• 127 ドロップアウト

    これまで何度も書いてきたことやけどさ。 またさっきな、ふと思ったんや。 俺は3年前、死のうとした。ドロップアウトだ。 とにかくぼんやりとしていたこと、明日がこないというその方法がひどく「良いアイデア」にしか思えてならなかったこと、それだけ覚えている。 その時の俺は、都会も大学も絵の世界も一切知らなかった男だ。恐ろしく狭い田舎の世界、ほとんど成立していないような人間関係しか知らなかった男だ。すでに2

  • ゴミ

    はぁ。 ただの垂れ流し雑文や。 きのうのきょうで何やけど、アカンわ。内心で溜息しか出えへん。 やるしかないんや。やるしか。絵が全てなんやから。 頑張ろう。 なんで俺は昔からこんなにチキンなんやろか? なぜちょっとしたことで悩みだし、独りで勝手に緊張しだすのか? 俺はなんなんや? なぜこんな人間なのだ? 瞑想には頼りたくないので、もう今年度からはほとんどしてない。 以前よりかは雑念自体も減ってる。成

  • 緊張

    ええ。ええ。 たいへん緊張してきました。 情けなくも身体がブルっております。 ブルっているのはブルータスが原因なわけでも近々あるコンクールが原因なわけでもありません。 もちろんコンクールは意識はしているものの、もはや順位は気にしても仕方ないことなので、ドキドキはするでしょうが以前よりは眼中にありません。 特に僕の場合、男ですから、最低限の一定ラインができている絵なら後は自分次第でしかなく、着彩の順

  • 125 教訓

    好きなポケモンはライチュウ、嫌いなポケモンはピカチュウ。 どうも、ずくです。 少し前に7万ヒット突破しました。 更新は少ないですが、それでも定期的に覗いてくださっている方々、ホンマにありがとうございますm(_ _)m で。 えー。 このクソ大事な時期に更新している場合ではないのですが、先日、悪質(?)な勧誘にあったので、忘れないよう自分のメモ代わりに書いておきます。 ネット回線の勧誘です。そして僕

  • 122 孤独との闘い

    ですね。ホンマ。 夜、東京の片隅で、独りでシーンとした狭くて汚い部屋にいると、自分のちっぽけな存在っぷりを強く実感するで。 でもこういうことをブログに書けて、それを見てくれてる人がいるとか、なんて幸せなことなんやろうなと実感する。 うん。サンクス。 そういやさっきポストにすげえ胡散臭い、紙切れ一枚の求人広告が入ってたんですが、ズラッと淡々と並んでいるのが見事にぜんぶ飲食のホールスタッフか介護職しか

  • 121 クール

    頭冷えました。 ここ最近またブログで甘ったれてる時の自分を出してましたが、そのおかげで思考や合格の為に自分に足りないところを整理できましたし、自分の頬を叩けました。 これまた同時に気づいたのですが、最近の自分は明らかに切り替えが早くなっています。あくまで以前の引きずりすぎる自分と比べてですが。 でも成長はしているんだろうな、と。着彩が好きになってきたのもあるのかな。 この一年は、とても恵まれた、幸

  • 119 弱さの克服

    昨日書いたことを着彩のデッサンでも早速やっています。 構図で自ら初心者がするようなツッコミどころのあるものをし、やっていて気になってしまって非常に恥ずかしく、他人や講師の目も意識してしまい(もちろんただの自意識過剰で、他人は大して気にしてなんかいません。わかっているのです。しかし恥ずかしさからくる思い込みの弱さがモロに出て、思考が良くない方向や無駄なものに支配され、自分に負けました)、ピリピリして

  • 118 犠牲

    試験までもう時間がなくなってきました。 英語もやらないといけないのと、クソうまい高2の子や現役生たちを見ると、残りの期間の過ごし方を今一度、冷静に練らないといけません。 冬場になって、普段やらないことをやってみて失敗していく、普段以上に下手くそな絵を量産していく、というのは精神的に厳しいです。 考えて失敗をしていける最後の期間だと思うので(本来は夏場までがそうだったと思いますが、まだ実質一浪なので

  • 117 どん兵衛

    この間、コンビニに行ったとき、どん兵衛を見かけました。 懐かしいなぁ。 僕はつい、笑みをこぼしてしまいました。 どん兵衛は馬鹿みたいに何度も食べましたから、完全に味や食感を覚えています。 どん兵衛は僕の子供の時からの、晩御飯における主戦力だったのです。婆ちゃんにわけてもらって。 僕にとって、緑色のパッケージをしたどん兵衛は、思い出深いインスタント食品です。 同時に、よく独りで泣きながらどん兵衛を食

  • 116 怒り

    精神状態が非常によろしくないです。 非常に良くない。 他人だらけのこの世界で自分独りで生きる、というのはとても大変なことです。人生は大変です。 けれど、この道のりは必ず良くなる。そう信じています。 今は不安と闘っても仕方ない。 目の前の結果や物事・他人に対して一喜一憂せず、先の自分、その時の自分を想像して、毎日をちゃんと過ごさないとですね。それしかない。 自分がコントロールできるのは自分だけです。

  • 114 捨てられた人たちへ (前)

