• K君の脳腫瘍

    『お母さん。    気をしっかり持って  聞いてください。。。』 そう医師から言われて。 動揺しない親なんているんだろうか。 そんな医師の言葉を。 えっこはひとりで聞いたのだろうか。 病気の宣告なんてのは。 私も経験している事だけれど。 病状の重さに関わらず。 私は自分の事でしかなかったから。 それがたった10歳の。 自分の子供の宣告となれば。 えっこに関わらずどの親も。 『代わってあげたい』と。

  • カルマの行く先

    私ね。 絵本を書き終えてから。 なんだかおかしな絵を。 書いているんですけど。 何の意味があるのか。 わからないままに書いていました。 描きたいと思ったから描いた。 そんな感覚です。 描かなくちゃ!という。 そんな感覚でもあります。 私は画家になりたいワケでも。 イラストレーターになりたいワケでも。 ありません。 それでも。 私の中にある何かが。 そうさせていることは確かです。 絵を描かないと。

  • 夢と現実

    絵本を描くと決めてから。 かれこれ半年が過ぎました。 ようやく。 ようやく最終的な印刷が。 出来てきたのであります!! いよいよです。 いよいよ製本に入ります!! やっと形になってきます!! ところがですね。。。 ここで。 皆さんにお詫びがあります。 製本で出来上がってくるのは。 たったの1冊だけなのです。。。 (・_・、) はい。予算の都合です。。。 ( T - T ) 100冊まとめて製本した

  • こだわる理由

    前回の『発達障害といじめ』の。 記事を読んでくれた読者の方から。 こんな情報をいただきました。 大人の発達障害の方のための。 『就労移行支援施設』 *GIFTED ACADEMY* 機械やコンピューターに。 仕事を占領されていく時代に。 こんな取り組みがあったのかと。 オカンは嬉しくもあり。 その人の持つ特技を生かす。 これこそがF氏の言う。 『生まれてきた意味』 そのものなのではないかと。 そう

  • 生活習慣病

    首のブツブツの件ですが。 缶チューハイを止めたら即! キレイになりました~~~!! ホント酷かったのよね。。。 ケロイドというか。 ゾウの肌のようで。。。 自分で見るのも嫌なほど。。。 それがなんとまぁ。 翌日には赤味が消え。 2日後には元通りになりました! 缶チューハイ。。。 どれだけ悪かったんだろう。。。 糖類の過剰摂取らしいです。 もし。 これを皮膚科にだけ留めていたら。 近い将来きっと私は

  • 単なる愚痴です。。。

    今日は朝から気分が最悪💧 首のブツブツが復活して。 顔にもブツブツが増えて。 ホント最悪。。。 首のブツブツなんて。 過去最低の状態。。。 ケロイドみたいで💦💦 あまりにも気持ちが悪いから。 写真は載せませんことよ‼ しかし。しかし。 気分を盛り上げようと。 朝から動いてみましたの。 毛布を2枚洗濯。 いつも以上に掃除を念入りに。 子供会の会計処理も終わらせ。 買い物の前に銀行へ。 銀行。。

  • 長男の本音

    小学校5年生の長男くんと。 小学校1年生の次男くん。 これは何年か前の。 F氏のご家族の実話です。 次男くんが小学校へ行って。 初めての夏休み明け。 長男くんが言いました。 『学校へ行きたくない』 どうやら夏休みの宿題が。 終わっていなかったようなのです。 それを聞いたお母さん。 慌てて担任の先生へ連絡です。 『宿題が終わっていなくても  大丈夫ですから  学校へ来させてください』 優しい担任の先

  • 最近のイライラ

    ここんとこずっと。 イライラしっぱなし。 ワケわからないくらい。 イライラしててさ。 子供たちにも八つ当たりよ。 駄目な母親よね。。。 だけどなんでイライラするのか。 理由もわからなくて。 どうしたらいいのかも。 まるでわからなくて。 ますますイライラ。。。 ホルモンバランス??? いよいよ生理??? まさか妊娠?!? あ。覚えがないや。。。 何だかわからない。 得体の知れないイライラ。 考えれば

  • 登校拒否①

    数年前の今頃の話。 知り合いMさんのお嬢ちゃんがね。 『学校に行きたくない』 言い出したのよね。 当時小学校1年生のお嬢ちゃん。 学校生活が合わないの? お友達と何かあったの? 母親のMさんも。 学校の先生も。 それはそれは悩んだそうで。 頑張って登校させるように。 仕向けたらしいのよね。 だけどお嬢ちゃん。 学校へ向かうものの。 途中で引き返して帰ってくるんだって。 泣きながらね。 母親のMさん

  • 自己チュウ♡

    今日の午前中。 進級する長女の。 『家庭連絡票』なんてのを。 新しく書いていました。 緊急連絡先とか。 同居の家族とか。 学校から自宅までの地図だとか。 で。 後半になぜか。 『長所だと思うところは?』 『短所だと思うところは?』 てな欄がありまして。 私は即座に『短所』の欄に。 『自分勝手』 書いてやりました。 ホントにホントに長女。 自分勝手もいいとこなんですよ。 自分勝手というか。 ハンパな

