• <公衆便所の建て替え>

    最近住民から強く出ている要望では<トイレの拡充>が多い。  高齢者や女性の方から<トイレ探しの心配>で、出不精になったとの声もあります。  管理事務所の裏手にある<公衆便所>は、団地開設時の昭和50年に開設されたらしい。  設備も古くなり・・現在は扉が壊れたままなので一部使用できない。  男女兼用で1室~和式なので使い勝手も悪い・・ 現在の利用時間は、平日は8時~16時・土曜日は13時で閉鎖される

  • <救急搬送~孤独死>

    銀星会の例会に<ふらっと相談室の室長>が来て、2件の体験談を話された。  室長は7月に赴任されて活動中ですが・・初めて体験されたそうです。  *ふらっとカフェに来られた方が体調が悪くなったので自宅まで車いすで送って行った。  階段を登り始めたら苦しがって動けなくなったのでその場で<救急車>を手配して・かかりつけ医に搬送した。  医院では手に負えないので<医療センタ―>に回送・・I C U 室に入院

  • <残置物処理>

    小生は20年位前に,知人のアパート2か所で<夜逃げ所帯>の残置物処理を手伝った。。  足の踏み場もない状態で、浴室からトイレ・洗面も使用できない状態で・<可燃・不燃>は何とか処理できたが<残置物>はプロにお願いした・・ 先月18日<残置物回収>で投稿しましたが・・TVのニュースで<ゴミ屋敷整理>を見て急に不安に襲われた。 団地集約問題で11月頃から30年12月末までの期間で230所帯余りが引っ越し

  • <短期入居?>

    至近の住戸が、度々入居者が入れ替わる・・ 以前は<フリーレント>の対象?を利用していたらしいが? いつの間にか引っ越してきて・・家具類は<寝具類>他はあまりないらしい・・ 生活の実態が見られないが・・大概は若年層のカップル・・ <洗濯物>は、ベランダで乾燥させないので分からない・・ <郵便物>は、ポストが一杯になっても片づけない・・ 何らかの理由で一時的に利用しているらしいが・・ 犯罪等に利用され

  •  <引っ越しが少ない・・>

    昨年12月18日に<団地集約に関わる引っ越し>が発表された。  268所帯が対象で、団地内~団地外を選択することになっている。  1月に知り合いの若年層が引っ越された・・この機会に団地外に引っ越す所帯が 増えるのではと注目していたが・・意外に少ない・・先月末で20数所帯で対象の10%くらい・・ 先日集会で・家の階段(10戸)では引っ越しが多くて2戸になった・・別の人は6戸残っている・・ 正確な情報

  • <館ヶ丘自治会のfacebook>

    <自治会の会報~マンスリー~チラシ他の印刷物・・facebookuの管理>を、敏腕の副会長が、こなしてくれています。  8月29日 22:03 発信 ·  ..★ 「数字は雄弁に語る」団地の高低差は15メールも。 貴重な資料を頂いた ① 団地商店街から3街区1号棟は直線距離で約350㍍だが、高低差で15㍍もある。 ② 館ケ丘クリニックからモクモク広場を通り3街区7号棟前のベンチで一休みする人が多い

  • <地位の濫用>

    小生は長年の経験から、昨年12月18日の説明会で示された時から主張しています。  * <一時使用賃貸借契約への切り替えと覚書の交換>は、転居先住居が確定した時に交換すればよい。  * 1年ごとに自動更新してきた契約を、一時使用契約に切り替えは<居住権放棄>を、促す行為ではないか・・ 無知の住民を相手に丁寧な説明もしないで・契約変更手続きは<優越的地位の濫用>に当たるのではないか・・ 最近<一時使用

  • <高台には引っ越せない>

    小生が4月11日に<犠牲者が出た>で投稿した。  <自治会だより第28号>の1面で<団地での孤独死を防ぐために>・・ 高齢化率50%を超えその内<後期高齢単独所帯>が50%・・ 現在進行中の<団地集約>で、バス停至近でフラットな地形の4街区から多数の住民が、バス停から距離がある高台の地区に引っ越してくる。 やっと歩いている方々が<高台の住戸>に転居したら日々の外出にも支障をきたす・・  バス停に出

  • <海抜何メートル>

     UR館ヶ丘団地は高尾駅南方の小高い丘です.。 西側が町 田街道<拓殖大学)~北側が八王子南バイパス~ 南側が法政大学多摩校舎に接しています。 地形図から高さを拾ってみると・・ ●  高尾駅南口~    172m ●  高尾山口駅~    190 m ●  ケーブル清滝駅~  200m ●  同 高尾山駅~   477m ●  狭間駅~       185m *  <館ヶ丘団地> ●   北館ヶ丘

  • <地盤が良い・・>

     先日知人がURの職員に、引っ越し先候補の3街区の地盤について相談した。  <八王子市>は、地盤が良い(岩盤?)から大丈夫・・との返事だった・・ 数年前から<南バイパス>の工事が続行しています・・ 工事現場を見ていたら<ユンボ>で引っ掛けたらボロボロ崩れてる・何が大丈夫なのか・呆れたとぼやいていた。  素人が考えても・・面積の広い<八王子市>が、1枚岩ではない・・ <館ヶ丘団地>は、大規模な造成工

