• Linda Perhacs

    Chimacum Rain-Linda Perhacs  アシッド・フォークといえば謎の女性シンガーのリンダ・パーハクス。カリフォルニアの1943年生まれということしか分かりません。  駿河台下のレンタル屋で初めて見ました。 Linda Perhacs - Hey, Who Really Cares?

  • Prelude Contraband British Folk & Trad

    Prelude - Beauty Of The World  英国トラッド/フォークの雄プレリュード。女性ヴォーカル、アイリーン・ヒューム。 Contraband - Lady for Today (with lyrics)  スコットランドの女性ヴォーカル、メイ・マッケンナを擁するトラッド・フォークロックのコントラバンド。  2枚ともブリティッシュフォーク&トラッドロックという本を見て買ったかも

  • Return to Forever 1976

    Return To Forever - Medieval Overture 1976  以前より画像がキレイになっています。  アルバム「浪漫の騎士」の冒頭曲。  アル・ディメオラもまだ21、2才の若さです。  70年代の動画は2000年代に入ってレンタルで借りたり、ブートを買って見ました。  やや音大きめ Return to Forever - Sorceress 1976  これも「浪漫の騎士

  • 浅川マキ    別バージョン

    Maki Asakawa 浅川マキ 「 かもめ(歌詞付) 」  明日は入浴介助だから今夜じゅうに排便しておきゃなかと、日本酒を少々、酔いが足らずついついウィスキーを2センチぐらい飲み足した。  体は正直なもので少し戻した。居眠りしてて気づいたら夜中の2時半!!寒い。  パジャマに着替えなきゃ。 Maki Asakawa 浅川マキ 「 少年(歌詞付) 」

  • Keith Jarrett '60~'70

     たまーにこういうの聴きたくなるんですよねー Keith Jarret solo (1967)  珍しい動画です。ていうか初めて見ました。  若干太り気味だし老けてますね。 祈り/生と死の幻想より/キース・ジャレット  「生と死の幻想」より「祈り」

  • シクラメンのかほり  愛の園

    布施明 - シクラメンのかほり - 1975  今年70歳の布施明。いまだに声が出ているようですね。この人のディナーショーなら一度見ておきたかったです。  カンツォーネとまでは言いませんけど、イタリアンポップスとして通用しそうな歌唱力を持っていると思います。  ふつうに聴く場合、この歌は十分布施明でいいと思います。先輩などは小椋桂の詞を重視した歌い方が好きだという人もいました。  「驚いたように」

  • 石田ゆり&いしだあゆみ

     石田ゆりの歌は検索してもなかなか出てきません。(どちらの動画も8分30秒ごろに歌が聴けます)アルバムのCDは良かったです。  最初、音大きめ 注意! スタ-千一夜 19700923 いしだあゆみ石田ゆり姉妹  これは司会石坂浩二。昔はけっこうザックバランというかかなり踏み込んだな質疑があったんですね。昔のほうが自由だった。今はメディアを気にしすぎ。  ピーターに似てると言ってますが、ピーターより

  • Ann Zeleny with The Seventh Dawn

    Robin  曲は以前挙げたかもしれませんが、ちがう動画で。アレンジも少し加わってます。    歌っているのはAnn ZelenyでThe Seventh Dawnのメンバーです。こんだけ清楚な透き通った歌声って珍しいですね。知性を仄めかすでもない純然たる透明感。サイケフォークやアシッドフォークよりもややポップ性を帯びています。  Annは今月で62になります。1979年とありますが、最初の録音は

  • 堀内誠一

     天才と呼ばれた人がいる。アートディレクターで後に絵本作家になった堀内誠一である。   堀内誠一は1932年に生まれて1987年に死去した。  戦後まもない1947年に家庭の事情で当時の商業高校を中退し、14歳で伊勢丹に入社した。  1955年にアドセンターを立ち上げた。  1958年に内田路子と結婚。内田路子は洋画家内田巌の娘。明治の評論家内田魯庵の孫。  1968~69年には澁澤龍彦とともに『

  • acid folk 癒し系 正統派

    Carla Sciaky - And I a Fairytale Lady  何度聴いても美しいと思う。高音が控えめなところがいい。  キレイな聲だし、演奏も抜群。  何で日本人のフォークはよけいなニュアンスを込めてしまうんだろうか。 Barbara Sipple - Song for life  これを日本人が歌ったらうまくいかないだろう。何か欧米人の徳を感じざるを得ない。    Depend

