• <館ケ丘団地まちづくり新聞第2号> <館ケ丘団地まちづくり新聞第2号>

    1月23日にお配りした<館ケ丘まちづくりアンケート>について、<約3割>の方々か らご回答をいただきました。   心よりお礼申し上げます。 今号皆様頂いたアンケート結果の概要をお知らせします。 回答された結果については日常の生活状況やのご意見等を整理し、今後のまちづく り検討にあたっての貴重な情報とさせて頂きます。 <アンケート>は、6項目~60行・・選択式・・ 小生は10分足らずで終わった。 通

  • <車上荒らしに注意> <車上荒らしに注意>

    団地には、数多くの駐車場がありますが相変わらず <車上荒らし~悪戯>が横行 しています・ <警察~UR>でも注意を呼びかけていますが、夜間のパトロールが少ないので 時々被害が出ているようです。 以前は <タイヤに傷をつけパンク> <ボデイーにペイント~傷つけ> <ミラーの 破損>等の外部からの悪戯が多かった・・ 最近は車両に侵入し <オーディオ機器や備品の取り外し>等が多いそうだ・・ 最大のトラブ

  • <資源ごみは持ち去り禁止です>  <資源ごみは持ち去り禁止です>

    数年前までは<資源ごみ>には、身向きをする人も少なく・・ボックス付近は年中ゴ ミが溢れていました・・ 昨今は <資源ごみ等>の分別が進み 八王子市でも <新聞~アルミ缶~ダンボー ル・・>の<無断持ち去り>が、問題になっています。 朝方5時頃になると・・常連組(2組?)が、競争して持ち去ります・・ 時々看視車両に出くわすと一目散・・暫くすると戻ってくる鼬ごっこ・・ 今朝所要で出かけるので、集積所の

  • <館が丘団地~空き家募集中>  <館が丘団地~空き家募集中>

    キャッチフレーズは <その丘の上には<笑顔とやすらぎに輝く街がありました> 空を散歩していたら、緑豊かな丘の上に、人々が元気に暮らす大きな街が見えました。      そこにひろがる空に近い街は、ビッグコミニュテイ<たてがおか> 高尾駅からバスで10分ほどのところにあるこの街は、子育てライフはもちろんシニ アライフにも暮らしやすさがいっぱいです。 URでは<空き家対策~耐震補強>で、数年前から駅近の

  • <館ヶ丘団地まちづくり新聞発行>  <館ヶ丘団地まちづくり新聞発行>

    URでは人口減少に伴い郊外の大型団地の <縮小~再生>が始まっています。 <多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まい・まちづくり>と、題して<団地新聞>が発行された。 <館ヶ丘団地の主な課題>   高齢化の進行~ 若い世帯等の減少~ 人口減少社会への対応 <今後の取組みの方向性> 1・  地域における医療福祉施設等の充実の推進 2・  多様な世代に対応した居住環境の整備推進 3・  若者世帯~

  • <車止めが泣いています> <車止めが泣いています>

    団地の敷地内に進入する箇所に<鍵付きの車止め>があります。 従来は <管理事務所>から <鍵>を借りてきて出入りしていました。 いつの間にか手続きが面倒とばかり・・<看護サービス業~宅配業者~個人等> で、合鍵をコピーして所有・自由に出入りする人が増えました。 小生は鍵の所有は黙認していますが??、使用方法では問題だと感じています。。 <車止め>を、解除して<進入~退出>の時は、正規の状態に戻すの

  • <団地内の標識がわかりやすくなりました> <団地内の標識がわかりやすくなりました>

    大規模修繕工事も終わり、<案内板や照明類>の新増設が行われています。 同じような建物が並んでいて、訪問客が間違ったり~とまどったりが無くな りそうです。 空住戸が多い郊外の団地なのでURも、かなり力を入れて改修~改善をしてい ます。

  • <団地内のアスレチック道路&カルチャー道路>  <団地内のアスレチック道路&カルチャー道路>

    団地の我が家付近のブロック~大規模修繕が終わり、LEDの照明も各所に使 用し大層綺麗に~明るく便利になりました。 沢山の <空室解消>に多くの予算(設備の変更等)をかけたようです。 時々引っ越しがありますが <古い住戸からの団地内移動>もみられます。 最近はエレベータ無しの5階建て住宅では<4~5階の空室>が、なかなか 埋まらないようです。 <歩行者専用道路>も、写真のように洒落た名称をつけました

