• 2017/6/13 ユーロドル 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 ■その他 特になし ■目線 1時間足↑ 4時間足→ 日足↑ ■1時間足シナリオ 日足(橙色)の最後の上昇波の中で、4時間足(水色)の上昇波が崩れたところです。 1時間足(緑色)は上昇波を作っていて節目をかろうじてキープしたようです。 4時間足の上昇の波が崩れているので、難しい場面のように見えます。 1.1時間足のラス押しからの押し目買い 2.4時間足ネックラインからの戻

  • 2017/5/30 ユーロドル 環境認識

    ドル円のシナリオは昨日と変わらないということで、本日はユロドルです。 ■指標発表 ■金融市場休日 6/5(Mon) Queen's Birthday(NZ) / Whit Monday(スイス) 6/12(Mon) Queen's Birthday(豪) ■その他 特になし ■1時間足シナリオ 1時間足、4時間足は下降トレンド中とすると、戻り売りを狙っていきたいところですが、すぐ下に橙の日足のライ

  • 2017/5/23 ユーロドル 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 5月29日(月) Memorial Day(米国) / Spring Bank holiday(英国) ■その他 特になし ■1時間足シナリオ 1.直近高値ブレイクアウト買い 2.直近戻り高値からの押し目買い 3.週足(ピンク)ラインからの戻り売り ■目線 1時間足↑ 4時間足↑ 日足↑

  • 2017/4/28 ユーロドル 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 4月29日(土) 昭和の日(日本) 5月 1日(月) Labor Day(ユーロ圏、他) / May Day(英国) 5月 3日(水) 憲法記念日(日本) 5月 4日(木) みどりの日(日本) 5月 5日(金) こどもの日(日本) 5月22日(月) Victoria Day(カナダ) 5月29日(月) Memorial Day(米国) / Spring Bank hol

  • 2017/3/2 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 直近の下方向の狙いだけに絞りました。 ■目線 4時間足↓ 日足↓ 週足↓ ■シナリオ ①レンジ上限からの戻り売り ②上昇の親波第3波起点のブレイク売り ③②の戻り売り

  • 2017/3/1 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 三角のマークが多い分たくさん狙えそうなポイントがありますが、値幅が小さいので大きく取れそうなところだけイメージを描きました。 ■目線 4時間足↓ 日足↓ 週足↓ ■シナリオ ①一番上の黄色△のブレイク買い ②①の押し目買い ③青線の日足週足レベルの下降第3波起点からの戻り売り ④上昇の親波第3波起点からの押し目買い ⑤上昇の親波第3波起点のブレイク売り ⑥⑤の戻り売り

  • 2017/2/28 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 昨日よりラインを少し減らしました。 現在、上側の黄色〇の親波下降第3波の起点と緑△のラス押しとの間でレンジの動きになってきています。 4時間足レベルではこのレンジを抜けたところからが狙いどころかなと思っています。 レンジの中については、1時間足で見ています。 ■1時間足 上昇の親波のラス押しを下抜けて、黄色〇の第3波起点に迫ろうかというところです。 ここを下抜ければ下降トレンド転換し、

  • 2017/2/27 ユーロドル 環境認識

    ■週足 直近の親波の第3波起点とネックラインだけラインを引きました。 親波の第3波起点の下にもぐってネックラインまで下落したところです。 ■日足 黄色〇が第3波の起点です。 左から下降の親波、調整波、直近の推進波の第3波。 調整波、直近の推進波ともに第1波の長さの2倍を達成しているので、一応の目標達成といえるかもしれません。 日足レベルのざっくりのイメージとしては、週足の第3波を上抜ければ押し目買

  • 振り返り ユーロドル(2017/2/20~)

    ■4時間足(~2/17) 4時間足だと節目が分かりにくいため、1時間足に落としてみていきます。 ■1時間足(~2/17の流れとシナリオ) 緑▽のラス戻りを上抜けて、黄色〇で上昇トレンド転換しました。 そして、そこに押し目を取って上昇し、そのラス押しである緑△を下にブレイクしたところで終わりました。 トレンドラインを下抜けるときに、赤▽で下降ダウが成立したのでここからの戻り売りが考えられそうです。

  • 2017/2/24 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 右の緑丸のラス戻りを上抜けし、押しを取って右側の赤丸を上抜けたので上昇トレンド転換しました。 ただ、この伸びしろも左の赤丸の下降トレンド転換したポイントで抑えられる可能性があります。 左の赤丸の水準到達や、トレンドライン抜けのタイミングで、Wトップなどのチャートパターン、あるいは下降トレンド発生後の戻り売りが狙える可能性があるのかなと考えています。 本日は金曜日なので、その形を作るとこ

