• Yorimichi #4:名古屋のメンとセン

    昭和36年、高度経済成長の勢い増す日本のとある駅ホーム内に、立食いのきしめん屋が開店する。 多くの人々の英気を養い、送り出し、迎え入れてきたその店の名は、《きしめん住よし》。 今もなお、駅きしめんとして地元や出張者に愛される名店だ。 名古屋に来た時は、あんかけスパゲッティが多かった最近だったが、今日は、駅ホーム内の店にして最強の呼び声高い《きしめん住よし》に立ち寄った。 オーダーは人気の『かき揚げ