• Yorimichi #19:流山と浜松町の思い込み

    「いらっしゃいやせー!!」 市川に住んでいた時に大好きだったお店を流山市で見つけ、吸い寄せられるように入店。 扉を開けると威勢の良い声が迎えてくれた。 声の主は、調理場の中で重そうな中華鍋を豪快に振るっている。 「何名様っスか!?…こちらへどうぞっ!」と、こちらも威勢良く案内してくれた色黒の若い店員を含め、店には合計3名のスタッフがいた。 「店長!!」私を案内してくれた色黒店員が、緊張した面持ちの