• 今日は家でゆっくり過ごす日

    今日は家でゆっくり過ごす日 3連休の中日。 息子は部活の練習試合で早朝から出かけた どこかに出かけたいが 週末に出かけたオクトーバー・フェストで 散財(ちょっとオーバー⁈)したので 公園にでも...と思っていたのに あいにくの空模様 家でゆっくり過ごす事になるだろう。 昨日ツタヤで借りてきたDVD 大好きなクリムトの絵画 「黄金のアデーレ」についての 実話に基づいた話だ。 当たり前の事なんだけれど

  • ~ビスケくんの日常~ スター・ウォーズの復讐?復習に付き合う❤

    実は実は・・ワタシ いや、わが家は、ワタシ以外はスター・ウォーズを見たことがない! なかった!!!笑 でも、ビスケくんは流行先取りでおもちゃはGet済! 高いけど、かわいくて一目惚れ❤ スター・ウォーズの映画を見たと言っても、ワタシが見たのは80年代・・ 最初のハリソン・フォードの若かれし頃の1.2を、オンタイムで見たっきり! それからは、内容が変わり過ぎて見てなかったのですが・・・ さすがに時代

  • Aサインデイズ

    沖縄を舞台に実在の女性ロッカーの半生を描いた作品 Aサインというのは米兵を相手に商売が許可された店のこと 占領下の沖縄で青春のぶつかり合い そして日本となることの葛藤 そんなこんなが結構凝縮されて詰まっております そんな中、血を吐きながらも「スージーQ」を練習する姿が繰り返し繰り返し流れる様は圧巻 更には車一杯に積まれたキャベツを投げ合っての夫婦喧嘩のシーンは見事としかいいようがないw 今ではすっ

  • 友よ、風に抱かれて

    「地獄の黙示録」のフランシス・フォード・コッポラ監督作品 これは立派な戦争映画ですが戦争のシーンはわずかしかありません 主演のジェームズ・カーンは士官学校の講師を務める軍人 いわゆる陸軍士官学校的なところは、卒業しただけで士官となり、戦地へ贈られると小隊長となるのですよ、最前線の いわゆる少尉となって、今まで戦ってきた兵士たちをまとめていくという まあ、大抵は古参兵士にからかわれ、命令系統も経験値

  • 裏窓

    ヒッチコック監督不朽の名作「裏窓」 足を汚して動くことのできないカメラマンが、向かいのアパートに住む男が妻を殺したのではとの疑念にかられ、観察するというサスペンス アパートのセットがよくできていて、それぞれの部屋のキャラクターも楽しく飽きることのない作品です 主演のジェームズ・スチュワートはケイリー・グラントと並ぶヒッチコックの二大主演俳優 どちらかというと学者肌の面構えなので、こういう静の状態の

  • 赤ずきん

    全く期待をしないで見てみると結構面白い作品もあるもので、その代表格がこの映画 よくよく考えてみると、赤ずきんの童話に狼が登場するのは知っていたわけで、それを狼男として描けば、狼男好きの私にはたまらないわけで、さらに童話の新解釈も上手くはまって本当に100分間楽しめる作品に仕上がっております ただ、狼男が誰なのかのミスリードがしつこすぎて逆に誰だかすぐにわかってしまう難点はあるものの、「シックスセン

  • THE HURT ROCKER

    キャサリン・ビグロー監督作品「ハートロッカー」 アカデミー賞最多6部門受賞 中でも脚本賞、監督賞、作品賞を受賞したのだから圧巻です 元夫のジェームズ・キャメロン監督作品「アバター」と争うのではと思われていましたら蓋を開けたら圧勝 私がこの映画で一番好きなシーンは主人公がスーパーマーケットで山のように積まれた様々なシリアルを前にして言葉を失い思わず突っ立ってしまうところ あの引きの絵、なんとなくキュ

  • ウルトラマンティガ Complete Blu-ray Box

    ティガに参加できたのは古くからの脚本家仲間からの紹介でした 初めて会う笈田Pは二時間遅刻して到着w その間を右田さんが穴埋めしてくれましたwありがたい 何本もプロットを送った中で「閉ざされた遊園地」の原型となる「幽閉都市」というプロットが検討材料になりました これは元は透明怪獣で、見えない状態でエリアが閉ざされるという設定で、怪獣の姿が現れるのは、確か工事中のビルからペンキが投げつけられるという設