  • 憩室炎

    3日前から腹痛がありました。 ごまかし。 ごまかし。 過ごしてみましたが。 この痛みは。 いつかの『憩室炎』だと思い。 徒歩1分の内科へ受診しました。 実は乳ガンになる前に。 『憩室炎』で入院しているんです。 『憩室炎』とは。 腸の壁に字のごとく。 小さな部屋がありまして。 普通の人はないんですけどね。 そこに老廃物が溜まって。 炎症を起こすという病気です。 かなりの激痛らしいですよ。 あ。私もで

  • アレ

    私のガンのための課題。 『目上の人を助ける』 これはF氏に聞いたこと。 私の肺の病気のための課題。 『子供を癒す』 これは私が導き出したこと。 だから正しいかどうかは。 ハッキリ言って分からない。 F氏に確認してみたけど。 『合っているんじやないですか』 F氏の授業を受けてきて。 自分を理解してきた人なら。 F氏自身が感じることより。 やってきた本人の。 感じたことが正しいと。 F氏はそう言っただ

  • 肺の病

    前回の検査結果。 何にも変わりナシ。 覚えてるかな? ガンに対してはね。 もう私どうでもいいのよ。 ホント。 聞かれたとしても。 『そうなのよ~オホホ♡』 風邪ひいてさ~くらいの。 感じでしかないの。 これマジな話よ。 私の中の気になることは。 ただ1つ。 肺の病気だけ。 『肺ランゲルハンス組織球症』 ちょっとした難病ってヤツ。 こいつは少しづつ。 ホントに少しづつ。 進行し続けている。。。 医者

  • まとめ

    途中から。 私のブログを目にした人は。 何故に無治療で普通に生活? アホかいな(ノ-_-)ノ ~┻━┻ 思うと思うので。 ここら辺でひとつ。 まとめてみたいと思います。 乳がん検診を受ける ↓ いきなり乳がんステージ4 5年後生存率30%と宣告される ↓ 治療はホルモン療法と ランマークのみ ↓ 病院はあてにならん! F氏に相談する ↓ 病気を治すには 『目上の人を助ける』 F氏にそう言われる ↓

  • kids Komacki

    本日発売の。 新潟の情報誌『キッズコマチ』 私と子供たちが載りました。 1ページもないですが。 『私の子育て』と題して。 出させて頂きました。 地方情報誌だけあって。 みなさん。 知り合いが出ていないかと。 結構よく見ていたりします。 いよいよ私の乳がんも。 知れ渡る日がやってきました。 隠すつもりもないので。 ようやく来たか~と。 そんな感じでいます。 思いっきり。 病気中心の内容です。 私のブ

  • 訃報

    小林麻央さんがブログで。 訃報を聞くと悲しいと。 綴られていました。 自分と同じ病状なら。 尚のこと。 その訃報は悲しみを増します。 けれど。 皆さんが思う感情と。 私の湧き出る感情と。 それはまるで違ってきます。 同じ病状の方々はきっと。 今の自分の病状の不安と。 今後の自分に対する不安が。 大きく気持ちを占めると思いますが。 私の場合。 同じ病状だとしても。 『どうしたらF氏を  皆さんに知っ

  • アドバイス

    アメブロの『F氏ブツブツ』 『アドバイスのあれこれ』 読んで頂くと分かりやすいです。   ↓↓↓ F氏のアドバイスをもらって。 真っ直ぐゴールへ向かえる人。 中々いないのは事実です。 私もですけどね。。。 F氏の1回だけの面談で。 ゴールへ向かえるのは。 カルマがほぼゼロに近く。 そしてよほどの精神力と。 根性と負けん気と。 優しさと包容力と。 経験と知識と。 何より自分を知らなくては。 進むこと

  • 田舎のオカン

    東京へ行って。 思い出した事がありました。 私が20代そこそこの頃。 東京のとある会社の社長さんに。 プロポーズをされたことが。 そういえばあったな~って。 その社長さんは当時。 30代半ばだったハズです。 出会ったばかりの。 結婚すら考えていない。 田舎者の小娘に。 なぜプロポーズ? 『社長さんってバカなのか?』 周りにはいない。 この奇妙な人種の存在に。 ハテナがいっぱいでしたね。 だって私。

  • もう?

    カレンダーを見たら。 来週はCT検査だったと。 ようやく気付いた私。 え? もう? まだしばらくは。 行かなくて良くない? 大量の放射線。 わざわざ浴びたくないんだけど。 あぁそっか。 主治医が移動になるから。 3月中にって。 早めたんだっけ。 『薬もいらないし  何にもしたくない!』 言い切ってしまったから。 私は主治医を安心させるために。 検査をしに行く。 お金を払ってね。 こんな患者いる?

  • 引きこもり

    長女がインフルエンザA型と。 診断されまして。 丸々1週間の。 引きこもり生活をしてました。 医者からは。 『未成年者は特に  目を離さないように』 念を押されていまして。 私も一緒に引きこもりという。 長い長い1週間を。 覚悟していたんですけど。 ところが長女。 40度近い熱を出したものの。 それは1日だけに留まり。 翌日にはすっかり平熱。 食欲満点。 なんの問題もなく。。。 なのに外出できない

1 2 3 4 5 ... 7