  • <残置物回収>

    小生が社主の<相武都市開発(株)>は、昭和48年設立・・現在は、休業中ですが、度々金融関係~広告関係~建設~不動産他から電話がある・・  チラシやパンフレット類も送られてくる・・ 最近は<解体工事~廃品回収~引っ越し>が増えている。  館ヶ丘団地でも4街区他で集約問題で交渉が進んでいます。  小生が当初から主張している<不用品他>の整理には予想以上の費用が掛かります。  <ごみ屋敷>は例外ですが引

  • <上司が気になる~集約問題>

    昨年8月中旬から<団地集約問題>で、URの職員と接触しています。  6月12日 <南集会場>で 、自治会主催で、対象者から意見や希望を聴取しました。 その後自治会役員で、対策チームを編成して<意見を集約>・・ 小生は、会うのが初めてで・若手の社員達でしたので今一不安がありましたが、<自治会三役>とは顔なじみというので信頼して協議を始めた。 その後・8月30日に<東日本賃貸住宅本部ストック事業推進本

  • <電報より便利>

    現在交渉中の案件で・何度も催促しても回答がない・・ 昨日も担当者に連絡したら・見当はずれの回答・バカバカしいので責任者(理事長)に直接連絡した。  大きな組織ですので当然本人は出てこない・・担当の方に用件を伝えて至急処理してもらうように頼んだ。  責任者には伝わらない筈なので?ダメ押しで文書でフォローすることにした。  <内容証明書>は・該当しない・・ <電報>にするか文字数が制限されて金額も・・

  • <地盤は大丈夫なのかな・・>

     昨年の熊本大震災以降・・連日・・日本全国が揺れている 首都圏でも近未来に<直下型地震>が予想され心配しています。  小生の居住する館ヶ丘団地は高台に位置するので水害の心配はない。  平成28年6月29日に更新された市役所の情報を見ると *  指定緊急避難場所(広域避難場所)  大地震が発生したときに発生する延焼火災や有毒ガスなどの危険から身を守るための場所です。 大規模公園や大学のキャンパスなど

  • <上司が気になるの・トイレ使用>

    昨年8月30日から<団地集約問題>で、URの職員と接触しています。  若手の社員達でしたので今一不安がありましたが、<自治会三役>とは顔なじみらしく・話が弾んだ。  6月に対象住民との集会で、集めた意見や要望を説明した。  28日に閉店した<スーパーのトイレの使用>の件も同時に要望・なぜか歯切れが悪いのが気になった。  心配になったので9月3日・・UR理事長宛にトイレのを含め<要望書>を提出した。

  • <館ヶ丘団地・マイクロバス計画>

    UR館ヶ丘団地は、高齢者率50%を、はるかに超えその内半数以上が<後期高齢者単身所帯>です。 URと八王子市役所との協定で<高優賃>を導入した時期から急激に高齢化が進み多くの難題が山積しています。  団地自体は中心の商店街が、一番低い場所に位置していて・・各住戸は5m~最大14mくらい高い位置に配置されています。  若年層~健常者は、気がつきませんが・・歩行が困難になっている住民にとっては、補助手

  • <国会でURに陳情>

     団地在住の市会議員ni 努力していただいています。 アオヤギ有希子‏ @aoyagi_yukiko · 7月27日 昨日は、参議院会館に行き、UR館ヶ丘団地の一部の除却の問題で、URから説明を受けました。山添拓参議院議員も同席しました。対象の住民に対し、補償金があまりにも低いこと、引っ越し先が決まる前に来年の末日までの賃貸契約を結ばされている問題の改善を求めました。  公明党政調会長~ 萩生田

  • <避難場所は大丈夫?>

      <昭和33年測量図・1/3000>    <現況図・1/2500> 先週は九州~山陰地方の各地で未曾有のの豪雨で<大小の河川の氾濫~がけ崩れで甚大な被害が発生した・・ TVで見ていても自然の恐ろしさは想像を上回った・・ 最近も鹿児島や北海道でもで大きな地震・・ 北関東でも集中豪雨・・昨今の日本列島は狂っているらしい・・ 首都圏でも近未来に<直下型地震>が予想され心配しています。  小生の居住す

  • <まちづくり>

    書籍名~  場所でつながる/場所とつながる・・移動する時代のクリエイティブなまちづくり 著者~    田所 承己(タドコロヨシキ)さん~  帝京大学文学部社会学科専任講師  発行所~  弘文堂  * アニメ聖地巡礼も大河ドラマ観光も。まちの「テーマ化」が、創造都市をつくる * シャッター商店街、限界集落・・・・・・、人口減少時代にひとが集まり、対流する〈場所〉はいかにして生まれるのか。  * 特産

  • <道路舗装完了>

    団地内の幹線道路の補修工事が終わりました。 バス停留所前は<白色>にペイントされ分かりやすくなったた。  横断歩道~一時停止線も十分距離(間隔)を、取られた。  今まで標識でミニくかかった<制限速度30kmも>鮮やかに・・ 後は車両も人も共に交通ルールを順守して事故を防ぎましょう・・

1 2 3