• 名門!第三野球部

    週刊少年マガジンに連載されていたむつ利之原作の漫画作品、又はそれを原作としたテレビアニメ。 1989年8月8日には、バンダイよりゲーム化もされた。 この漫画の実質的な続編として「上を向いて歩こう」「復活!!第三野球部」がある。 名門・桜高校野球部の三軍、通称・第三野球部の檜あすなろとその仲間たちの挑戦と成長を描いた野球漫画。 それまで、お色気ギャグマンガを中心に執筆していた作者が、初めて発表した本

  • 美味しんぼ

    原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによる日本の漫画。 『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で、1983年20号より連載中。 1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。 東西新聞文化部社員、山岡士郎と栗田ゆう子を主人公に、食をテーマとして毎回様々なストーリーが展開される。 本作品は人気を博し、のちにアニメ、ゲーム、テレビドラマ、映画化など様々なメディア展開も行なわれた。 タイトルの『美味しんぼ

  • ハーイあっこです

    みつはしちかこ作の漫画作品。 および、それを原作としたアニメ作品。 朝日新聞日曜版に1980年7月6日より長期連載され、主人公家族の成長の有様が描かれていたが、2002年3月31日、同新聞の日曜版が一時廃止されたことを契機として連載終了した。 1984年・1985年にはフジテレビ「月曜ドラマランド」にて、三田寛子・三田村邦彦主演で実写ドラマも放送された。 明るく元気な主婦あっことその夫ジュンイチ、

  • ひみつのアッコちゃん(第2作)

    赤塚不二夫による日本の少女漫画である。 1988年10月9日~1989年12月24日にわたって全61話がフジテレビ系列で日曜 18:00 - 18:30に放送されていた。 東映動画制作。 当時の講談社は、小学館の藤子不二雄に対抗し、赤塚不二夫を擁して、「赤塚戦略」を構想、この戦略にフジテレビと読売広告社が参加した。 3社が提携した「赤塚戦略」の第1弾『おそ松くん』に次ぐ2弾だった。 東映動画の関弘

  • それいけ!アンパンマン

    やなせたかしの絵本『アンパンマン』を原作としているテレビアニメ。 テレビアニメ、アニメ映画、漫画、ゲームソフト、おもちゃ・グッズなど多数の派生作品・商品が存在している。 その中でテレビアニメアンパンマンは長期にわたり放映されており、また一貫して同じ主題歌が使用されているため認知度が高い。 登場キャラクターが非常に多いのも特徴の一つで、2009年現在、全シリーズを合算すると、1500種類以上ものキャ

  • ビリ犬

    藤子不二雄Aによる日本のギャグ漫画作品、及び主人公である架空の犬の名前である。 テレビアニメ化されて、アニメの続編も存在する。 1969年に講談社の『たのしい幼稚園』・『ぼくら』で連載されていた。 その後、テレビ朝日系にて放映された『藤子不二雄Aワールド』枠内で、『ビリ犬』のタイトルで1988年7月11日から1989年3月27日にかけてアニメ化された。 放送時間は毎週月曜日19:05 - 19:2

  • 鉄拳チンミ

    前川たけしによる日本の漫画作品、加えてそれを原作としたアニメ作品。 『月刊少年マガジン』(講談社)1983年12月号より1997年2月号まで連載された。 単行本全35巻。 中国拳法をテーマとしている。 1987年、第11回講談社漫画賞少年部門を受賞。 続編として『新鉄拳チンミ』(月刊少年マガジン、全13巻、文庫版全10巻)、『鉄拳チンミLegends』(月刊少年マガジンにて現在連載中、2015年3

  • ハロー!レディリン

    英洋子による日本の漫画作品。 1986年から『ひとみ』(秋田書店)にて連載されていた。 『レディレディ!!』の続編として、1988年にテレビ東京系列にて放映。 バンダイが発売した前作の玩具が好調のため制作され、1988年5月12日から1989年1月26日まで放映。 全36話だが、実質的な最終回は32話で以降の4本は総集編となる。 前作とは放送局(TBS)も声優も変わってしまっているが、主要なスタッ

  • 鎧伝サムライトルーパー

    サンライズが製作し、1988年(昭和63年)4月30日~1989年(平成元年)3月4日迄名古屋テレビ・テレビ朝日系で毎週土曜日17:30 - 18:00に全39話が放送されていた。 甲冑型のバトルスーツ"鎧擬亜"(よろいギア)を持つ5人の少年が運命に導かれて集結し、妖邪帝王・阿羅醐が率いる"妖邪"の軍勢と戦うというのが物語の構図である。 全9領の"鎧擬亜"はそれぞれが固有のデザインと能力を有してお

  • トッポ・ジージョ

    イタリア人形劇のキャラクター。 イタリア・ミラノ生まれのネズミの男の子が主人公の物語。 原作はマリア・ペレゴ。 1988年4月27日~9月21日に朝日放送制作・テレビ朝日系列にて毎週水曜18:50~19:20に放送されたテレビアニメで日本アニメーションの共同制作である。 同年10月7日からは制作局がテレビ東京へ変わり、同じキャスト・スタッフによって『夢見るトッポ・ジージョ』というタイトルで12月3

