• BL

    女子友とBLの話題になった でも、あんま知らないから 話についていけない 1つだけ、買って読んでるのがあるけど、 なかなかヘビーすぎて、 逆にライトなBLが分からない ちなみに テンカウント を読んでる ミステリアスなSがたまらない あの人も 大学の頃好きだった人も ミステリアス要素はいいけれど Sが足りない あの人は優しすぎて ナチュラルなんだよなー 実はSみたいな妄想をしてしまう 大学の頃好き

  • キャッチコピーのお話し

    えっと、仕事の話です。 至って真面目です。 キャッチコピーを目にしたとき、人はネガティブなこととポジティブなこと、 どちらに目を奪われるのか。 そして、どちらが心に刺さるのかということが仕事で話題になりました。 つまりこうです。 あなたが今、仕事をしていてなんとなく淡々と日々を過ごしていたとします。 「今の仕事にスパイスを!輝くあなたになるための3つの秘訣!!」 「今の仕事で本当に大丈夫?失敗しな

  • 仕事ができる女、できない女

    さて、問題。 1.めちゃくちゃ仕事ができてバリバリ働いていて、多方面に顔が利いたり、クライアントからのCSも高い様な女。 2.全然仕事ができなくて、影が薄くて、いつも自信がなくて、口癖は「どうせ、私なんか・・・」っていう女 同じ顔だったら、どちらがSで、どちらがMだと思いますか? では、二問目 1.めちゃくちゃ仕事ができてバリバリ働いていて、多方面に顔が利いたり、クライアントからのCSも高い様な男

  • 舐め犬

    全頭マスクで口だけだして、首輪をつけて、、、 場合によっては後ろ手錠で、ただ、ひたすら舐めさせる。 どんなに相手が興奮してもおかまいなし。 そんな犬を何頭も飼ってる女性にあったよ。 エロいね!!!

  • パートナー探しの難しさ

    SMという世界は実に矛盾していて、表の世界(日常、現実)でそのパートナーを見つけることは困難だ。 一般的には変態という言葉はネガティブなイメージ(俺はもちろんポジティブイメージ)で、特に女性なら「私変態なんだ」「私、いじめられたい(いじめたい)願望がある」というのは口にすることすら不可能だろう。 飲み会の席で「私Mだから~~」ってふざけて言ってるにすぎない。 なので、結局ほとんどの現在のパートナー

  • MMカップルを調教したよ2

    夫婦を調教してみました。 旦那超M、奥様まあまあM。 あんまり人さまの調教内容は詳しく書かない主義なんですが、、、 結局、SMのマゾはやっぱり女性の方が美しく見えてしまうので、女性を中心にいつも考えてしまう。なので、女性に苦しいことをさせようとしてしまう。 (旦那のほうがMなのに) 必死に頑張っている奥さんをみて、改めて思った。 いい夫婦だなって。 お互いの性癖を公開しあって、合意をとって、他者に

  • 女王様と海に行ったよ

    昔、仲良くしていた女王様と(ウソです。。飼われていました)海へ行ってきたよ。 ただ、車で海をみただけ。 その人はもう、とっくに現役?を引退されていて今は普通の社会人?なんだけど、変わらずオシャレでキレイ。 今でもたまに会うけれど(ウソです。謁見)、ご飯食べに行くとテーブル席とか座れないからいつも、車やカウンター席で話をすることになってしまう。 なぜって会話がえげつないから。 あまり、こういう場で言

  • ✉「お願いします」⇒「何を?」(´・ω・`)

    おそらく、この記事を読まれているS男さんやS女さんは皆、この単語、短文をメールとかで受け取ったことがあるのではないだろうか。 メールやチャットなどで受け取ることがある。 Mとして「お願いします」の一言であとは勝手に相手がそこから、自分の理想のSMをクリエイトしてくれることが最高の理想だという歪んだ願望はすごくわかるけど、現実は相手も人間なのでそうはいかない。 ある程度は自分で願望を言わなくてはいけ

  • 抱えていても始まらない

    人が一番自分に嗜好や思考を落とし込む瞬間は、何かを聞いた時や見た時ではなくて、 自分の口からそれを誰かに伝えたり、書いたりしたときではないだろうか。 吐き出すことこそが、一番自分で解る時。 学んだ時より、”やった”時。 考えた時よりも、感じた時だろう。 だけど、ほとんどの人は解ったつもりであっても、それは知ってるだけだし。 出来ているつもりであっても、それはただ”やっている”だけだったりもする。