    クソどうでもいい話なんですが、学科の国語テストで「〇〇についてあなたの考えを書きなさい」みたいな形式の論文のやつがあって、何も考えつかなかったので、ヤケでこのブログのノリの文章を書いたんです。 制限の400字もオーバーして枠外に飛び出すくらい。 ワイ将、「これ論文の点数かなり良くて、他もそこそこできてるだろうから今回の国語5位以内あるんじゃね?(ワクワク)」みたいな期待と妄想を色々してたんですが、

  • 113 クソボケがああああああああああああ

    目次 ・振られ続けても ・偽物だったの? ・chase you ・天よ!!! 藝大に告白し続けます はい。 今まで公立の愛知県芸も受けるかも知れない、東京は今年までだろうと書いていたのですが、明確に、 最後まで国立の東京藝大一本で挑むことにしました。 僕の挑戦は来年度までなので、チャンスは今年度含めてあと2回ということになります。 今年藝大さんに振られても、告白は続行します。片想いは消えません。来

  • 112 きっと愛なき時代に生まれたわけじゃないでしょ、って知ってても

    割り切れないのが人間。 あー。 俺みたいなクソガキにもちょっとくらい愚痴らせてくれよ。 なんで社会が厳しいかって、そりゃそう簡単に人には話を聞いてはもらえやしないからだよなぁ。 何で勉強しないといけないのかって、そりゃ他人から自分を守るためだ。 大半の人間はやりたいことと出会えない。 そして大人になっても子供時代と変わらず、イジメが普通。イジメられないために能力をつける必要がある。 そしてそんな当

  • ベルギーチョコだよ!(はあと)

    この間、予備校の近くのファミ〇ーマー〇で「チーズチキン(税込138円!)」を店員に注文した。 店員は元気よく返事をしてくれた。 俺はその日、買った商品の中で、チーズチキンを最も楽しみにしていた。 店員がチーズチキンをレジに打ち込み、俺もその文字を確かに確認した。 ところが―― 店員がチーズチキンを忘れるというミスを犯した。 会計の時に僕は一円玉をレシート入れの中に落としてしまうトラブルがあったため

  • 111 ジャラ

    ホンマにプライベートの会話は難しい。 大人になってから友達作るの難しくなるのは、相手がホンマにこっちに興味なんかないことが分かるようになるからなのかなぁ~? みんな自分のことで忙しくて両手塞がってんもんな。手をつなげるような会話をしてみたいもんやな。 あと郵便局いってセンター出してきました。ついに10月ですわ……。 ついに、ついにって感じやな。もう後は一気。腹くくります。 目次 ・自販機 ・東京に

  • 110 平和の時間

    最初に「鳩に餌をやらないでください」と言ったのは誰なんだろうか。 8月の中旬のことだ。 予備校近くの公園、端っこのベンチに座っているとき、俺はそういうことを考えていた。 とにかく鳩のいる公園である。ベンチには人だかりならぬ鳩ダカりができていて、俺の飯をタカりにきていた。 その日は朝から山手線が1時間遅れた上に、立ちっぱなしでラッシュに挟まれ遅刻した。 更にいつも買っている予備校前の自販機で110円

  • 109 ペガサス

    一ヶ月くらい前だろうか。確か夏期講習の終わりごろだったと思う。 山手線、その電車内でのことだった。 最寄駅のホームにいた僕は、人を吐き出す電車をボンヤリ眺めていた。 車内に入るまでのこのわずかな空き時間に、僕は自分の疲れを自覚する瞬間がある。 この時の僕は自分の矮小な精神にひどくイライラしていて、だから目に映る他人に対してギスギスしていた。 いつまでも立ち尽くしていそうな自分の足を動かして、車内に

  • 108 他人を求めるな

    アカンわ。やはり着彩だ。 以前よりは確実に良くなっているが、安定しない。 良くなってきていた自分がどうやっていたのか、突然忘れてしまった感じがして、以前の自分と似たような状態になっている。大作期間で、だ。もう俺の九月は終わった。 泣くのは久しぶりだ。情けない。頭がガンガンして、すごく胃が痛い。 最低の気分だ。いまゴミ箱を靴で思い切り蹴ったらさぞかし気持ちイイだろう。同族を蹴るんだからな。 あー。

  • 107 発見。

    とりいそぎ。 前の記事で「時間があれば来月更新します」とか言っておきながら、見事に時間がなかったため更新できませんでした。 謝るのはおかしいかもしれませんが、ホンマすみません……。 更新しますとかいうもんじゃないですね。 と思ったのですが、今月の下旬終わりに5日間、休みが入るため、その期間に更新できそうです。 嘘になってしもたら、ガチすんまそん。 どうしても試験に臨む前に今一度書いておきたいことが

  • 残念ながら生きております。オ晩です。ずくです。 というわけで生存報告の更新。 もう七月が終わるとは……。 僕は現在、夏期講習中です。頑張ってます。 最近は東京に旅立つ直前の日のことをよく思い出します。 あの日の僕にとって、東京はまだ幻想でした。いえ、東京だけではなく、地元の田舎から外の世界は全てが未知のものでした。 あれがつい2年前のことだとは信じられません。それを思い返したとき、自分の変化や成長

1 2