  • 魔神英雄伝ワタル

    1988年4月15日~1989年3月31日迄日本テレビ系の毎週金曜日17時00分~17時30分の時間帯で放送された。 サンライズ制作による日本のテレビアニメ。 全45話。 シリアスで重たい物語が増えたことを危惧し、『鉄腕アトム』から続く子供が純粋に楽しめるアニメ作品を目指して制作された。 テレビゲーム的RPG風ストーリー展開に、既存のアニメの良い箇所と和のテイストを加えた独特の世界観を持ち、ロボッ

  • ホワッツマイケル

    小林まことによる日本の漫画。 または、それを原作としたOVA、テレビアニメ、テレビドラマ。 『モーニング』(講談社)で1984年から1989年にかけて連載され、単行本は8巻まで刊行された。 この作品の連載時期は『柔道部物語』と重なっており、作者の多忙などから、特に連載末期には休載が多くなっていた。 踊る猫・マイケルを主人公にした読切作品集。 先に連載されていた『マンガの描き方』に登場するマイケルに

  • 超音戦士ボーグマン

    1988年4月13日~12月21日迄、日本テレビ系列の毎週水曜日17:00-17:30に放送されていたテレビアニメ。 葦プロダクション製作の近未来SFヒーローアニメ。 放送前・放送中のアニメ雑誌などにおける特集記事では、1986年放送開始の『聖闘士星矢』の大ヒットを受けて作られた、いわゆる「バトルスーツもの」や「装着もの」(当時は「鎧もの」や「プロテクトヒーローもの」等の呼称もあった)の一作品に位

  • トランスフォーマー 超神マスターフォース

    東映動画(現・東映アニメーション)制作の日本のアニメ作品。 『トランスフォーマー』シリーズの日本においてのアニメ作品第4弾。 1988年(昭和63年)4月12日 - 1989年(平成元年)3月7日まで日本テレビで放映。 全47話。 『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』に続く和製トランスフォーマーアニメの第2弾。 トランスフォーマーの世界設定を受け継ぎながら、前作とは大幅に書き換えられた新機

  • いきなりダゴン

    日本アニメーション製作のアニメ作品。 テレビ朝日系列で1988年4月9日 - 6月25日(土曜)19時30分から(朝日放送では17時55分から)放送されていた。 全12話。 イギリスの絵本を原作にしている作品。 当初は原作に近い形の「ダゴンの冒険」も制作された。 しかし、実際のTVアニメ化に際しては、キャラクターデザインやストーリーも変更されている。 宇宙船のパイロット見習いのダゴンは仲間とともに

  • どんどんドメルとロン

    Dupa(デュパ)・なかはらまきの原作によるテレビアニメ。 テレビ東京系列にて、1988年4月5日~同年9月27日迄毎週火曜日18:00~18:25、同年10月3日から1989年3月27日まで毎週月曜日17:00~17:30の時間帯にて放送された(全54話)。 1994年~1995年頃には、再放送(朝8時台)も行われた。 精神的に若く元気な老人ロンと、彼の飼い犬で人語を解し車の運転までするドメルの

  • ドクター秩父山

    『コミック劇画村塾』等で1986年より連載された田中圭一の4コマ漫画である。 横長ワイドなコマに当時としては画期的な劇画調の四コマ漫画で、主人公が医者ということを活かしたシュールかつブラックな下ネタ漫画として一部に人気を得た。 ただし後半は医者ギャグが枯渇したのか、ただの下ネタが増えてくる。 ちなみにコミックスのカバーを外すと古本屋で買い叩かれるからはがすなと怒られる。 1988年4月3日より7月

  • 新まんがなるほど物語

    なるほど OP ED 投稿者 anitokuoped 子供向けの16ミリフィルム実写によるテレビ映画。 1988年4月2日から1989年1月28日まで全40回放送された。 前作からお姉さんとナレーターを変更した以外は内容は同じである。 実写とアニメの切り替え時のセリフは一新されて「チチンプイプイパラリンチョ なんじゃらほんじゃら ナルタン」に。 【新まんがなるほど物語】の主題歌・あらすじ・登場人物

  • シティーハンター2

    北条司による漫画作品、並びにこれを原作としたアニメ・映画等のメディアミックス作品。 1987年に『シティーハンター』としてテレビアニメ化されたのを皮切りに、テレビシリーズとしては4度のアニメ化と3度のスペシャルが放送された他、劇場用アニメ映画として3本が発表され、いずれの作品も制作にはよみうりテレビとサンライズが関わっている。 1988年4月2日から1989年7月1日の土曜18:00 - 18:3

  • キテレツ大百科

    藤子不二雄による日本の児童向け生活ギャグ漫画作品。 タイムマシンなども登場し、サイエンス・フィクション作品としての一面も有する。 発明好きの小学生・木手英一(通称:キテレツ)が、江戸時代の発明家であった先祖・キテレツ斎の残した書物『奇天烈大百科』を参考として様々な発明道具をつくり出し、その発明道具で起こす騒動を描く。 藤子アニメ作品としては初のキー局となるフジテレビ系列で、1987年11月2日に9

1 2