• 法:こんなに違うフランス・ジャポン la violence

    北から南まで、東から西まで、ことばも習慣もことなるフランスでは、 on se pose des questions これでいい? これは人道的なこと?  こんな場合はどうする? など常に疑問をもち、話し合い、 ときに争う中で答えをだしてきたのだそうです。ストあり、テロあり そんな主張の自由さが時に収拾の難しさにもつながるのかもしれません。 日本は均質文化 unité cultuele と言われてい

  • バザーリア法(続き) Basaglia 180, l'art.6-10

    さて、バザーリア法の要旨は、精神科治療は原則本人の要請に寄ることと定めたことです。民間病院での強制治療および入院を禁止し、病床を減らし、多段階の監督を必要とすることを定めました。苦しみや疾患を持ちつつも地域社会の中で自立して生き続けられるようなサポートこそが、治療であるとしたのでした。 先日はイタリアの精神保健に関するバザーリア法を第5条まで載せました。 今日はのこりの第6条から第10条。 ここで

  • 尊厳をもって暮らす ハウジングファースト Un chez-soi d'abbord

    大切なのは 「尊厳をもって」「暮らす場所」 1 avec la dignité  2 Un chez-soi ホームレスや難民の健康に携わり、全ての人が社会の中で普通に暮らすことをめざす世界の医療団。Médecins du mondeによるハウジングファーストの講演会と座談会があり、6日の大阪講演を聴いてきました。日仏同時通訳付き。 Un chez-soi d'abbord  - Pourquoi

  • Avoir une discussion  議論のしかた

    意見をたたかわせるとき、何から始めたらいいのでしょうか? あるパターンを教わりました。 たとえば、日本の国技であるすもうは国際的なスポーツとなりうるか? Ⅰ 議論の流れでフランスでは使われないパターン ①   Oui, ...... parce que .... ②   Non, ..... parce que .... Ⅱ   では、どのように切り出せばいいのでしょうか? ① 自分の結論に結びつ

  • イタリアの精神保健に関する法律 Basaglia 180

    自由と人権にうるさい国、フランスでは2011年にJLD(Juge des libertés et de la détention) という制度が設けられました。フーコーの『精神医療の権力』を経たフランス人から見ると現在の日本の精神科病院の制度は、あたかも私設刑務所を許す仕組みのようで、信じられないといいます。 西洋の文化をたくさん取り入れて吸収し発展したきた日本ですが、その根底にある人権という考え

  • L'Univers infinit  無限ってなんだろ?

    今日のレッスンで一番印象にのこった主題はこれ。 そして、ものごとはやたらに複雑にしてはダメと。 宇宙にはいくつの銀河があるのか? こどもの頃にかえって無限を想像してみる。 赤外線を使ってより精密な観察が可能になってきた。 太陽系をふくむ銀河系(天の川)のようなものが無数にある。 膨張をつづける宇宙の5%が解明できたと。 遠ざかる星々を観察するとその膨張の具合がわかるのか?! のこりの95%はどんな

  • パリのノーカーデー journe sans voiture

    パリでは2015年9月27日、パリ市長アン・ヒダルゴにより初めてノーカーデーが設けられた。今年はさらに拡充して実施された。パリ市内からはすべての車が閉め出され、許されたのは公共交通機関、タクシー、緊急の車など。それも20キロに時速制限。 代わりに行き来するのは、歩行者、自転車、ローラースケート。 完全に車がシャットアウトされた路上では、様々な行事が行われた。 パリにはこの他にも nuit blan

  • dans sur à chez en  場所をあらわす前置詞

    今日は少しテクニカルな話題、 場所の前置詞 dans  sur  à   chez  en  使い分けに迷っていた方には朗報です!! 1     dans  -->  espace fermé ou limité par des bâtiments  建物などにより閉ざされている空間では dansを使います。 例えば dans la rue de la République,    路地 dans

  • le droit de l'homme 目からうろこの人権論

    le droit d'etre judgé devant le tribunal et de reparer ses fautes aussi pour les handicappes mentaux 今日は人権の観点から、最近話題になった医療観察制度について講演があったので聴いてきました。目からうろこの考え方がちりばめられていてみなさんにも愉しいと思います。 というわけで微妙な話になりますが少し

  • marchander:Je suis fauchée, すかんぴん まけて!

    今日はよくある会話2題 1   今ちょっとすかんぴんだからさ。   ちょっと中華食べにいかない?と誘われて、最近物要りで。。と断る言い回し。 -  On se fait un petit chinois ce soir? Ah, J'aimerais bien, mais en ce moment, J'ai des petits problèmes financiers. J'ai pas le

  • Regards sur la ville 東京はどんな街なのだろう?