  • Heart 1977

    Heart Barracuda (1977)  Heartは小石川図書館で借りて聴いたのが最初です。ジャケットが魅力的でかつアン・ウィルソン(ヴォーカル)がすごく可愛いかったので思わず借りたのです。  音を聴いたらそれがまたすごくいい。  80年代のHeartは超ポップス志向になりましたが、こっそりレンタル屋で借りてはカセットにダビングしていました。  こっそりというのは自分が参加していたバンドは

  • John McLaughlin and Soft Machine

    Mahavishnu Orchestra Vital Transformation Live 1973 John McLaughlin Cobham Goodman Hammer Laird  このグループにはヤン・ハマーも参加していました。 Soft Machine - 'Switzerland 1974' Official Trailer  この曲は下北ロフトで時々掛かっていました。

  • T.Rex Marc Bolan

    Marc Bolan & T. Rex - Jeepster (1972)  高校時代 Get it on がヒットして、その後 Jeepster がヒットし、続けざまに Teregram Sam がヒットしたと思います。  ぼくは Jeepster がやけに気に入り、Teregram Sam が流行っているのにラジオの電話リクエストに Jeepster と伝えました。  当然もう Teregra

  • Free Pray for Andy's Death フリー アンディ・フレイザー

     検索していてアンディ・フレイザーが亡くなっていたことを知りました。  2015年の3月ということですから2年半以上経っています。知らなかった。  海外のベーシストで好きな人でした。晩年オカマっぽいファッションになっていてびっくり仰天したのもひと昔前ですか。  死因は動脈硬化だそうです。エイズじゃないと思いたい。 Free - Be My Friend  日本では「Ride On Pony」がヒッ

  • ハンガリーの電子音楽 Hungarian Electronic Music

    Hungarian Electronic Music (FULL ALBUM, electronic / musique concrète, Hungary, 1979)  ハンガリーの電子音楽です。検索していたら偶然見つけたものです。  1979年ということですから比較的古いもので、サンプリングの技術があったかどうかはっきりとは判りません。  近藤譲(現代音楽)とかの影響もあったのか、テクノの先

  • ベニスに死す   編曲版

     映画「ベニスに死す」でマーラーのアダージェットは一般に知られるようになりました。映画ではノイマン指揮チェコフィルだったと記憶しています。  図書館などで「蛍の光」の代わりにこの「アダージェット」を流すところもあります。 Mahler Adagietto - Song of the Angels Flute Orchestra  以前教会のオルガン独奏でここに挙げたかもしれないと思い、まあ再度挙げ

  • 赤い鳥

     山本潤子さん。ジーンズがこれほど似合う女性もいないと思います。  彼女の若いころのいい動画もありましたが、珍しい曲を見つけたのでうpしてみたいと思います。 iwasa mayuko (wasureteita asa) (再生不能のものは差し替えました).  この曲忘れていました、46年間。ラジオで聴いていい曲だなと思ったのは覚えています。と思ったら村井邦彦作曲とあります。  ライブ盤があったかど

  • 加藤和彦 あの素晴らしい愛をもう一度

     シングル盤は友だちに貸したまま返ってきません。(時効です) 加藤和彦と北山修 あの素晴しい愛をもう一度(ライヴ)  このライブ盤は持っていません。存在も知りませんでした。けっこう貴重ではないかと思います。コードもちょっぴり渋い進行になっています。  会場の雰囲気から、やっぱ女性ファンも多かったみたいですね。  北山修の歌声も味があります。 ttps://youtu.be/Z6AiDkUU9MQ(

  • 矢野顕子

      Akiko Yano - Riding a Balloon MV (矢野顕子 - 気球にのって)  気球にのって  HAPPY END(3rd)と鈴木茂のBand Wagonと似たサウンドで、でもこの曲は徐々にアラビア風になっていき、途中の白熱感はあるものの、エンディングの始末が今イチ。  バックは丸ごとリトル・フィートだったかもです。 ラーメンたべたい  ラーメンたべたい  男もつらいけど女

  • 吉田拓郎 よしだたくろう 面白&珍し動画(一部訂正)

     吉田拓郎は70年代前半怒涛のごとく売れました。  「結婚しようよ」と「旅の宿」(ニール・ヤングの「孤独の旅路」)を聴いたことによってギターを弾き始めました。 結婚しようよ  これはカポタストを3つめにハメてCコード(Eb)から始めればいいのでカンタンでした。  アルバム「人間なんて」は松任谷正隆や林立夫も参加しています。松任谷がバンジョーを弾き、パーカッションに聴こえるのは林がスリッパか何かで何

1 2