• PCI DSS 準拠が必要になってきた時代背景

    韓国でも大規模な顧客情報の流出が起こったのだそうです。 こうしたことも踏まえて、PCI DSS 準拠が急がれているのが窺えます。 韓国で流出した顧客カードが1億件だと言うのですから、規模の大きさが察せられますね。 韓国の先のような現状にならないために、その取り決めによる守りを強化していくことが大切になってくるのです。  クレジットカード情報の管理を徹底するために、PCI DSS 準拠が必要だとする

  • pcidssの信頼性の高いシステム構成に興味がありませんか?

    pcidssは、クレジットカード情報以外のセンシティブな情報管理にも一役買うそうです。 これからその取り決めを導入しようとしている企業様は、あらゆる情報を一斉にその取り決めに管理して貰うのも一つの手かと存じます。 企業様が信頼性のある運営・管理を体感すれば、きっとpcidss クレジットの利便性の高さを実感することでしょう。 クレジットカード情報を厳重に管理する上で、pcidss クレジットを大前

  • pci dssを監査するのに欠かせないqsa

    qsaとは、pci dssが適正に実施されていることを審査するための取り決めです。 やはりpci dssだけではクレジットカード情報の管理が不十分だということで、qsaによる管理体制も重要になります。 qsaは全部で17機関ありまして、企業同士の従業員が互いに要件を満たして初めて認定されるものです。 こうした企業同士の連携によって、pci dss qsaとしての結びつきにつながっていくのであります

  • クレジットカード情報の流出問題の打開策として

    クレジットカード情報を守るためにできたpcidssとは何のこっちゃ?と思った方が少なくないでしょう。 それは、クレジットカード情報や取引情報を守るために制定されたセキュリティ基準です。 今、世の中では、クレジットカード情報の流出が高い頻度で起こっています。 こうした問題を解決するための手段として、pcidssがクレジットカード会社などに注目されているのです。 万全だと思っていたセキュリティが、いと