  • 見知らぬ乗客

    いわゆる交換殺人もの 原作はパトリシア・ハイスミスで脚本はなんとびっくりレイモンド・チャンドラー! でも、ヒッチコックはチャンドラーの脚本気に入らなかったらしく滅茶苦茶修正したと後に語っておりますがw この作品、有名なテニスプレーヤーを演じるファーリー・グレンジャーよりも、父親に支配され続けていて、独特の狂気を持ったロバート・ウォーカーの方が魅力的になってしまったのは皮肉な話w 眼鏡に映る殺人や、

  • 恐喝 ゆすり

    昨日はサイレント映画「下宿人」を紹介しましたが、今回はアルフレッド・ヒッチコック初のトーキー作品をご紹介 アメリカでトーキー映画がじわじわと誕生し、興行収益を塗り替えるようになるとイギリスにもその波が伝わってきました。そしてヒッチコックも初のトーキー映画を手掛けることになります ただし、本作はもとよりサイレントとして撮影されたもの、つまり後付でトーキーとなった作品なのです ところがどっこい、さすが

  • 劔岳 点の記

    私は学生時代ワンダーフォーゲル部におりまして、登りました劔岳 それまで槍ヶ岳や奥穂高、西穂高、北穂高などいろいろと登ってきましたし、西穂高や奥穂高の丸危マークのついたところなどへの河童で、鎖場も大歓迎な口だったんですが この劔岳はとにかく半端ない山です 正直、登っていて死ぬかもしれないと思った山はこの山だけです そんな山に重い機材を担いで登り、映画を作るなんて奇跡に等しい もう、この映画にかかわっ

  • 下宿人

    アルフレッド・ヒッチコックのサイレント時代の傑作 実際にあった連続殺人をもとに作られたそうです ある家に訪れる怪しい下宿人 次々と起こる女性を狙った連続殺人 下宿人を置いた家ではその犯人が下宿人なのではと疑心暗鬼に陥ります この映画で特筆すべきショットが、住人が室内で不安がっていると、二階から室内を歩き回る下宿人の足音が響き始めます。すると二階のフロアが透明となり、下宿人が室内を思案しながら歩き回

  • 稼ぐ社長の本棚にある、自己啓発本

    GOETHE(ゲーテ) 幻冬舎が2006年から発行している 人気のビジネス雑誌。 この編集者が あることを発見したそうです。 彼は仕事柄、経営者の部屋を訪れ 取材をする機会が多かったのですが うまくいっている経営者の本棚には 必ずと言っていいほど ある人の本があったそうです。 それは 「原田隆史」 原田隆史さんは 大阪の荒れた中学校の陸上部を 7年間で13回日本一を達成した カリスマ教師。 しかし

  • CAPOTE

    最近はDVDを購入しても、こうケースをパカッと開いても、DVDと紙切れ一枚入っているだけで味気ないですね ただ、このDVDは違います プラスチックのケースの中に入っており、開くと二枚のDVDとミニサイズのパンフレット こういうのが嬉しいのよ、ほんと 1つ目のDVDはもちろん、作家トルーマン・カポーティが小説「冷血」を書くにあたった経緯、そして筆を置くまでで、なかなか丁寧に描かれていていい仕上がりの

  • ウルトラQ

    久しぶりにウルトラQを見ます 中でもこの4は 13話「ガラダマ」ガラモン登場編 14話「東京氷河期」ぺギラ再登場編 15話「カネゴンの繭」カネゴン登場編 16話「ガラモンの逆襲」ガラモン再登場編 と、大怪獣祭りの巻となっております 中でも東京氷河期の特撮が凄いんだよなあ

  • 草燃える

    ネットで草は生えるものですが大河ドラマでは燃えるのですw 大河ドラマ「義経」では弁慶が仁王立ちして矢が刺さりまくり、義経のお堂がドッカーンして終わりましたが、実はその後こそが面白いのです 実は源氏の血など、幕府の象徴でしかなく、そのことにいち早く気付いたのが北条政子の弟義時であります 義時は政子と協力して父時政を追放 更には有力な御家人たちを次々と成敗し、北条執権による鎌倉幕府を盤石なものへとして

  • 映画「ガンジー(GANDHI)」の感想文

    世界の歴史を変えた男、マハトマ・ガンジー。 とうとう映画「ガンジー」を見ました。 約3時間の大作で、第55回のアカデミー賞で8部門を獲得した名作です。 何年か前にDVDを買っていたんですが、 そのまま放置していました。 オードリーヘップバーンの「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」とは違い インド独立とその後の民族対立という時代背景なので、重くシリアスな映画です。 インド民衆を、女性や子供も容