• Pluvia Eleven 聞き比べ 2

    BOXのエージングも進みますます音が良くなってきた、でもどうも高音の質が気になる、そこで使っていなかったFOSTEX T250Dドームツィーターをコンデンサー1uFで繋いでみた。音圧は90dBで少し合わないかと思ったがT250Dは15kHz以上ダラ下がりなので丁度いいかとやってみたら(データ上では20khz位のカットで人の耳ではほとんど聞こえない範囲の音のはずだが脳には聞こえているのか?)音が変わ

  • Pluvia Eleven 聞き比べ 1

    明けまして、おめでとうございます。Pluvia Eleven BOXも乾燥し落ち着いてきたので、聞き比べをしました。あくまでここの環境での私の個人的見解です。まずはAlpair10MAOPとの比較では、同じ音の大きさでの低音は、互角かな~、どちらも40Hzから低い風のようで底の深いでも反応の速く階調がある低音だ。ただPluvia Elevenの方がパワーが入る、どんどんボリュームを上げられるんです

  • Pluvia Eleven BOX完成

    今回のウォールナット無垢板もとても渋いいい色だ。やはり見た目は重要だな。 保護グリルも作り早速音を聞いている。低音が凄い部屋が持たない、学校の教室ぐらいの部屋がほしいな~。

  • Pluvia Eleven BOXの作製 2

    今回、電動カンナを初めて購入、角の面取りなどとても楽に出来た。 塗装はオスモオイルクリアー、塗るだけで簡単でいいんです。そしていよいよユニットの取り付け。マグネットと内部の板とを耐震ゲルをかませる

  • Pluvia Eleven BOXの作製

    板材がやっと届いたので作り始めた。25mm厚のウォールナット無垢板とタモ集成材、出来上がると1人では持てない重さになる。でも、その重さがいいんです。

  • Pluvia Eleven エージング 終了

    音はどんどん良くなってます、今は12p用のBOXで聞いてます。エージングもほぼ終わりで、どんどんボリュウームを上げてます。BOXは、色々試した。私の好みとここのリスニング環境ではやはり、PensilエンクロージャーBOXが一番かな。さっそく板材を注文し(10日以上かかる)、内部構造物(定在波対策と補強と???と)から作り始めた。

  • Pluvia Elevenエージング中

    エージングしながら、色々試している。まず、20時間位での音の感想です、Alpair10Mv3や10MAOPとの比較では、Pluvia Elevenの方が元気があり張りのある音です。低音は、凄い出ます、モリモリ出ます、中高音は、若干粗さがある感じですが、逆にそれが音をリアルに感じさせる。とにかくこれが、15cmのフルレンジの音か(どんどん進化)と驚きます。音量も10シリーズよりもかなり出せます。BO

  • Pluvia Eleven届く

    昨日届いた。とても綺麗だ、マークオーディオのユニットのデザインは、好きです!、。Alpair10Mより一回り大きい、マグネットは二回り近く大きい。まずは、余っていた12pw用のBOXにとりあえず入れ、エージングをしながら、専用のBOXをどうするか、決めようと思います。

  • Pluvia Eleven Vintage Gold 注文

    (航空宇宙工学用に開発した最新素材を採用  Pluvia Elevenの振動板は高い曲げ応力負荷に対処するように設計された新しい超強度航空宇宙グレード合金を使用しています。 形状は最も薄い部位で100μmm厚の素材をマルチフォームコーン製造シーケンスに2つのプロセスが追加され、非常に浅いプロフィールを実現しながら低域のロードキャパシテーを大幅に増加しました グラスファイバーシャシー 新素材GF30