• 「教諭の保護者提訴」は《一億層未熟化》への途

     東京新聞朝刊(25面)に「教諭が保護者提訴 慰謝料求め「苦情で不眠症に」行田の市立小」という見出しの記事が載っている。その内容は以下の通りであった。〈埼玉県行田市の市立小学校の女性教諭が、担任する女児の親から再三嫌がらせを受け、不眠症になったとして、両親に慰謝料500万円を求める訴訟をさいたま地裁熊谷支部に起こしたことが分かった。訴状などによると、昨年6月、女児は同じクラスの女児とトラブルになり

  • 人間が終息を迎えるときはどうしたらよいか

     東京新聞朝刊「発言」欄(5面)に「人生の最期 あり方に悩む」という見出しの記事が載っている。投稿者は、会社員・平林芳子氏(68)・(東京都大田区)との由。その内容は以下の通りであった。〈義父が脳梗塞で入院し3年9カ月が過ぎました。食事は介護が必要ですが自力でのみ込むことができ、今日まできました。私も時々手伝うと「うまい」と言ってくれ、配膳係の方から「良かったね」と声を掛けられていました。しかしこ

  • 「満面の笑み」《場末飲食店に現れた観音菩薩》

     午後10時過ぎ、チェーン店「松屋」で、320円の牛めしを食べていると、一人の若い女性客が入ってきた。食券の自動販売機を前にして、しばらく思案している。この店は、〈株式会社松屋フーズ(まつやフーズ、英称:Matsuya Foods Company, Limited)は、牛丼(牛めし)・豚丼(豚めし)・カレー・定食などを販売する「松屋」などの飲食店をチェーン展開している企業〉ということで、24時間営

  • 「学力」とは何か・《ある私立中学校の入試問題》

    ある私立中学校の入学試験(算数)に、「2時から3時の間で、長針と短針がぴったり重なる時刻は何時何分でしょうか」という問題が出された。はたして、この問題を何人(の大人)が解けるだろうか。この問題を解くためにどうすればよいか。実物の時計で確かめるのが手っ取り早いとは言え、いくら時計を眺めてみても、正確な答は得られまい。なぜなら、長針と短針がぴったり重なる時刻には、該当する目盛りが無いからである。つまり