、羽を膨らませています。 もう眠る時間かな。 ワカケホンセイ

  • 桜とお散歩

    久しぶりに写真を撮りたい!と思い 桜散歩をしました まだ蕾もあり満開とはいきませんでしたが 青空に負けず劣らず鮮やかな色を 見せてくれました♪ 突風と共に 笑 涙を流し髪もブンブン飛び回り そして極寒(* ̄ー ̄) 過酷な散歩でしたが 突風のお陰で真っ青な空になり 極寒のお陰で人も少なく 桜を見るのには良かったかな♪ 桜の他にもハナモモもきれいですね って白黒ですが白に混じって赤い色が 素敵だったの

  • ルリビタキ♂・初春、渡り前の活発な姿(縦モード)

    渡り前の初春のルリビタキ♂を縦モードにしてみたいと思います。横モードより、やや、ピンあまになりやすいですが、自分なりにばっちり撮れてるとおもいますので、あえて、やってみたいのでアップしてみます。                                                     まだ、越冬の最後の方ですが、飛び回る範囲や、飛ぶ速さ、敏捷さなどがずいぶんと増している印象を受けます

  • シロアジサシの飛行訓練

    飛ぶシロアジサシを見ていると、2羽か3羽で飛んでいることが多いです。 2羽の場合は、オスとメスのつがい。 3羽の場合は、両親と子供。 シロアジサシは、1組で1つの卵を産み育てるので子供の数は常に1羽です。 3羽で飛んでいるのをよく見ると、 1羽だけ体が小さかったり、飛ぶのが上手くなかったりして、 子供であることが分かります。 ↓上から2羽目が体が小さいので子供。親の飛ぶ姿を見ています(*^-^*)

  • クロジ♂・まだ残っていたが、採餌に夢中な感じだ

    初春はクロジが奥から出て来て、夢中に採餌に勤しむ雰囲気があり、人への警戒心も少なくなっていて、バーダーにとっては撮りやすい時期のような感じがしています。 なかなかブッシュの中から出て来ないが、今は人前でもよく採餌する姿を見せてくれる。 感謝、感謝、元気に渡ってほしいですね。♀はもっと褐色系で淡い体色だったかな。

  • カワセミ♂♀・(続)小魚咥えた♂、巣穴の中が長い♀

    今日も続けて観察写真を撮りに行って来ました。すこし、変化があり、まず♂が小魚を咥えて♀を待ってました。小魚の頭を先にして運ぶ方法は、巣穴に向かう時の特徴ですね。♀は中に居る時間が前より長くなっています。去年と同じ中古の巣穴ですが、去年は大雨で放棄したものです。今年は上手く行くと良いのですが、前回より進んでいる印象あり。                縦モードは、やはりピンあまになってしまいますが、

  • カワウ・飛び出し3コマ×2

    AF固定で9コマ/秒の連写機能がありますので、何でも飛び出しの数コマを止めて撮りたい気持ちがいつもありますが、カワウはその練習に丁度良い相手ですね。目玉がブレなけければ成功となります。 カワセミの飛翔を止めるには、まだまだ難しいのですが、カワウ、アオサギ、イソシギなどは、よい練習相手になってくれます。感謝!

  • 野鳥ブンチョウ

    カピオラニ公園の文鳥さん。 地面に降りて草の種を食べているのをよく見かけます。 ピンク色のくちばしが目立って、カワイイ( *´艸`) 注意して探すと、木の枝に止まっている文鳥さんも見つけることができます。 モンキーポッドに 仲良しの つがいを発見。 ぴったりと寄り添って、お互いにグルーミング♡ 広い公園。そんなにくっつかなくても(^-^; 「下に人間がいるね」「私たちを見てるね」 「あっちで物音が

  • 可愛い鳥さん。

    鳥さんのフェルトで作るマスコットです。 昨日の夕方に手芸屋さんに🧵糸を買いに行ったら見つけて、衝動買いしてしまいました。 持って眺めて、でも使わないしなぁとか、思ったり、でも家で楽しみたいときにいいかなぁとか。 使う訳でもないけど可愛いさに負けて結局買ってしまいました(*^ω^*) こんなキットです。 説明書に図案があったからウチの鳥さん達を作ってもいいなぁ。 家にいる時の遊びにしよう。 いい感

  • 鳥さんのふん。

    今日はサクサクっとテレビのカバーを作りました。 すぐやりたいから、手縫い派です( ^ω^ ) 放鳥中に糞が大変じゃない?って聞かれる事が多いのですが、全然(*^^*) 糞自体が小さいし、水分も思ったよりないのでウェットティッシュでサッと拭いたら終了。 そして、ある程度飛んだから大体同じ場所に止まってホケーっとしてるからおのずと糞も同じとこにあります。 飼ってみて分かったのですが片付けは案外楽です。

1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 19