• そらの体調。

    朝と夕方に、 一緒に30分ほど家の周りをお散歩したり お水を頻繁に変えたり おトイレをまめに綺麗な状態にしてみたり。 色々と人間側が頑張ると 猫の体調もいいみたいです。 少し体重も増えてくれて 何か文句? 要望?もあったりします。 子育てと一緒なんですね。 お水も飲んで 食欲もあるので 輸液は少しお休み中です。 ちょっと一安心です。 でも一緒には寝てくれません。 そこは彼女の私に対してのペナルティ

  • 猫のくすり。

    今回の事があって 色々猫の薬について情報を得ているうちに もう一匹の うに の症状が気になって 薬を購入してみた。 気になっていたのは 食べたものを吐く 吐くからうんちが小さい 栄養不足なのか体重が軽い....。 でも元気。 体重は2キロちょっとしかないと思われ。 せめて2.5は欲しいのではないかと。 3日間、1日3ccのラキサトーンを試してみた。 嘔吐は無くなった気がする。 3日間だけだけど抱き

  • 片想い。

    私を嫌いでもいいです。 点滴させてください。 お薬飲まさせてください。 ずっと一緒にいたいんですよ、そらさん。 日々嫌われていく私であります。ふふっ。

  • そらさん。

    お昼休みに帰って お散歩→輸液→ごはん→薬。 とりあえず これで帰るまでの心配はないかな。 嘔吐しなければ、だけど。 郵便局からの振込があったので、 職場に申告して そらとはいつもより5分ほどゆっくりできた。 早く帰るから。 夕方、またお散歩しようね。 顔を撫でて、じゃあねと声をかけると 「なぁ〜ん」と返事をしてくれた。

  • 言の葉 弐(猫編)。

    なんか不満があるときは ドスの効いた声。 と、 自分の要望が叶ったときと 私との気持ちが通じたときの声のトーンの違いが面白い。 例.... え゛〜 あ・た・しが やるの〜? (いやな仕事を振られた時のどんよりトーン) だーからさぁ.....そーじゃなくてさぁ....(後輩にキレかかっている時の重いトーン) と、 え〜♡ いいんですかぁあ?? (上司からランチを奢ってもらえる時のトーン) そらの声の

  • ダッシュ。

    お昼休み。 家まで往復合計15分。 のこり45分で 気を紛らすためと 輸液の恐怖を忘れさせるため お外でお散歩を5分。 風が強いので早めに家の中へ。 家の中に戻り ごはんを食べさせてから 時間をみて輸液をする。 ソルラクト100cc。 チュール2本  少し時間を置いてセミントラ3cc  無理強いはしないけど やはりそら、迷惑そう。 上記の事をしてまた仕事場へ。 ギリギリ間に合う。 療養食は相変わら

  • 再輸液。

    4/28 やはり体調が悪いのか、 元気がないと思われたので病院へ。 検査をして頂き、100cc×10日分の輸液1リットルを自宅でと。 輸液を3日続けたら、 そらにとって私は 「とても痛い事をする悪い人」という認識に。 心を鬼にして輸液が終わってから思い切り宥めすかす。 療養食は飽きたのか食べない。 ちゅーると仔猫用のウェットのみ。 でも少し体重が戻る。 水分も自分で取れるようになる。 抱っこだけで

  • まだまだ。

    そら、 朝いちで吐く。 空腹時だとダメなのかな。 夕方から食欲あり。 お水もごくごくと飲み、尿量もまずまず... なんだが... 慢性の腎臓病は一生治らないのだよね。 お水を飲む時も ご飯を食べさせる時も 宥めたり 褒めたり。 美味しいねぇ たくさん食べたねぇ.... えらいねぇと、 声をかけながら。 で、思い出した。 子供たちが小さいときの頃って こんなだったなぁ...と。 ラプロスという薬は今

  • 経過観察。

    自宅輸液は無くなった。 血液の検査結果がよかったということだそうで。 1か月間様子見だそう。 cre1.5 bun42  3/27に病気が発覚したときより体重は500g増えた。 「石が出たんでしょうかね」と、先生。 石って出るんだ...。 気が付かなかった。 でもまだもう一個あるはずなんですが。 以前から誰かが入っているとお風呂のお湯を飲みに来るので 入浴剤だの汚れだのが浮いているのを飲むのは体に

  • 猫に敗北したエジプト

    紀元前525年、 ペルシアの王が 難攻不落とされていたエジプトを 攻撃した時のお話で御座います 王はエジプト人の 猫愛 に目をつけ、 猫をたくさん集めて エジプト軍との戦いに挑みました すると、 エジプト兵たちは盾とされた猫様たちが 可哀想すぎて成すすべもなく、 たちまち戦意を喪失し 城を捨てて逃げ あっという間にエジプトは陥落、 ペルシア軍の勝利に終わったそうです ネコは崇拝の対象だったとは云え