  • 2017/2/23 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 一番下のピンクのラインが日足レベルの上昇波のネックライン&第3波起点なので相当強いラインとみています。 トレンドラインを引くとその外に出て、ラインを試しにきているようにも見えます。 4時間足レベルで緑丸のラス戻りを上抜け確定なら、上方向も気にしていきたいと思います。 まずは様子を見たいと思います。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・様子見

  • 2017/2/22 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 戻り売りを狙いたいところです。 戻りのポイントを2つ考えました。 4時足でのラス押し(紫線)と、週足レベルの第3波起点(青線)の水準です。 切り上げラインを引いて抜けの水準との絡みでエントリー判断できればよいのかなと考えています。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ①戻り売り(候補2つ) ②日足第3波ブレイク売り ③②の戻り売り

  • 2017/2/21 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 昨日よりチャートが見えるようになりました。 昨日と変わらない部分もありますが、分かりやすく色分けしました。 基本的にどこで節目を付けるのか分かりませんが、赤のラインのような動きのところは様子見にしたいと思います。 黄色矢印の上方向は上昇ダウ成立時のブレイク、下方向は下降ダウ成立時のブレイクと、日足第3波ブレイクです。 緑矢印がブレイク後の押し戻りになります。 緑矢印を狙うほうが安全かも

  • 2017/2/20 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 長考してしまったのですが、結局下図のシナリオしか考えることができなかったです。 日足レベルでトレンド転換する際の、ブレイクと押し戻りです。 現在の価格の位置からかなり離れているので、今週見送りかもしれません。 もう少し方向性が見えてきたら、シナリオを見直したいと思います。 ■目線 W1↓ D1↓ H4→ ■シナリオ ①上昇トレンド転換時のブレイクでの買い ②①の押し目買い ③下降トレン

  • 2017/2/17 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 赤の矢印が昨日のシナリオのイメージですが、全然見当違いでした。 お恥ずかしい・・・ 現在どこで止まっているのかというと、下降の親波の半値付近です。 ドル円がちょうど日足第3波起点の重要なポイントにきていて、逆相関があると言われるユーロドルも重要なポイントに来ているということでしょうか? 現在の上昇波も第1波の1.618倍の長さで止まっており一応の目標達成と考えられます。 下方向のシナリ

  • 2017/2/16 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 一応目標のフィボナッチ161.8%までは達成しました。 日足第3波起点を上抜けて、トレンドラインの外に出てきたので、下方向はちょっと怪しいかなと感じつつあります。 下を狙っていくなら直近の安値を下抜いて且つ、下降ダウが成立する条件が整ってからかなと考えています。 今のところ少し様子見がよいのかなと考えています。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・フィボナッチ161.8%の水

  • 2017/2/15 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 週足ネックライン、日足第3波起点と考えられる水準を抜けてきたのでさらに戻り売りが狙える場面なのかなと考えています。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ①週足ネックラインブレイク後の戻り売り ②フィボナッチ161.8%の水準ブレイク後の戻り売り

  • 2017/2/14 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 4時間足レベルではすでに下降トレンド転換していますが、ピンクゾーンの日足ラス押しを下抜けたので、日足レベルでも下降トレンド転換しました。 大きく下に向かう準備ができたといえるのかもしれません。 各節目で戻り売りを狙い、最終的にはフィボナッチ200%の水準が目指せればよいのかなと考えています。 ■目線 W1→ D1↓ H4↓ ■シナリオ ①日足ラス押しゾーンからの戻り売り ②週足ネックラ

  • 2017/2/13 ユーロドル 環境認識

    ■週足 長期的にはちょうど良い戻りが入ったというところでしょうか? ラス戻りの水準でしっかりと落とされてしまいました。 20SMAも下向きで下目線です。 赤丸を結んだラインを日足で見ていきます。 ■日足 ネックラインを下抜けて親波のラス押し付近(ピンクゾーン)まで到達しました。 下降トレンドが発生していますが、ラス押しを抜けたとは言い難いのでトレンドレスと解釈して良いのかもしれません。 ラス押しか

  • 2017/2/10 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 昨日と違い、親波の範囲を少し小さくしたいと思います。(起点位置をずらしました) ■1時間足 上方向はラス戻りの水準からのブレイクと、緑丸の第3波起点での押し目買いで、下方向は、ネックラインをブレイクしたので、その戻り売り考えています。 ■目線 H4↓ D1↓ W1↓ ■シナリオ ①ラス戻りブレイクで買い ②第3波起点ブレイク後の押し目買い ③ネックラインからの戻り売り

1 2 3