  • <自転車・バイクを処分します> <自転車・バイクを処分します>

    URでは2~3年毎に放置された自転車・バイクを整理しています。 団地の数か所に集められ総数200台くらい・・ 多くの幼児や子供の自転車が目につく・・成長に伴い不要になるようだ。 引越の際中古の自転車を放置する人もいるようだ。 新車も1万円未満で購入できる車種もあるので<修理・改良>する人も少ないようだ。 修理した中古自転車を途上国に無償で贈る報道を見かけます。・・ 年中<廃品回収の業者>が、<不要

  • <やっと大規模修繕工事終わりました> <やっと大規模修繕工事終わりました>

    5月初旬より開始した修繕工事がやっと終わりました。 6月中旬より2ケ月~一番暑い時期にシートで覆われその影響で太陽が遮られ参った。 今年は天候不順で一層厳しい日が続きました。 秘かに期待していたプランターの野菜類(トマト・茄子・きゅうり・ゴーヤ)も、   全滅・・結局スーパーで購入する事態になりました。 外壁の補修・塗装~ベランダの防水~居住部分の塗装~郵便受け等の交換・・大変綺麗になりました(年

  • <バス停の待合所はソーラー発電> <バス停の待合所はソーラー発電>

    <18時50分に自動で閉鎖される。ドアに解除方法が記されていた> 館中学校前のバス停の待合所(ソーラーバスシェルター)は、屋根に太陽光発電パネルが、設置されている。 朝5時30分から夜19時まで利用できる。 ドアの開閉は自動~冷暖房完備です。 室内のモニター画面でバスの運行状況が確認できるが、高齢者の利用者は少ない。 理由は、高尾駅まで10分弱ですが着席したい人達がバス停に並んでいる。 折角並んで

  • <犬~猫の飼育は禁止です>  <犬~猫の飼育は禁止です>

    東京都下の当団地は少子高齢化の見本で総戸数2800戸・・現在は20%位の空住戸があります。 <保証人不要・手数料なし>多くの特典で宣伝~常時募集しています。 単身の高齢者所帯~生活保護受給者所帯等で穴埋めしているため、年々<モラルの低下>が、問題になっています。  URの団地では、<賃貸借契約書第17条>で、団地内において、小鳥及び魚類以外の動物を飼育してはならないと記載されている。 10年くらい

  • <幼稚園の解体工事>  <幼稚園の解体工事>

    団地内の幼稚園が3月末で閉園になり解体工事始まっています・・ UR館が丘団地は昭和51年から入居が始まり総戸数2800戸超え・八王子市郊外のマンモス団地です・・ 最盛期は人口も1万人を超、小学校は2校・中学校は1校全学年5クラス・・ 現在は空住戸20%強・人口5000人弱・・商店街もシャッターが多く、事務所や歯科医・接骨院で辛うじて姿をとどめています・・ <少子・高齢化>が、進み<典型的日本の将来

  • <URからのプレゼント・ゴーヤの苗>  <URからのプレゼント・ゴーヤの苗>

      <ゴーヤとなす・・大きく育つかな? 昨日管理事務所の前を通ると<ゴーヤの苗>プレゼント・先着20名の貼り紙・・担当者  に問い合わせると、どうぞお持ち帰り下さい・・ 初回だったので<プランター・栽培用土10k・2.7㎡のネットセット>も合わせていただいてきた・・ ゴーヤ1本では可哀想なので、昼前駅前の花屋で<ミニトマト・きゆうり・なす>の苗各1本づつ購入してきた・・  早速細君が空きのプランタ

  • <外壁塗装工事> <外壁塗装工事>

    先日より中層5階建て8棟の<修繕・塗装>工事が始まった・・ 先行して連日<足場の組立工事を>をしている・・ 最近は2階建ての戸建てでも<丸太の足場>が見られなくなった・・ 組み立て式は何度でも使用でき・・踏板もあるので、転落の心配も無く安心して仕事が、できるようなりました・・ 経験の浅い人(外国人・女性)も参加して手早く作業していました・・ 小生を含め興味ある人(圧倒的に男性)が、感心して眺めてい

  • <UR賃貸住宅再生・再編方針について>

    主催者: 住みよい団地をつくる会・団地自治会・他関係者 議題: 団地再生(集約型)事業の進め方について UR(都市再生機構・元住宅公団)の担当者を招いて説明会があった。 昨年末URより<団地再生・再編方針>が発表されました。  多額の債務に苦しむURが国の指導で <未利用地の売却・空家が多い賃貸住宅の整理・統合・集約化>等の再建計画が出てきました。 私の居住する団地は高尾山麓の緑に囲まれ大変環境は