• キラキラ語が流行った大正時代

    祝融子に遭う。シュクユウウシと読んで、「火災に遭う」と言う意味だそうな。祝融とは、中国の火の神のことで、炎帝の子孫だ、とのこと。大曲駒村の《東京灰燼記》を読んで、初めて知った。大正時代に書かれた本には、実にキラキラ語が多い。いわゆる、大正ロマン文学用語、というやつである。どうも、この当時は今以上に、「学のある」キラキラ語がはやったらしい。関東大震災を見歩き、ルポルタージュのように書き連ねた本の中で