    Regards sur la ville 東京はどんな街なのだろう? - gigiのブログ の続きです。そしてこの続きはまた次回。 駅を中心とした東京の街づくり。駅のまわりにオフィスビルや商店街ががありそれを住宅が取り巻いています。東京の街でまず気づくことはこの機能性とすずめのとまる電線だそうです。教会や広場を中心にした欧米型の街とは異なり特徴的。バリなどヨーロッパ型の都市では駅は街の外に、むしろ

  • L'eau du robinet Coupez l'émission! 汚染水道水

    フランスの水道水は安全か? 全国の水質を調べ危険性を訴えるルポルタージュ。 日本の水道水は大丈夫? 飲料用に提供されているはずのフランスの水道水。 検査が不十分で、地域によって基準値を遥かに越える危険レベルの有害物質が検出された。中には業者や当局さえも知らなかった例があるが、隠蔽するケースも多い。 より澄んだ水を得るために添加されるアルミニウム、アルミニウムはアルツハイマーの原因となることが各国の

  • Comité Colbert   コルベール委員会

    ブランドは自分仕様に使いこなしてこそ成熟したクライアント。 と語るエルメス代表のギヨーム氏。 その強みはいったい何でしょうか? 今日は60年前に発足したコルベール委員会について少し。 発足当初からの会員であるエルメスのCOEへのインタビュー。 インタビュー記事(口語)なので読みやすいかと思います。 都知事選では小池氏も言及していたコルベール委員会、簡単に言うと、雅な生活を目指す技術や産業を統括し発

  • Regards sur la ville 東京はどんな街なのだろう?

    19世紀、パリの街はナポレオンIII世により大改造されました。 大きくて重要な建造物を見栄えのする位置に移転し、不衛生で細々とした一角は一掃され大改造されました。中心を決め放射線と環状線により型づくられる街は合理性を増し、その後の発展に寄与します。この計画に携わったのがHaussmannでした。 ただし、マレ地区はその後も昔の面影をとどめているため、入り組んだ小路が今も残るそうです。その改造の様子

  • L’assainissement des eaux usées 下水道の日!

    お待たせしました。 都市の根幹、これなくしては大都市は成り立たない ! 今日は下水道の日。昭和36年、1961年、雨水や生活廃水のための公衆衛生設備を整えようと、時の政府はこの日を下水道の日と定めました。下水道を張りめぐらせ、下水処理場で一括して処理を行うようになったのはそれほど遠い昔のことではありません。それまでは、畑に海にと撒かれていたのでした。 大きな袋を肩にかけ~、と大黒さまの歌をご存知で

  • l'eau potable 飲み水の広告

    ペットボトルの水にも好みがあります。 私の好みは龍泉洞の水、初めての大きな台風で大きな被害を受けてしまいました。 一般に、ヨーロッパでは水道水は飲めないと言われますが、さて、 私たちが使っている水はどのようにして作られているのでしょうか? 今日のディクテはこちら。 広告のようですが、水に関する表現がいろいろでてきます。 参考までに全文載せておきます。  La distribution de l’e

  • 7/14 la prise de la Bastille 革命が起こったわけ

    フランス革命とは? 7月14日 Quatorze Juillet はFête nationale françaiseフランス国民祭と言われるお祭り。政治犯としてバスティーユに捕らえられていた仲間を取り戻した日です。 la prise de la Bastille = ils ont réussi à libérer les prisonniers  faire rentre (PRESENT) 今

  • 新学期! フランスのランドセル事情 Cartables

    新学期を迎える9月、ランドセル選びはフランスの子どもたちにとっても一番楽しく大事な問題です。色やキャラクター、機能にいたるまでなかなかうるさい子どもたち。 日本のランドセルに比べればまだまだ安いけれども、親にしてみれば安くて丈夫で長持ち、雨にも強いことが必須条件。 デザインはフランスのようでも実は作られるのは大半が中国なのは、他の製品と同じく、番組ではその製作過程が追跡されます。 画像(image

  • Catastrophes naturelles  自然災害と課題

    <<自然災害に対するリスクマネージメント>> 今年の台風はこれまでとは違い東北、北海道に上陸して多大な雨を降らせています。特に台風10号は不思議な軌道を描いたのち東北は岩手県に上陸して、水害(l'innondation)と土砂崩れ(le glissement de terrain, effondrement de terrain)、また多数の人的被害を記録しました。 その軌道や規模の大きさは気候変

  • France 2 本日学んだニュース7本

    今日はレコールドフランセでお馴染みの仲間とFrance2から22日付けのニュース6本を見る。効率のいい塾長の解説付きで、なんとかわかった気になる。。か? 最初に、若い環境活動家がマダガスカルで犠牲となったニュース。 クリック -->  Madagascar : deux bénévoles français retrouvés morts ニュースはどうしても厳しい話題のものが多くなる。 次は、観

1 2