  • MMカップルを調教したよ

    昔、M女とM男の調教をしたことがある。 彼女は昔、本格的にやっていて、彼氏はSMそのものを理解していない。 二人ともMだから両方虐めてほしいってことだったが、結局彼にSの悦びを教えるように導いた。 彼がミスを犯すと、彼女が罰を受けるような設定で。 詳細は省くが、最後に彼女が「彼を愛しています。ずっと一緒にいます。ありがとうございました」と言っていたのが印象的だった。 結局、本当の自分を見せるために

  • SMバーへ行ってきた!

    先日銀座にある、SMバーにいってきた。 接客は超一流で、むしろそっちに感動してしまったわ。 ハプニング?いや、むしろどのギャバクラよりも皆さん紳士に飲んでいるので。。 女性は皆さんお綺麗で且つホスピタリティの意味、アメニティの意味を理解している。 名前を聞かれて、さっとメモるとかね。 最初にS、M、変態、それぞれでコースターが違う旨説明受けたが、どれを選んだかはお察しの通り。 コースターなし←最下

  • 勝手な都合はやめて!

    最近、いきなりメールやラインで、今から虐めてほしいみたいな依頼を受けるけど、、、、 あの、仕事しているんですが。 むしろ、それをネタに違う意味で叱ってやりたい。 高ぶって連絡したいのはわかるけどね。。 せめて、お時間空いていてればとかいってほしいな。 男性はもっと多いと聞く。 そして、勝手に自分がすっきりしたら「じゃあ!」みたいな。 どっちが、支配しているんだ?

  • SM界に生きる人々は深い

    まったく、この世界の住人はみんな、色々抱えて生きているってつくづく思う。 トラウマや悲しい過去や時には壮絶な秘密や経験が、なぜか一周廻って性癖になったりする。 怪我をした人がそこをいたぶることを治療にしたいというのは、治癒なのだろうか。 それともただの処置なのだろうか。 それでも何かをしてあげたい。 暗い世界にいるからこそ、更なる暗黒に進むのは、闇が暗ければ暗いほど夜明けが近いと想うからなのだろう

  • 勘違いしているよ「俺、Sだから」

    支配と思い通り 躾とわがまま 管理と独占欲 命令とただの下らない指示 どっちが、勘違いかいうまでもないが、バックグランドを知りもしないで、よくできるな。 配慮って意味を辞書で調べてほしい。 載ってないか。 SMに配慮してくれよ。

  • ハプニングバーへ行ってきたよ

    先日、都内のハプニングバーへ二人で行ってきた。 別にハプニングを期待していたわけでもなく、カウンターで飲んでいたが、 一人のM女さんの緊縛が始まったので見ていた。 もはやそこにはエロなんてなくて、芸術だと感じた。 もうね、二人の間だけ特別な”空間”が流れているの。 アートです。アート。 一緒に行った友人は「もっと、露出しないの?着衣のままじゃん」とか3回殺してやりたいことを言っていたが、それを聞い

  • 告白は最上級の羞恥刑

    無理していたが、頑張ってたな。ご褒美にオナニーを許したが。 知らない世界に飛び込んで、自分の願望を声にするのが、あそこまで震えるほど緊張することは、いつの時代も変わらない。 まあ、結局はそれが一番濡れるんだけどな。 見てるお前も「ぞわっ」としてんだろ?

  • SMはフェアなのか?

    Sが多頭飼意図いって、複数と奴隷を持つことは許されるてることが、ほとんどだが、 M側が他に主がいるけど、あなたにも調教されたいというと、拒否されることが多い。 主がいるMが、最近新しい主と出会いましたと言えば、Sが嫉妬に狂うか、Mが捨てられるだろう。 SMはある意味ではフェアで、高い信頼関係の上でしか成立しないのに、いささか、この部分だけをみるとフェアではない気がしてしまう。 俺は別に、どちらにも

  • いつまで、自分に”体”を創るのか

    お前が一番、お前に嘘ついてる 人の恋バナに相談テイで、感情移入してトキメいてないで、お前が恋しろよ(笑) 一生、いい女‘テイ’で生きるのか?